本文へスキップ

 

丹後半島 伊根の舟屋・天橋立の旅

2009.5.23
 

郷里に近い場所ながら一度も訪ねたことが無かった伊根の舟屋を里帰りの機会に初めて訪れました。まさに伊根の舟屋群は海に浮かぶ町。海と家が一体となった生活が営まれているようなこの町は海上に浮かぶ龍宮城、その美しい景観は見飽きることがありません。念願の伊根の舟屋を訪ねて海上から撮った写真の一部です。帰りには宮津に寄って久方ぶりに回転橋を見てきました。

  
伊根の舟屋には約230軒ほどの舟屋が湾を囲むように並んでいます。丹後の龍宮城とも言われるこの美しい風景はいくつかのテレビ、映画の舞台にもなっています、ここ道の駅舟屋の里公園から見える伊根湾の景色に思わず見とれてしまいます。
伊根湾を見下ろす小高い丘に道の駅があり、車数十台の駐車が出来ます。ここに車を止めて散策することもよいですね。
道の駅は伊根の里公園と一体になっていてレストランやお土産売場、トイレ、観光案内所もあり便利。観光案内所では見所の案内を親切にやってくれました。
公園にある展望台の傍らにある魚の形をしたモニュメントは金属のチタンで作られていて、触ると肩こりが治るとかで地元の人がよく登って来るそうです、何でもふるさと創生基金の1億円の使い道を町で検討して決めたとか。ここは遥か宮津湾まで望める絶景地。
道の駅から眼下に広がる伊根湾が一望できます、ここに立つと思わずあちこちとカメラを向けて撮り捲ることに成ります。
道の駅真下付近の伊根漁港に設置されてある生簀、伊根の漁獲水揚高は京都府下1番だそうでブリなど高級魚も水揚げされるとか。
伊根湾中央の島は青島。この島が伊根の舟屋を守っているという話を聞きました。伊根湾の特徴は三つあって、一つは裏日本にありながら南に向いて開けている地形、二つ目は干満の少ない湾内、そして青島が湾口の真ん中に有って風浪を遮る。この三つが舟屋を海から守ってくれているのです.と。
展望台から右方向「西」の日出地区の舟屋群:手前の張り出している堤防のあたりは七面山物揚場で駐車場があり陸から舟屋を見るビューポイントです。
左側「東」は大浦地区:ここにも舟屋群が並んで見えます。海面に白い漣が見えますが、魚の群れでした。
日出地区の舟屋群:湾内は波一つ無く鏡のような海面に舟屋は浮かんでいるように見えました。
日出地区に向かう連絡船でしょうか、町中の道路は狭く車の通行もやっとの感じがします、船を使った交通は直接家の玄関に着くわけですからいたって便利。
これは海上観光タクシー、湾内30分で案内してくれます、料金は一人1000円。これに乗船し海上から舟屋を見ることにしました。船長さんの見所の説明が大変分りやすく要点を楽しく説明してくれました、観光以外には漁に出る本職の漁師さんです。
物揚場は釣りのポイントのようです、子供達が海上タクシーのわれわれに手を上げて挨拶してくれました、釣りを邪魔してゴメンね。
日出地区の舟屋群:山が海際まで迫って家が押し出されて仕方なく海上に乗り出したように感じられますね、舟屋の前に漁船が係留されてまるで駐車場です、出漁には家の庭先から乗船ですかね。
1階は船揚場、物置、作業場、2階が母屋の様子がよく判ります、ただ海上からの眺めは開放的過ぎて、なんだか他人の家の裏を覗いているといった後ろめたさがあります。
舟屋の家屋は海に面して開口部があり将棋の駒のように屋根が妻入の建物になっているのが特徴、海上から眺めるとどの舟屋も同じに見えます。狭い土地を有効に利用する、海からの潮風の影響を極力少なくするなどの理由でこのような様式になったといわれています。先人の知恵ですね。
まもなく倒壊するかと思うような舟屋ですが実は・・・
この舟屋は現役です、案内の船長さんの話では風通しを良くして船や道具が腐食しないようにわざとこのままで使っているそうです。
舟屋の土台に注意するとここにも知恵があるようで、舟屋を立てるときは一度に2軒以上一緒に作るそうで、船長さんの話ですと土台を個々に作るよりも経済面でも工事施工上も良いとのことです。確かに海面は均一ですから別々に土台を作るなど考えられません。
まるで長屋のようですが良く見るとどの舟屋も個性や特徴が感じられて同じものは無いように感じました。
舟屋の無い家でも海に面したところが庭となっているようです。庭先の船は差し詰め自家用車でしょう。
3軒とも同時に作られたそうです3軒とも倉庫でしょうか。同じような形ですが少しずつ高さ、幅が違っています、これも何か理由があるのでしょう。
舟屋に干した洗濯物などが日々の暮しを感じさせてくれます。開放的というか伊根ではそれが普通なんでしょう、機能的な舟屋の構造が直に感じられました。
伊根湾のほぼ真ん中に有る青島は湾口を塞ぐように浮かんでいます、昔回遊してきた鯨を村人総出で湾内に追い込み捕獲した当時の古い写真を海上タクシーの船長さんが見せてくれました。
島に祀られている蛭子神社は漁師さん達の守り神で今も漁に出る船はここで手を合わせて行くそうです。いわば島は聖地でしょう。
別の海上タクシーと出会いました私達が乗っているタクシーより少し大きく乗客も沢山です。
赤い塔は伊根湾西側の耳鼻地区にある灯台です。このあたりの舟屋は民宿が多いようです。灯台の先は行き止まりです。
湾東側中央部の立石地区の舟屋群:大きな建物は民宿です。1階は舟屋に成っているようです。
母屋に干しているのはイカ、伊根は魚の町、イカ、いわし、ぶり、あじ、さば、などが水揚げされる漁港を抱えて、魚には不自由無し?
舟屋の中では小型船がつるされていました。干潮のとき船底の整備が出来そうですね。
「えびすや」の看板がある家は体験民宿が出来るところで映画の釣りバカ日誌の舞台にもなったところだそうです。
立石地区の舟屋群:海上からの眺めは正面が多く変化がありませんがタクシーが岸辺に近づいてくれました、斜めからの舟屋の構図はこれ1枚のみ。
舟屋に収容できる船の大きさは限られているため漁船が大型化されるに連れて舟屋に収容しないで表に係留が多くなったようです。
子供達が遊んでいます船長さんの話では小さいとき舟屋の中で遊びや泳ぎをおぼえて育ったそうです、子供達は舟屋でいろいろと学ぶのでしょう、小さいときから自然に堪海性が身に付くことでしょう。子供の傍で大人が気をつけている様子が見えます。
海上タクシーが発着する場所は立石地区の郵便局前で、若干広くなって岸壁もあり駐車場もあります。ここから先は民宿が多く灯台から先の亀山地区までいけるようですが道路は狭く行き止まりになっているようです。ここで海上観光は終わりました。
平田地区物揚場岸壁です観光案内所で教えてくれるビューポイント。ここから対岸の日出地区舟屋が良く見えます。。岸壁では釣りをしている人が見えます、水深もかなり深く大型船も着岸できそうです。駐車場もあります。
岸壁から対岸の舟屋群:工事の幕が架かっている家屋は土台が海面より高く船を納める船揚場がありません。伊根の舟屋には船揚場を持たない家も混在しています、このような家も舟屋と言うのでしょうか?家屋が全て海に面しているのは本邦では伊根町だけではないでしょうか。
日出地区舟屋群:鏡のような湾に浮かぶ舟屋群の景色を見ながら湾の三方を山に囲まれた地勢のおかげで舟屋が安全に維持できるという船長さんの話が納得できました。
伊根の舟屋の景色に満足して帰路は同じ道を戻って宮津へ久しぶりに立ち寄りました。
天橋立には8年ぶりに来ましたが松林の景勝は変わっていませんね。
回転橋も昔のまま、橋の回転するのを少し待って見物仕様かと思いましたが橋の袂にある案内板の回転橋の開く時間が1時間後というので諦めて帰路に着きました。
これは8年前に撮った時の回転橋
知恵の文殊堂も変わりは無いようでした。門前の商店を覗く外人観光客が多く見られました。丹後半島は昔から交通の便が悪く日本三景の天橋立もいまいち敬遠されていたようですが、最近は大阪、京都からの高速道路や鉄道路線もかなり整備されて来ましたので観光客の数も増えているのではないでしょうか。国道の高速道路への案内標識を見ながら感じたものです。
丹後半島には伊根の他にも景勝地があり、また浦嶋伝説や、徐福伝説など興味のある神社、旧跡があります、また機会があったら半島めぐりを楽しみたいとおもいます。
伊根編終わり


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN