本文へスキップ

 


 
              2009年  1月
新年明けましておめでとうございます、今年も穏やかな天気のお正月を迎えました、ほぼ毎年川越の中央通商店街や一番街通りの門松飾りを撮影に行ってますが元旦に街へ出かけるのは初めてです、毎年違った創作門松が飾られるのを楽しみにしております。今年もなかなかユニークな創作門松がありました。川越の街の風景などもあわせてご覧ください。今年の3月からはNHKのTVドラマの舞台にもなるようで少しは知名度もアップするのではと思っております。
  
時の鐘は川越を代表するシンボルとして良く使われます、じんさんのホームページのトップにも使っています。ここはいつも見物客で賑わいを見せますが元旦の朝はさすが人の姿もまばらでした。一日に4回朝6時、昼正午、午後3時と6時に鐘の音が聞こえます。
中央通や1番街通の歩道際には木柱が立てられて、正月らしい飾り付けがされています。
西武線本川越駅前ロータリーでは餅つきが行われ観光客に振舞われたりします、今日はオレンジジュースをいただきました
本川越駅から歩いて5分ほどの連雀町にある蓮馨寺の元旦初詣風景、蓮馨寺は天文年間(1532−1533)感誉上人が創建、触ると病気が治る「おびんずる様」の像や小江戸川越七福神の福禄寿神が祭られて、縁日には大変な人出でににぎわうお寺です。
七福神にお参りの参詣客
一番街通りの二階は食事処で一階がみやげ物や食べ物を売る小店の集合家屋の門松
透明なプラ板でオブジェ風に
シートやテント専門店の門松
門松には見えないようなオブジェ門松
美術品、額縁や骨董を扱うフカゼンさんの門松
老舗甘味処右門さん、毎年少しづつ変わっていますが青竹を使って街中で一番大きい飾りです
どっしりとした店構えにぴったりの荻野屋さんの門松
食堂のしゃれた看板がちょっと目に留まりましたので
食堂冨士屋さん
木炭を専門に扱うお店の門松
青竹の代わりに竹炭で飾ってありました
本屋さんの門松飾り 毎年青竹を大胆に使っています。2階は藍染のギャラリー
今年の門松飾りNO1と思います(勝手に決めた)八百屋さんの門松
白菜に菜の花と葉牡丹をアレンジしてありました
今年の3月からNHKTVで川越の町が舞台となるドラマが始まります、おかげで川越の知名度も少し上がると喜んでいます、、門松写真以外に少しばかり街の片隅を紹介しましょう。
以下おまけの画像です
門松撮影の合間にちょっと覗いた横丁は人の気配がありません、静かなお正月です。
足元の歩道には消火栓のマンホール 
一番街通りに面したコーヒー店とは思えない建物、歴史を感じます。上部の壁には田中屋の文字が見えます
川越熊野神社は蓮馨寺二世然誉文応僧正によって紀州熊野から勧請された古い神社、蓮馨寺の真向かいにあります。初詣の参詣客は少ないようでしたが、12月の酉の市にはにぎわいます。
境内には小江戸川越銭洗弁財天が祭られてあり、こちらの方が参詣客が多かったです。
銭洗いの池に鎮座する弁財天 私も少し硬貨を洗い清めました。
帰路のお土産は亀屋の福袋です。1000円ですが中身は1500円以上のお菓子が入っています。ここ亀屋は川越でも有名なお菓子屋さんです。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN