本文へスキップ

 

京都のたび貴船編

2009・5・14
 
鞍馬から電車で一駅戻って貴船口駅に到着、貴船口から貴船神社までは1.5キロあるようですので京都バスに乗り、貴船川渓谷沿いの道をながめながら約4分の旅(片道160円)で貴船に到着。貴船神社、貴船神社奥宮を参詣、貴船川渓谷に設けられている川床で休憩、川床気分を一寸味わった半日の旅です。
  
貴船口駅は小さなホームがあるだけで駅舎らしき建物はありません、小さな食堂と土産物を売る店が一緒になっていて、改札はなし階段を下りるとすぐ道路に出ます。あたりに人影なし。バス停はありますがバスがくるのか心配になりました。
貴船バス停で下車し川沿いの道を登って500メートルほどで貴船川にかかる朱色の橋、鞍馬寺西門が見えました。鞍馬寺から木の根道を歩いてくるとここに出るわけです、歩けなかったのは残念でした。
西門からさらに進むと貴船神社の赤い鳥居が見えてきました。木陰に隠れるような鳥居の先に石段が見えます。また登りかと弱音が出てきます。
石段の両脇に立っている春日燈籠の寄進名には京都からは遠い市や町の名前があり信仰の篤さを感じます。
貴船神社本殿:貴船神社は加茂川の水源の一つ。昔から水の神様として崇められています。祭神は高雷龍神(たかおかみのかみ)。黒と白の馬は雨乞い神事での降雨、止雨の神馬。
水占いの斎庭、水占籤は社務所で売っています。水占いの籤をこの神水に浸すと運勢が浮き出ます。斎庭を眺めていたら蛙が1匹飛び込んで来て吃驚しました。
貴船神社から奥の宮に向かい平坦な川沿いの道を進み暫く行くと相生の杉の場所に出会います。この辺りの樹木はどれも樹齢数百年を超えるような大きな杉林、注連縄の架かっている相生の杉は大木。根元は苔むしています。
相生の杉は御神木
何の変哲も無い場所の風景ですが実は歩いてきてここに来たとき何か突然霊気を感じた気がして、思わず写真を撮ってみました。相生の杉から少し進み奥の宮入り口の鳥居が見えるこの辺りは深閑として鳥の声も聞こえず、なんとなく霊気を感じます。(場所:参道の脇を流れる思い川の上流方向に見える奥の宮の入り口付近)
奥の宮社門:参道の両側の杉並木は陽を遮り薄暗く、伝説を秘めた奥の宮の神秘さを感じさせます。
これも御神木でした、相生の杉より少し時代が進んで大正時代ですので、あまり故事来歴は無いのでしょうが、植物学的には貴重なもの。杉と楓が合体しています。
連理の御神木は樹高がありカメラに全体は収まりません。社のある場所は崩れそうで近寄るのは止めました。
奥の宮本殿:かなり年代を感じる社です、この下には龍穴があり大工が落とした鑿を空中に吹き上げたという伝説が本当に思えるような古社でした。本殿前の舞台殿は修復工事中で白幕が架かっていて見ることが出来ませんでした。
本殿横の謡曲史跡立札.
謡曲鐡輪は曲柄四番目もので季節は九月、貴船の宮に丑の刻参りをする女の呪の情念が鬼と化し頭に乗せた鉄輪が曲題と成っている名曲。まさにこの場所ならではと感じました。
貴船神社にはその他多くの伝説や遺跡がありますが、中でもこの地にある石船遺跡は不思議なもので、昔読んだSF雑誌に宇宙人が運んだとかあったような記憶がありますが、貴船川水系は古代は今より広かったかあるいは海に近かったなど水路として使われたのではないか、水の司として崇められた遠因がそこにあるのではないかと夢想しました。
貴船道は盛夏になれば涼を求めて人通りも多いと思いますが、5月半ばでは人影もまばら。そのおかげで画にもなり貴船川沿いの料理旅館の竹垣が鄙びた風情を一層引き立てています。
当方は景色はともかく川床料理の金額に近寄りがたさを感じるだけでしたが。
古の和泉式部が夫の心変わりに悩んで貴船詣をしたというこの道はさぞや遠かっただろうしどちらかというと恋の道より悲恋の道だったでしょう。式部が旅の途中で蛍の飛んでいる蛍岩で読んだという歌もそのように感じますがね。「物思えば沢の蛍も吾身よりあくがれ出ずる玉かとぞ見る」
この辺りから有名な川床料理旅館が二十数軒もあります。昼時を過ぎていましたので、お店の客引きはあまり見えませんでした、坂道をゆっくり下り竹垣の合間から川床の設けられている清流を眺めながらの散策です。ここはゆっくり歩くとよろしい。
昼間ですが川床の場所によっては照明が必要なほど辺りは薄暗く樹影と提灯の光が作る背景に川床が引き立って見え涼感を感じます。
気になる川床の中を拝見恥ずかしながら初体験。中は簡単な構造です、洪水には一寸耐えられないでしょう。もちろんそんな時には使いませんでしょうけれど。
通常の川床料理は手が出ませんが、休憩に抹茶汁粉。安上がりで川床体験が出来ます。汁粉代金500円プラス川床利用500円の計1000円でOKでした。床の下を流れる清流の柱に当たる水音を聞きながらの休憩は疲れを癒してくれました。
貴船川は小川程度の幅。ほぼ川幅の半分以上に張り出した川床の下を流れる清流。低い堰が涼感を演出していました。
所々に堰がある影響でで流れは緩やかです、川の水量を蓄えて川床が干上がるのを防いでいるようです。
川下から見た川床、
貴船神社近くの料亭ふじや
この店の川床で休憩。
料亭は道側にありますが川床の食事がやはり売りの目玉でしょう。聞くところによると鴨川の川床よりも貴船の川床のほうがかなり高価だとか。盛夏には貴船は予約でいっぱいだそうです。どちらも当方には関係はありませんが(^_^;)
小魚を狙って居るのでしょう、少しも動かず立っている姿は道行く人に「静かにしておくれやす」と言いたげでした。
川床体験もあり深山幽谷の霊気を味わい、楽しんだ半日でした。

  貴船編終わり


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN