本文へスキップ

 

京都の旅 鞍馬編


 
5月14日好天気に恵まれ念願だった、鞍馬山参詣に出掛けました。計画では鞍馬寺の奥の院から牛若丸が修行に通った貴船までの木の根道を歩くつもりでしたが体力不足残念ながら一旦鞍馬に戻って電車で貴船に廻るコースとなりましたが深山の緑とたっぷりの霊気を味わった旅と成りました。
コース>出町柳ー鞍馬ー由岐神社ー九十九折ー金堂ー鞍馬ー電車で貴船へー以下貴船編で御覧ください
  
叡山電鉄鞍馬線終点の鞍馬駅:出町柳から約30分ほどで到着。いかにも鞍馬にきたあ〜という感じの駅舎です。駅舎内には天狗の面やら火祭りに使う松明、その他由来の案内版などありここで事前に知識を仕入れる事が出来ます。
駅のすぐ脇にある天狗の像、駅舎の中にも天狗の面がありますがこれはビッグ。
「お前達良くぞ来たしっかり修行して来い」とばかり睨んでます。
駅を出ると数歩で三叉路の交差点、広場のようになった道の両側に数軒の商店が軒を並べているこじんまりとした町に出ます。左の店は鞍馬では有名な多聞堂。
帰路の貴船側には土産物の店が無いようなので事前に買っておこうと数軒の店を覗いて居ると目の前に鞍馬寺の石碑が見えました、鞍馬寺への参道はここからです。さて買い物を済ませいざ出発。
仁王門は山を背に堂々とした構えの山門、荘厳な気配が伝わってきます。湛慶作の仁王像が祀られてあったそうですが見過ごしてしまいました。ここが結界で、しばし浮世とお別れ。
仁王門過ぎて参道の勾配を感じ始めた頃に由岐神社が見えてきます、その少し手前に魔王の滝という名前に似合わず細い水流の滝がありました。昔はここで水行もあったようですが今は崖が崩れかけていて危険なため禁止になっています。落差約5メートルほどで崖の端に突き出た石樋から1条の水が静かに落ちていました。
魔王の滝を過ぎると由岐神社山門が見えてきます、あでやかさは無く素朴な木造門には年代を感じられ周囲の風景に溶け込んでいます。
桃山時代の建築様式を残す由岐神社は重要文化財に指定されています。鞍馬寺の鎮守社で鞍馬一帯の火の神様。
10月22日には鞍馬の火祭りがここで行われます。
このあたりまでの道は石段が多く、登るのに息切れがしてきます。
由岐神社の石段を登り終わるといよいよ九十九折の土の参道になります、廻りも樹木が鬱蒼として日を遮り陰深く薄暗い参道、日焼け防止にはよろしい道。途中にある義経供養塔です。石段を登るのが億劫で、道から目礼だけですませました。ここが牛若丸が幼少の頃住んでいた東光坊址。
九十九折の参道は比較的平らで歩きやすい土道ですがいくら登っても先が見えないのがつらい道。行きかう人は少なく木漏れ日が影を映す参道。鳥の声を聞きながら若い人に追い越されるままのんびりと歩きます。
鞍馬寺本殿への石段が見えやっと九十九折制覇、途中の由岐神社付近からケーブルカーの道もありましたが頑張って歩きました。しかしやっとこさ登ってきたという状態でした。
本殿前の広場からの景色は周囲一面山ばかりです。牛若丸もこの場所から遥か彼方の山並みを望み、都の母に思いをめぐらしたことでしょう。下に見える屋根は転法輪堂。
鞍馬寺本殿金堂:都の北方を鎮護する寺として平安時代に信仰された寺、近代では牛若丸伝説と火祭りの行事で有名になっています。大きな構えの堂前広場には霊感ポイントがあるようで星印が描かれてある石盤がある所に立って願うと願い事が叶うとか。鞍馬寺は宗教宗派を問わないのでどんな祈り方でもOK.開放的です。
後日京都新聞のホームページ動画には6月20日ここで竹切の行事が行われた様子が出ておりました。
鞍馬は山の精霊天狗が居ると言われて信仰されていますが本殿の両脇に立つのは虎でした、本殿内に祀られている千手観音、毘沙門天、護法魔王尊の三尊尊天をお守りしているかのようです。
光明心殿:護法魔王尊を祀ってある護摩供えの道場。毎月28日にお勤めが行われるそうです。護法魔王尊は大地の霊王であり力強さを示しています。
本殿の周囲には霊宝殿や寺務所、鐘楼など参拝箇所は多いです。さらにここから奥の院魔王殿には木の根道をたどっていけますがここらが体力限界と見て木の根道はあきらめ一旦鞍馬駅にもどることにしました。
下山は麓まで九十九折を下るのは止め、途中のケーブル駅に向かいました。小さな可愛らしいケーブルカーで、運転手がお坊さんなのが可笑しかったです。運賃は100円、1分で到着、これなら行きの行程に利用すれば良かったかなと?(不心得者!!)
ケーブルカー牛若丸号。
なんとも可愛らしい乗り物でした。ケーブルカーとお別れして鞍馬参詣を終わり駅に向かい電車で貴船に向かうことにしました。以下貴船編を御覧ください。
鞍馬編 終わり


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN