本文へスキップ

 

三船祭


 2009年5月17日嵐山車折神社の例大祭三船祭を見学に行きました、あいにくの雨模様の天気でしたが緑影濃く川面に映る嵐山の大堰川に繰り広げられた王朝絵巻のような風景に時のたつのも忘れました。
天候不良のため神社からの御幸行列はなく神儀はバスでのお渡りでしたが雨の中御座船や龍頭船・鷁頭船(ゲキスふね)や献茶船・扇流し船など23艘の小船が浮かび、平安朝さながらの舟遊びが行われました。
舟遊びは午後1時半から始まり約2時間にわたって行われ午後4時に嵐山北船乗り場に御座船が着岸、神儀が頓宮に入御され終わりました。

  
渡月橋 嵐山雨景といった感じの嵐山の景色。大堰川にかかる渡月橋は雨笠が似合います。
大堰川 堰の少し上流の川幅が広くなっているところが舟遊びの場所です。渡月橋からの眺め、祭の船らしいものが見えます。
献茶船 川の右岸には数十隻の小船が着岸しています。この小船は鷁頭船(ゲキスふね)と言い献茶を行う茶道の師匠などが乗船するそうです。鷁とは中国の空想上の水鳥で空も飛べる。。乗船を待って待機中でした。
扇流し船と詞画船 右の船は扇流しの船、乗船者はやはり京都の扇、団扇商工協会の方々とか、左の船は詩画船、車折神社の詩画関係の乗船。
御座船 御座船です、車折神社の神儀が乗船します、水上ではこの御座船を中心に舟遊びが行われます。乗船待機中でした。
今様船に乗船 今様船は日本今様詞舞樂会の船で、雨の中今様の衣装でこれから乗船するところ。
舞楽船 こちらは龍頭船です。京都舞楽会の樂人が乗り。御座船の前で水上での舞楽を献じます。
雨宿り 祭船の出発まで暫く時間があります。雨足が強く祭り見物の外国人も松の木陰で雨宿りしています。
神儀乗船 午後1時半漸く御座船に車折神社の神様(神儀)が乗り込みます、観客と雨笠でさっぱり見えませんでした。その上人間には姿を見せないためか白い幕で四方を囲んでの乗船でした。
御座船上流へ 御座船が上流に向かいます、船頭の竿捌きでゆっくりと進み、赤い船体が湖のような水面に映えて美しい光景です。
扇流し船 扇流しの船と献酒船が続いて上流に向かいます。
指揮船 指揮船で、祭の奉行が乗船。太鼓のほかに拡声器を積んでいるのが分ります。全部で20隻以上が集まりますので会場の管理に使われているようです、岸辺ではあまり聞こえません、それくらい静かな祭です。
献酒船 献酒船には名誉冠の酒樽が載っていました。当然乗船者は酒造元の人達でしょう。
御座船定位置 川の上流北側に位置を示す浮標杭があります、その位置で御座船が停止し他の船は御座船の周りに集まり舟遊びが行われています。岸辺からは遠く、細かいことは分りませんが、おおよその雰囲気が伝ってきます。
舞楽船接近 舞楽船(龍頭船)が御座船に向けて近づいてきました、指揮船が式次第に則って、次に寄せる船を指示しているのかもしれません、龍頭船の船頭さんの竿の力の入れ具合が感じられました。
舞楽演奏 御座船のそばで龍頭船の舞楽が行われて居るようです。御座船の横には常に指揮船が停止していますが、静かとは言え川ですので、流れに流されないよう船頭さんの腕の見せ所です。
舞楽船停船 舞楽の最中も同じところに停止していますが、船頭さんの竿捌き見事でした。
水上の舞楽 舞楽の様子を狙いましたが望遠がなく光学10倍のズームで狙って見ましたが暗く、ビニールの覆いでよく見えません、かすかに舞楽の音が聞こえて来ました。狭い船中での舞楽は特別な形があるのでしょうね。
二頭の龍 献茶船と舞楽船が反航の形になりました舞楽が終わり今度は献茶船が御座船に近づきます。川幅はあまり広くはないので狭い水面での船捌きはさすがです、それぞれの船の船頭さん達は多分保津川くだりのプロではないでしょうか。
御座舟へ横付け寸前 御座船に献茶船が近づきます、「御座船の右舷に横付け用意」と言ったところです。
今様船の中 沖のほうにいた今様船を狙って見ました、なにやら楽しそうな顔が見えます。今様を歌っているのかどうか音は聞こえませんが、皆さんの笑顔が印象的でした。
祭のクライマックス 献茶船も下流へ向きを替え、扇流し船が御座船に近づいています今が、祭の最も風流な遊びの最中のようです、向こう岸からも見物の人影が見えます、祭も終わりに近づきました、雨のなか多くの人が見物していましたが例年は2万人を超す見物客が見えるそうです、今年は雨の為若干少なかったようです。
終わりに 一昨日5月15日は葵祭を見学しましたが、今日のこの三船祭も古都の歴史を感じさせる素晴らしい祭でした。雨をいとわず見に来た甲斐がありました、緑の美しい嵐山と大揖川のしづかな佇まいに初夏の京都の良さを感じた一日でした。まつりの船には一般客用の船もあるようです、機会があったら今度は水上から見物したいものです。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN