本文へスキップ

 

美山町から若狭へ

2009年5月22日
 

京都市内から周山街道162号線を北上、京北の里を抜け美山町かやぶきの里を訪ねました。美山町北のおもしろ農民倶楽部で手作りソーセージを味わい北山杉の山を抜けてさらに若狭へ、小浜から日本海を眺めながら舞鶴へとドライブを楽しんだ一日でした。茅葺の里のたたずまいは童謡の絵本に出てきそうな風景です、美しい日本の源風景に郷愁を誘われました。

  
京都・南丹市美山町へは京都市からそれほど遠くはなく周山街道の北山杉を眺めながらゆっくり走っても2時間30分くらいで美山町中心地につきます。途中の杉林は一見の価値が有ります。美山町安掛の交差点から右に折れて38号線に入り由良川沿いに約5キロ北上すると左に小さな木製の看板が見えます。
以前テレビ番組で紹介が有った美山おもしろ農民倶楽部の手作りハム工房の看板です、実は美山の茅葺の里見物のもう一つの目的はこの手作りハムソーセージを味わうことでした。
こじんまりとした建物でまだ新しい感じです、バスツアーの立寄り場所にもなっているそうです。
内部はすべて木造りで北山杉の香りがします。美山の杉で作った建物で、化学物質を使わないので過敏症の人も安心して入れるようにしているとオーナーの言。冬は薪ストーブ、夏は自然風でクーラーは不要だそうです。
メニューはハム、ソーセージ、ピザ、コーヒーなどで多くはありませんが、材料は全て地元産のこだわりで作った無添加のハム、ソーセージは種類も豊富で美味でした。写真のようにいくつかのソーセージを選んで盛り合わせて出してくれます。5種類のハム、ソ−セージと手作りパンで1皿(2人前)2000円。値段も手ごろでお勧めです。
この手作りハム工房の代表者の外田さん。ハム工房を初めて13年目だそうです、ハムソーセージつくりの難しさや材料へのこだわり、食べ方や貯蔵法、美山での暮らし方など親切丁寧朴訥な話し方で語ってくれました。美山の里観光時のお勧めのお店です。、
ハム工房からさらに北へ1キロほど走るとかやぶきの里に到着。道路横に食事処きたむらが見えます。駐車も可能。道路を挟んで真向かいに茅葺きの里の全景が広がります。
雨のため観光客は少なく数人のグループが傘をさして下ってくるにが見えました。38号線のわき道が里の中心に向かう入口のようです。
絵にかいたような里の風景とはこんな景色を指すのではと思わずカメラを向けてみました。里人の姿一人も見えず、音が消え自分も絵の中に居るような感覚を覚えた風景です。
民族資料館や交流館が有りますが、訪れる人の姿もなくひっそりとした佇まいの中、カメラを手に歩き回るのが気がひけます。
黒い箱小屋は防火用水栓でしょうか。5月16日に一斉放水のイベントが有ったようです。来るのが少し遅かったです残念。
背後の山の北山杉の白い美林が目立ちます。杉の木の手入がされているのが伺えます。
里山のお地蔵さんでしょうか、小さな花が活けられてありました、里の人の生活の証が感じ取れます。
観光案内によると白川郷の合掌造りは「男型」  美山の北山型の 茅葺きは「女型」と有ります、そう言われてみると確かに里全体がやさしい感じがします。
昔の郵便ポストも日本の農村の原風景演出に一役買っていますね。
50戸ほどの茅葺き建屋の美山の里は会津の大内宿とは趣が違い商業的な賑いがほとんどありません。どちらも日本の原風景ですが私はどちらかと言えば此方のほうが好きですね。
美山町では四季を通じ桜祭り、花火大会、鮎祭、楽農祭、雪まつりや体験宿泊などイベントを計画し観光客を誘致、それぞれ活性化に取り組んでいるようです。そのようなイベントの盛んな時期もまた楽しいと思いますが、農閑期に似たようなイベントのない静かなこの時期もじっくりと里山の風景を確かめるのに最適と思います。
今回は5月の緑の里山の清々しい風景を楽しみましたが、冬の雪、春の桜、秋紅葉の景色もさぞ素敵だろうと想像します、出来ればそれぞれの季節に訪ねてみたいものです。
美山町の茅葺きの里を見学の後、いったん38号線を南に戻り安掛から162号線に出て若狭街道小浜に向いました。
162号線を北上し堀越峠のトンネルを抜け福井県に入り最初の道の駅名田庄で休憩。ここから小浜まではあと30キロほど有ります。
道の駅名田庄は20台くらいの車が駐車できます。食事や休憩、土産物などの買物もできる普通の道の駅です。
道の駅区画内のホテル流星館
名田庄は、平安時代の天文暦学の祖で陰陽道の大家だった安倍晴明ゆかりの地域で、古代末期から中世を通じ存在した荘園名「名田の庄」が由来だそうです。復元した門などが有り、ここにも日本の原風景が見えるようです。
名田庄道の駅から小浜に向かう162号線は道も広く安心して走行できました。小浜に入り見慣れた若狭の風景にほっとした気分がしました。
美山編 終わり


































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN