本文へスキップ

 

伊勢崎赤堀しょうぶ園


 
6月24日(木)梅雨の中休みの好天気に誘われて、関東近郊の菖蒲の花を訪ねて見ました。菖蒲の花は時期的には遅いのですが、まだ少しは見られるのではと期待し、伊勢崎市郊外の赤堀菖蒲園に車で出かけてみました。関越道川越ICから〜北関東自動車道伊勢崎ICまでの交通量は平日と有って少なく渋滞なし。約1時間の快適なドライブでした。平成5年に開園した赤堀菖蒲園には約2万4千株以上の主として紫系と白色系の花菖蒲や杜若が植えられすっきりとした感じの花菖蒲園です。菖蒲園の場所は女堀という国指定史跡でその一部を使って作られた花畑は、面積2万3941平米、植栽面積1万1400平米の広大なものです。菖蒲畑のほかには余分な構造物や施設がなく全体に静かな林の中に有る広場の様な園内で心休まるところです。関東の菖蒲の名所としては穴場の一つとしてお勧めの場所と思います。園内の祭イベントは6月中旬の土曜日、日曜日に1回有った様で、訪れた日は祭り最終日、来訪者もほとんどなく、祭広場も2軒の屋台が後かたずけの最中でした。来年は少し時期を早めて再訪したいと思います。
赤堀菖蒲園は群馬県伊勢崎市下触町213番地、波志江沼の北側にあり50号線と17号線の中間に位置しています、北関東自動車道伊勢崎インターから車で約10分ほどの距離。ICを出て17号線を少し北上赤堀菖蒲園の案内看板が有る交差点を右折。菖蒲園南側入り口に石碑が見えます、
園内南端からの眺め。延々と続く菖蒲の花畑には驚きます。南北方向に長細い花畑の植栽面積は一万千四百平米。両側を小高い土手に囲まれた堀状の花畑。南北の距離は500mは有りそうです。両岸の土手にはアジサイ、桜の木が植えられ木陰が多く散策にはうってつけの園内です。
花の種類には主に紫系のあやめや杜若が多く黄色系や赤色系の花は見当たりません、紫と白で統一された感じがして、清々しさを感じます。
品種は江戸系、肥後系、伊勢系の3種類
花畑の両岸の土手にはアジサイも植えられていて、今の時期は両方が見られるようです。桜の樹も多く春には花見も出来そうです。
女堀は昔の利根川から取水した農耕用水路の跡で1108年の浅間山爆発で埋没、その後、藤原系淵名氏によって再開発された史跡。昭和58年に国の保存指定史跡に登録されています。
女堀の由来が詳しく書かれて有りました。女堀は水路としては使われることがなかったそうです。
園内は木陰が多く、散策や休憩には恰好の地形。イベントが無い平日ぷらっと散歩も良いでしょう。
花畑脇の家の庭先にはなぜか石作りの道祖神が有ったり
三猿の石像が有ったり何ともホンワカとした気分になります。
しょうぶ園内にはコンビニなどは見当たりません。街中の騒々しさもなく、商店なども無い静かな雰囲気の園内です。
そんな園内に一軒だけ食事処が有りました、端正な造りでお店の雰囲気も良く、蕎麦、うどんを食べさせてくれるお勧めの食事処です。料金もリーズナブルで個人が自宅で開いているような感じのする素敵な食事処でした。味わった天ぷら付き蕎麦は美味でした。
今日は菖蒲祭の最終日。花の見頃は過ぎていましたが騒々しいイベントもなく、人影もほとんど見られ無い中ゆっくりと花菖蒲の見納めを堪能しました。来年機会が有ればあと一週間早く再訪したいと思いました。
菖蒲園内には比較的若い株も有り、翌年にはさらに立派な花株に成長しているのではと期待しています。
菖蒲園入園料無料、しょうぶ祭開演中臨時有料駐車場は普通車300円ですがなぜか当日は無料でした、ラッキー 。 梅雨の中休みの一日、今日は快晴に恵まれ、心地よい気分で帰宅の途に付きました。6月24日(木)  川越市  じんさん
   









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN