本文へスキップ

 

秋間梅林と福寿草


 
2月25日当日は3月半ばの様な高い気温で関東沿岸は霧が発生し交通機関に影響が出た一日でした。川越地方は薄日の射す暖かい陽気になり、ネットで得た情報によると梅の花が見頃とか。少し遠方でしたが群馬県安中市の秋間梅林と福寿草自生地の松井田町の福寿草を見に行ってきました。秋間梅郷の梅の開花は遅れていて紅梅が少し咲きだした程度で期待外れでしたが,3万5千本以上の梅の木が植えられている秋間梅林公園の規模に感心しました。福寿草自生地は、秋間梅林から少し西北に離れた上増田・新井地区にあり近くを流れる増田川の川辺近くに群生しています。この地方は冬季は降雪の多いところと見え山陰にはところどころ残雪も見られました。民家の庭や畑に福寿草が多く見られる上増田里山の風景を満喫してきました。
秋間梅林東側の無料駐車場です。広場に適当に駐車です。3軒ほどの売店の駐車場で管理されてはいないようでのんびりムードの広場です。
広場わきには3軒ほどお土産屋さんが。大駐車場完備?
店のおばさんは親切、そして商売熱心でした。
観梅コースを少しのぼると大きな石碑がありました、観梅にちなんだ句が刻まれています、有名人の俳句ではなくこの地方の俳句名人の方々の句の様です。
満開には早すぎました、紅梅が3分咲きと言ったところです。
岡の上から見える周りの林は緑一色。紅梅が一層色鮮やかに映えていました。
梅の木は古木老木が多いようです、中には朽ち折れて倒れたままの枝から新しい枝が出ているのも有ります、売店の地元の方の話では、年々人出不足のため手入れが出来ず梅の木が荒れて来たそうです。
梅には種類を示す木札が掛かっているのが有り、かつては手入れもされていたように見えます。寒紅梅の木
白梅も一部咲き始めています。
鹿児島紅 この木はまだ蕾でした。
もともと梅の木は行儀が悪い木ですが、これは本当に伸び放題といった感じです。
鹿児島紅の木
鴬宿梅の事と思います。紅白の花が混じって咲く木です。
鴬宿梅の木 2分咲きの紅白混ざって咲いています
白梅でしょうか、まだ蕾も小さい古木でした。紅白の加賀錦から名付けられたか?
小ぶりの花弁の紅梅がまるで花の壁の様に見えて圧巻です。
岡の上の休憩所人影なく閑散、休憩所も満開が待ち遠しい様子。
錦松梅と言う高価なフリカケが有ります、デパートで売ってますが、高くて買えません(笑)
よく知られている名前の寒紅梅
5分咲きの寒紅梅
谷を隔てた向こう側も梅林、本格的に咲いたたら見事でしょう、3月中旬が見頃のようです。
まだ蕾も出ていませんが見頃は3月中旬のようです。
観梅コースは山道で加工されていないところが良い感じです、公園全体は相当広いようです。
秋間梅林の観桜を終えて、木馬瀬地区の福寿草自生地へ向かいました、秋間地区から122号線を戻り国衙交差点を右折し倉淵(高崎)方面への126号線を30分ほど走ると増田川に掛かる橋に出会います。この橋の手前が福寿草自生地です。
松井田町指定天然記念物の標識が有りました。
増田川に下る坂道の手前に自生地入口が有ります。入口の脇には石作り(スチール製か?)の立派な標識柱が有ります。
福寿草自生地入口の道路わきはまだ残雪が溶けずに残っていました。
1級河川の増田川 上増田地区にダム建設計画が有り現在建設の是非を巡って問題を抱えている川。源流は浅間山系剣が峰山麓辺りか?
水量多く、自然のままの川の形状です、出来れば変えたくないものです。
増田川に沿って土手や台地に福寿草が群生し立ち入りはできませんがすぐ近くまで寄ってみる事が出来ます。
群生地は縄で囲われて管理がされています、町全体で大事にしているように思います。
観察用の道も整備されています。
少しずつ固まって咲いています。派手な花では有りませんが太陽に顔を向けて咲く様子は可愛いものです。
梅の下には福寿草(花言葉幸福)が咲き長かった冬の季節に別れを告げるかのような木馬瀬の春の風景です。









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN