本文へスキップ

 

足利フラワーパークの藤


 
5月の連休明けの6日栃木県足利市のあしかがフラワーパークで開催中の藤まつりを見に出かけました、関東では藤の花が多く見られますが、特にあしかがフラワーパークの藤の花は有名で一度は見たいと思っていました。近年関越自動車道から高崎JCからの北関東自動車道が伊勢崎まで開通していることから、川越からは比較的短時間(直通1時間程度)で行く事が出来るので、これを利用して行きました。ちょうど藤まつり開催期間中の中頃でNETの花だよりでは今が満開の見ごろと有り、混雑を懸念しながら出掛けましたが、園内は思ったより少なめの人出でした。ただし気温が上昇し、汗をかきながらの藤の花鑑賞でした。広大な園内の多くの種類の藤の花以外に、つつじや牡丹、花ミズキなども満開でじっくりと季節の花をを満喫してきました。藤の種類が多いのには驚きました、この日黄色の藤はまだ蕾でしたが、有名な大長藤、樹齢140年の大藤、八重藤、白藤、むらさき藤や薄紅色の藤、濃い紫いろのむらさき藤はどれも大きな造りで、見事なものです。黄色の藤だけは開花が遅く、他の藤が終わるころ咲くそうです、来年は機会が有ったら黄色藤を見に行こうと思います。
あしかがフラワーパークの園内
西口ゲートを入るとすぐ眼に入る大藤の花房に驚嘆
樹齢140年の大長藤 幹根の太さが凄い
園内で一番人気の大長藤
風に揺れる大長藤の花房この日は午後から急に風が強まり外側の枝の花房が揺れる
大長藤の花房はまだ完全には伸びきってはいない様ですがそれでも凄い長さ
つつじの海越しに見える大藤の藤棚は建物の壁の様に見える
大藤と白藤
ツツジの海からの園内の景観 池に橋が掛かっていて対岸に渡るのに便利
この日は気温が高く見物客も日傘を差して
池には水上花壇がありきれいな花が植えられています
うす紅藤の棚 白藤に似ていますがよく見ると薄いピンク色が
うす紅藤の花房
白藤の滝  岩肌を流れ落ちる滝のように見えます
白藤のトンネル 外側の壁
むらさき藤棚 花房が太めで紫色が濃い
むらさき藤のスクリーン 夜間ライトアップされる様ですが夜までは待っておれません残念ながら此処を最後にして帰路に着きました、藤の花はイメージとして清楚、寂しさ、可憐さが有りましたがこのフラワーパークで見た藤はさらに強さ、気高さ、巨大さが加わった気がします。
フラワーパークのMAP パンフレットから転載









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN