本文へスキップ

 

2010年川越市消防出初式


 
平成22年1月10日 川越市消防出初め式が市内の丸広百貨店駐車場で行われました、天候も快晴で朝早くから大勢の見物者が華やかな式典や、放水イベントを見ようと集まっていました。消防団員のはしご乗りの妙技に盛大な拍手と声援が送られました。出初め式は毎年行われていますが数年前に一度写真を撮りに来ましたが今年ははしご乗りは初めてという家内ともども出掛けて見ました。
はしご乗りの形は大別して3種類有るようですが、以下の写真の技の形は推測です。
市内で唯一の百貨店丸広の駐車場に設置したはしご車の先に吊った鈴を放水で割ると出初め式のはじまりです。
来賓や関係者の祝辞や訓示等の諸行事式典が終わるとお待ちかねのはしご乗りの始まりです。
纏を先頭に鳶衆の入場。

纏は重そうです。
木遣甚句を謡いながら続く消防団員の列
高さ約6メートルの梯子が立てられいよいよ演技開始
最初の演技者は新人で1年目の人だそうですが見事な技を見せてくれました。
頂上技の枕邯鄲
膝八艘
爪掛一本八艘
頂上技 技名不明ですが肩で支えているだけです。
わっぱ技の横大の字
返り技の肝つぶし
頂上技で二本背亀
これは見事でした、平衡感覚が凄い。

大技をやる演技者はやはり若い人です。さすが鍛えた体の持ち主ばかりでした。それぞれの演技に観客は盛大な拍手を送っていました。
梯子乗りの後は各消防車の一斉放水です。青空高く放水が上がると飛沫が観客に掛かり悲鳴と歓声が。
式典の最後は消防車両の観閲行進です観閲席のまえで「かしら〜右」

今年の出初め式は無事に終了、消防関係の皆さん御苦労さまでした。









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN