本文へスキップ

 

藤本さんの伊勢志摩観光便り


 
桜散り新緑の季節を迎えた下北半島は冬の厳しい生活を乗り越えて少しほっと一息ついたと言うところでしょうかね。
むつ市大湊の藤本さんが2010年5月中旬、残雪の釜臥山を後に近畿方面へ家族旅行され、久方ぶりの旅便りを送って頂きました、じんさんも過去に幾度かお伊勢参りをしましたが、かなり昔の事とて記憶も薄れていましたが、お便りのお蔭で古い記憶を新たに思い出させて貰いました。
   じんさん
 
ここ三日ほどやっと本来の五月晴れになりました。
寒さで長保ちしていた桜がやっと散り若葉が芽吹いてきたところです。 先般11〜14日、S26年中学修学旅行以来59年振りに弟二人夫婦との6人連れで伊勢神宮、二見が浦を観光してきました。12日伊勢神宮周辺(外宮、内宮、おはらい町おかげ横丁)、13日二見が浦、伊勢志摩スカイライン、鳥羽水族館を観光したのですが、両日とも寒い北風が吹き荒れ、残念ながらあまりいい観光ではありませんでした。
連休後の閑散期を狙ったので、二見が浦のホテル清海(2泊)、志摩の鯨望荘(1泊)とも宿泊客は僅少で、塩水系の温泉は貸切みたいで最高でした。   大湊:藤本 智
内宮は、平日にも拘らず意外の人出、よく見たら大陸や半島の隣国からの来訪者でした。

内宮神楽神殿:萌える新緑が実にきれいでした
二見が浦は晴天なるも、北からの風波にモロに襲われ、波しぶきや砂混じりの風を避けながらほうほうの態でなんとか観てきたといったところでした。

夫婦岩:こんなに小さかったのかな?
内宮傍のおはらい町おかげ横丁は修学旅行生徒などで大層な人出でまるでお祭のような賑わいを見せていました。
町並みがすっきりして爽やかだと思ったら電線、電柱が全く見当たらずほんとに快適な景観でした。

おかげ横丁:この後どんどん人出が増えてきました
朝熊山展望台:帽子を手で押さえ、足を踏ん張って懸命の撮影


伊勢志摩スカイライン朝熊山展望台は、伊勢、志摩海岸一帯の素晴らしい風景が眼下に展開しゆっくり堪能したかったのですが、ここも強風と寒さのため、あたふたと写真を撮るのがやっとで、早々に車中に逃げ込む有様でしたが、途中展望所のツツジが丁度満開で目を癒してくれました。
スカイラインのツツジ:ここだけは風が弱く唯一楽しめた場所
鳥羽水族館:入口の檻の中の美鳥に思わず目を奪われました


鳥羽水族館は、とてつもなく大きく、立派な施設で多種、多様にわたる生物の生態が手に取る様に眺められ、ここでは強風に悩まされることなく童心に還ってたっぷり楽しんできました。
 小中学生の団体客があちこちに溢れたいへんな人混みでした。
南張海浜公園:南国情緒なビューに思わずパチリ
二見浦温泉ホテル清海:部屋(2階)の窓下は海岸で、左方端には二見が浦の夫婦岩が見え眺めは最高でしたが就寝後潮騒が睡眠の邪魔でした
浜島温泉郷シーサイドホテル鯨望荘:建築後年数を経ておりサッシの隙間  からか寒風が忍び込み寒い部屋でした










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN