本文へスキップ

 

古尾谷八幡神社ほろ祭


 
9月の飛び石連休の初日19日秋冷の秋日和とは逆に夏に逆戻りの高温多湿、の一日でした。
川越市内の秋祭りの中で、古くから伝えられている、古尾谷八幡神社のほろ祭りを見たいと思いつつもいまだに一度も機会がなかった祭りを今回初めて見に行ってきました。

ほろ祭りは江戸時代から伝わる祭りで同地域の男の子(小学生〜中学生)が色鮮やかなホロを背負って練り歩く、県指定無形民俗行事です。また 古尾谷八幡神社は450年の歴史を持つ旧社殿と江戸時代中期に建立された権現造りの現社殿はかっての古尾谷庄十三ケ村の総鎮守でいずれも県指定文化財です。旧社殿は天正5年に作られた川越では現存する最古の建物です。祭りは午後2時から4時過ぎまで行われ獅子踊りから始まり、ほろ籠行列の華やかな道行で終わります。
祭り進行に合わせていくつか写真に収めてきましたので祭りの様子をご覧ください。
古尾谷八幡神社は川越市の東側に位置する南古谷地区に有ります。南古谷は国道16号線と256号線の東側入間川とに囲まれた三角形の、広々とした水田が広がる農業地域です。この地域には当神社の外に南田島の足踊りで著名な南田島氷川神社や室町時代中期に建立されたと云われる蓮光寺などの古刹が有り古い祭りや行事が残されています。
最寄りの駅はJR川越線の南古谷駅、徒歩ではちょっとしんどい距離です。八幡神社の境内からJR電車の通過が見えます。踏切の信号機の音が聞こえ、長閑を絵に描いたようでした。
八幡神社の巨大な真っ赤な鳥居をくぐると、正面に社殿が姿を現します。祭りを見に来た少女たちが楽しそうに歩いています、この近くの住民の様でした、連休の初日祭り見物は健康的でよろしい。
これは江戸時代中ごろに建てられた権現造の社殿。近づいてみるとその大きさに圧倒されます。幕府や藩の手を借りず、地元の人々の力だけで建てられた神社建築としては、ほかに類を見ない大きさです。建物の詳細は寄画記帖に有ります
現社殿の西隣にひっそりと建つのが、戦国時代に岩付太田氏の家臣が建てた旧社殿。これは四百五十年を経て現存する、市内最古の建物です。
ほろ祭りは午後2時からの開始ですが、すでに社殿では祭り関係者の参拝や儀式が行われていて神官の祝詞や雅楽の音が聞こえます。
社殿前では祭り見物に来た人や地元の参詣者が次々に訪れ参拝していました。
当日の気温30度を超えているなか、式は約半時間ほど続き、式典参加者の皆さんさぞ暑かった事でしょう。
八幡神社では最近現社殿の建立時期を示す棟札が発見されて享保7年建立が判明されています。
神社での式典が終わり境内拡声器が、「2時から獅子踊りが広場で行われます」とのお知らせ。
社殿前の広場には古谷本郷上組獅子連の獅子踊り担当の役員皆さんが出演前の準備です。獅子連の皆さんは方々のお祭りにも出演しているようです。
演舞に使用する獅子頭が3基有りますがいずれも塗りものの高級な獅子頭で見事な造です。特に黒獅子の角が立派でした。
獅子舞を指揮する天狗役、頭にはピンクの華やかな花笠をかぶり手には天狗の団扇と紅白の指揮棒を持って出演待ち。
年齢も若い人の様でなかなか恰好が宜しいです。
祭りの動作が激しいですから若い人でないと務まらないでしょうか。
獅子舞に参加の役2人、頭に飾台をかぶっています。この役は動きはあまり有りません。祭り演舞中は柱の様に立ったままです、これも苦しい事でしょう。
獅子舞が2人、天狗1人、飾台2人の6人で全部が揃いました。いよいよ獅子舞開始の様です。
境内広場の真ん中に丸い円が描かれていて、その円を中心に獅子舞が始まりました。
獅子舞には付き物の笛や鐘。古谷本郷の獅子舞連の皆さんです。笛や鐘の曲は川越祭でも聞いたことのある曲でした。川越各地のいづれのお祭りも氷川神社の祭祀川越祭につながるものが有るのでしょう。
獅子舞の踊りは約30分ほど演じられましたが、激しい動きで獅子舞や天狗役は大変なようです、特に獅子舞は中腰の姿勢が基本の様でしたから若い人でないと大変だろうと感じます。舞の仕草は相撲を思わせるものや赤獅子、黒獅子の対抗演舞などのシナリオも沢山あって見ごたえが有りました。
ほろ祭りの花笠は3基、同じ大きさの花笠が準備されてあります。竹細工の傘の骨に紙で作られた花飾が付いています、傘は背負い籠に着けられていてこれを背負って道中を練り歩きます。結構子供には重いと思います。
ほろ祭り主役の小学生。小学校高学年くらいの男子です。
衣装が煌びやかでカメラの的。親御さんが付ききりでサポートしていました。りりしい若武者と云ったところです。
子供が傘の中に入って背負うところです、子供は花傘にすっぽりと包まれ外からは花飾の蔭になり良く見えません。
背負い籠をかついで重さを確かめているようです。
間もなく行列出発進行〜頑張っていきましょう。
ほろ祭りの行列が始まりました、先頭は神主???ホントかな?陽気な神主です。
京都の葵祭の様に神主に続いて侍従などの小人数の行列です。行列の役は町内の人たちでしょう、なれた役に表情も柔らかいなあ・・厳粛さがたりないよ〜(^◇^)
天狗大僧正が高下駄でソロリソロリと歩きます。たぶん竹馬に乗っている感じかな。
       
行列お供の女官禰宜姿の少女たち。
少子化の影響で、参加者が不足してそれぞれの役には何人かよその町からお借りしているそうです。
神様のお出まし、神輿が出てきました、いかにも町内のお父さん達で担いでいる様子、大変和やかな雰囲気の御神輿です。
出発まじかとなりました。花傘の間から見えるほろを背負った子供の顔は真剣そのもの、うまく歩いて回れるかなと心配顔です。
行列の女官禰宜役の少女たち、楽しそうです。こんな経験なかなか有りませんねえ。友達を見つけてうれしそう。少し恥ずかしいけど誇らしさもちょっぴり・・かな・
ほらあそこにお母さん居るよ・・
ほろ花傘が進む脇にぴったりくっついて傘の中のの子供の姿を撮影しようと、カメラマンが張り付きます。お蔭で小生はなかなかほろに近づけません。どこのお祭りでもこんなカメラマンは居る・・ほんと邪魔・・いい加減に離れろー。
祭り役員が付き添い子供の様子を心配そうに見つめます、何しろ子供の倍ほどあるほろ傘、重さもかなり有ります、怪我なく上手く回せるか心配。安全第一です。
ほろ花笠が上手く回りました・・・拍手が起こります。此の道中何回も回しながらの演舞、大変ですね、○○人権団体から児童虐待なんて言われそう(笑)

ほろ祭りは子供が主役、大人が花傘をかぶって回ったらこれはチンドン屋です(笑)・祭りにはならない。
これで良いのです、頑張れと応援しましょ。
女官禰宜たちも花笠の舞に見惚れて。上手く回ると笑顔を見せて。
この祭りは厳粛な中にも和やかなアットホーム的で南古谷町の郷土愛が感じられる親しみのある祭りと感じました。
行列の最後尾には川越祭にも参加する千手会の居囃子が車付置屋台の上から祭りの最後を締めていきます。
川越祭で聞きなれたひょっとこの居囃子が懐かしく聞こえます、そういえば川越祭は10月中旬(16日17日)もうすぐです。
今回初めてほろ祭りを見る事が出来ました。子供の成長、元服を祝っての神事だそうで大きなそして重いほろ籠を背負って練り歩く、どちらかと言えば子どもにとって過酷な祭りですが、子供の力を伸ばすと言った教えのこもった祭りである様に感じます、ほろを背負って長い道を練り歩いた子供は成人の後この経験を誇りに思う事と思います。此の祭神事が末永く続く事を祈りつつ八幡神社を後にしました。
  じんさん記  9月19日









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN