本文へスキップ

 


 

今年も川越蔵の街の正月松飾りの様子を見てきました、今年は例年に比べ豪華で見事なものが多いように感じました、昨年のNHKテレビつばさの影響もあってか翼をモチーフに取り入れた作品が目立ちました・各商店は毎年違った形の松飾りを出しています。各店の意気込みやセンスの良さが伺われて毎年楽しみにしています。今年は大晦日の31日に撮影しましたので人通りはすくなく撮影には好都合でした。


亀屋菓子店の飾りは亀さん
早くも朝ドラマのウエルカメを意識したか?亀に似合わず早いはやい
蔵通り商店街の松飾りは毎年竹を基本材としてそれぞれお店の特徴を表しています。毎年変わりますので前年と比べるとその年の特徴が現れるようです。
呉服店かんだ の飾りは着物
遠くから見ると着物に見えましたが近くで見るとこれも細い竹を編んで作ってあります。
菓子屋栄泉亀屋 いも菓子の形
川越は芋で有名
イシイの甘栗川越店 は栗が美味しい事で評判の店
栗の正月飾り
散髪屋さんの銀巴里
銀色の鋏の形 右側は金色の鋏です。毎年鋏の形や大きさを変化させています、さすが理容師









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN