本文へスキップ

 

信濃路散歩(松本城と安曇野)


 
桜の季節は終わり、若葉の美しい季節を迎えたところで、5月の連休前の閑散時期を狙って近辺の観光地を訪れてみようと1泊のドライブ旅行を計画。距離的にもほどほどの信濃路、昔訪れた松本城のその後の様子や信州の蕎麦も味わってみたいと4月27日あいにくの怪しい空模様の中、午前9時半出発、一路関越道、経由長野自動車道松本ICに向かう。途中藤岡JCから上信越道に入り軽井沢までは曇り空、道路も渋滞なしの快適なドライブも佐久辺りから本格的に降り出し、松本まで雨中のドライブとなる。翌日の帰路は午後から好天となり中央道経由で帰宅まずまずのドライブ散歩を楽しんできました。信濃路散歩の寸景をまとめてみましたのでご覧あれ。 じんさん
雨止まずの午前中まずは天候回復を期待して時間調整を兼ねて松本市美術館へ。
美術館では松本市出身の型絵染の三世澤本寿氏生誕101年展が開催中。   
型絵染は初めて見る染色工芸であり興味津々、時間もたっぷりかけて見て回る。
展示品は初期から晩年までの250点を超える型絵染の屏風や暖簾、飾布が並びそれぞれの作品のデザインが時代を越えて斬新なのに驚嘆しました。       
松本市美術館は市内の南東に位置し松本駅からはあがたの森通りを東に進みNHKの建物が目印。正面玄関は全面ガラス窓の素敵な建物。
玄関脇のモニュメントが可愛らしい。 チューリップが踊っている。
美術館の見学を終えると天候は一変して好天気、松本城大手門脇の市営駐車場に駐車。徒歩で松本城に向かう、5分ほどで大手門正面入り口に着く、平日のせいか見物者の姿も少ないが公園内には、所々咲き残った桜がみられ園内のベンチに座って休んでいる人が見かけられました
明治の大改修後の昭和11年、国宝に指定され別名深志城と呼ばれている。
文禄(1593〜1594)時代に建てられた五重六階の天守閣大手門入口から入った場所からの景観どっしりとした構えの名城です
松本城は戦国末期、鉄砲戦を想定した戦うための漆黒の天守の典型として、現存する唯一の城。
窓が少なく石落としや狭間が多く作られて防衛上の工夫がされている。黒色の城郭が特徴で烏(カラス)城と呼ばれているとおり黒い城のイメージそのままです。屋根の稜線が組み合って美しい天主閣です。
松山城は大天守・渡櫓・乾小天守で構成される連結式天守と辰巳附櫓・月見櫓による複合式天守とが組み合わさった連結複合式天守。 左側は辰巳附櫓、正面大天守、右に乾小天守
埋橋からの景観はバスツアー観光集合写真でよく利用される。左側辰巳附櫓と大天守
内堀には春の日差しをあびて白鳥がのんびりと遊弋
松本城見物後大手門近くの蕎麦屋で手打ち十割蕎麦を堪能、帰路に着く前に以前訪れた安曇野再見に向かう。安曇野市郊外の掘金で中央アルプスの雪山を見て興奮。田圃路に車を止めてカメラを向け前回おとずれたときのリベンジとばかりシャッターを押しまくる。
中央は常念岳、右は横通岳を望む安曇野郷風景
常念岳2857M
常念岳右は横通岳2767M
大天井岳2922M
右常念岳 中央の白雲の辺りに槍ケ岳が見えそう・・・残念至極
安曇野の青空に泳ぐ鯉幟
安曇野を後に中央道を帰投、途中諏訪湖インタで休憩、木落とし神儀のあった辺りは何処?諏訪湖は鎮まり返り御霊は静かに収まったような湖面でした。
中央道は連休前で渋滞もなく快適なドライブ、正面や右に富士山が所々姿を見せてくれました。往復480キロの散歩ドライブも事故なく快適な旅でした。









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN