本文へスキップ

 

むつ市ねぶた祭り2010


 
例年にない猛暑の2010年。むつ市の夏を彩るねぶた祭がやってきました、今年も大湊の藤本氏から勇壮なねぶた祭の画像が届きました、例年にない猛暑の中、滝の様な汗を流しての撮影は大変だったようです。藤本氏の奮闘の様子とそれぞれ特色のあるむつ市各町内のねぶたをご覧になってください。
ねぶた祭が終わると大湊はしづかな晩夏を迎えそぞろ秋風が感じられる良い季節となるでしょう、大湊の皆さんの御健勝を祈りつつ。じんさん
猛暑が続いていますが熱中症対策万全に逞しくお過ごしのことと拝察します。
当地の夏祭り「大湊ネブタ」も終り早や一週間、ぐっと秋めいてくるのが本来の姿ですが、今年はまだまだ夏日が続きそうな気配です。
 幸い祭りの三日間は好天に恵まれ、連日炎天下で汗だくの運行でしたが、戦中派たる忍耐の気迫を堅持してなんとか無事終了しホッとしている昨今です。
 大湊ネブタの製作技術は、全く素人作りの当町内会を除きこのところ年々向上し出来栄え評定の審査員も今年は大分苦労したようでした。
山田町では、製作専門者が1名いて、昨年の秋から製作を開始し1月には1体出来上がっていたとか・・・。
 大湊ネブタ運行125周年に当たる本年の初日(6日)は、大平岸壁の隣にある大平マリーナを会場に花火大会と競演して出陣式が行なわれました。
1830、一斉に各ネブタが点灯し、1900から花火が下北の空を彩りました。 薄暮(日没1845)に浮かぶ色彩豊かなネブタはなかなか見ごたえがありましたのでご覧になって下さい。
  
                   ねぶたの3日間の有様 

各日とも昼食後小用を済ませて自宅発、ネブタ小屋からのネブタ搬出等準備作業実施後運行開始、以後運行を終了して21時頃ネブタ小屋に帰着するまで8時間余、参加者は皆汗だくで半纏は腰帯まで汗で濡れてぐっしょりの状態、盛んに水分を摂取する状況で、小生の場合は三日間とも運行終了時まで途中一度もトイレ無用という異常さでした。

                      ************
                       下北半島
                            藤本 智
                      ************
                  大平マリーナ会場 会場風景
大湊ネブタ運行125周年に当たる本年の初日(6日)は、大平岸壁の隣にある大平マリーナを会場に花火大会と競演して出陣式が行なわれました。
 会場風景 ドームは大平マリーナ
 会場風景 沖合い停泊中の護衛艦3隻が三日間イルミネーションして祝ってくれました。 
04 大平マリーナ前路上に勢揃いの各ネブタ
05 審査成績1位の桜木町
06 2位 大湊上町(製作賞も受賞)
07 3位 大湊新町
08 4位 宇田町
09 5位 山田町
10 6位 旭町
11 7位 城ケ沢
12 8位 川守町
13 9位 大平町
14 10位 大湊浜町
15 審査外 海上自衛隊
16 審査外 市役所
17 ネブタと釜臥山









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN