本文へスキップ

 

江の島鎌倉参詣日誌


 永らく訪ねることの無かった湘南地方ですが、数十年ぶりに夫婦で鎌倉、江の島へ、日帰り初詣のバスツアーに出掛けてみました。往路は関越道から新しく出来た首都高速の長い地下トンネルに驚嘆しながら、箱根駅伝でお馴染みの西湘バイパスの松並木の成長ぶりに驚きながら、江の島へ。帰路は横横道路、湾岸道路の景色にオノボリサンさながら東京見物を愉しみながらの旅でした。
江の島では木造の橋だった時代を思い出し郷愁に浸りつつすっかり奇麗になった景色に感心、鎌倉八幡宮では根性銀杏の変わった姿に一礼、横須賀時代を思い出しながらの夫婦旅となりました。
   じんさん記

 江の島のシンボル 江の島展望灯台、今は灯台の役目はないそうです、展望台は有料のサムエル・コッキング苑の中にあり、高さ約60メートルの展望台からは富士山や大島、三浦半島が一望なんですが、バスツアーの集合時間の関係で展望台は諦めました。
 
 八坂神社、中津宮神社入り口、此処から本宮までは昔も今も急石段の上り坂、やむを得ず時間も気になってエスカレーターに乗りました。(随分昔に一度のった覚えが有ります)
 
 エスカレータは広くて奇麗です。熱海のモア美術館のエスカレータを思い出します。ただ外の景色が見えないのが残念。
 
 エスカレータ3回乗り換えて中津の宮着。江島神社の神前です。輪くぐりは天橋立の知恵の輪を思い出します。
 
 弁天様が鎮座する江島神社は過去に1回観たような記憶が有りますが、撮影禁止ですので今回は表の看板で済ませました。
 
 頂上からの帰路は石段を下りながらの対岸の景色が望める北側通路、途中で見えるヨットハーバーが見えるところは撮影スポット。さすがこの時期は沖に出ているヨットは見えず港内停泊のヨットの帆柱が奇麗に並んでいたのが印象的。
 
 江の島自体がしゃもじの形に確かに似ています。神社正面脇の入り口に建てられているなかなか面白い案内図です。
 
 かっては木造橋梁で、人間だけが通行出来た橋も今はご覧の通り車専用道も有り便利になったものだと独り言をつぶやきながら記念に橋を写してみました。島の中の駐車場からツアーバスに乗って出発、車窓から見える稲村ケ崎の海岸風景を眺め横須賀在住時代を思い出しながら鎌倉へ。
 
バスは材木座海岸から若宮大路を八幡様に向い二の鳥居を左折。神社北側の狭い駐車場にバスは神技の様なハンドル捌きで駐車。駐車場から徒歩3分、流鏑馬馬場を通り鎌倉八幡宮前に到着。
大石段脇の大銀杏は無くなりましたが、鎌倉八幡宮のどっしりとした構えは威厳が有りさすが鎌倉随一の威容。 61段の大石段を夫婦ともども喘ぎながら登りました。
 
 平成22年3月の強風で倒れた樹齢800年と云われた大銀杏。根元から4メートルの切株は少し離れたところに植えられてます。切り株からは芽吹き枝がしっかりと伸びてました。
 
こちら は切り取られた根元の部分から新芽を出している根性銀杏
銀杏の生命力の強さに驚きます。いにしえの頼朝も公暁もさぞ驚いている事でしょうよ。
 
 新しく修復された舞殿が輝いて見えます、観光客の中には此処が本殿と思い参拝する人がおりますと、ツアーバスのガイド嬢の話です。
 
 本殿も近年の改修修復工事が為されたそうです、普段こんな中まで写真を撮ることは有りませんが美麗な内部の屋根の一部です。
 
 1月も12日ですが、参詣者が続々と詰めかけています、中には正月飾りの松飾りなどを持ったお札返納の参詣者も見えました。参詣者の行列を見ると神宮や皇居に参拝するかのような厳かな気配が感じられます。鎌倉八幡宮は聖地なんでしょう今はやりのパワースポットも有るとか。参拝後小町通りの散策を楽しみ、今年の初詣として思い切って来て良かったと話しながら、帰路のバスへと向いました。バスツアーの自由時間の少ない事がちょっぴり残念でしたね。
 
 
 








JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN