本文へスキップ

 

新春 青森近郊見聞紀行

     むつ市大湊    藤本 智
三日続きの春の好天に恵まれた23日、閉じ込められた冬篭りから解放されるべく今年初の青森ツアーに行ってきました。
日没後の運転は嫌なので0815出発、1630帰宅の行程、途中休憩がてら道の駅二箇所に寄るため往復所要時間5時間、青森では3時間余と慌ただしい行動になりましたが、新幹線開通に合わせ新青森駅内に開店した「あおもり旬味館」と青森市文化交流施設ねぶたの家「ワ・ラッセ」を見分してきました。
新青森駅は青森市中心街から車で30分も掛かり、周囲はまだ深い積雪に囲まれ駅駐車場への進入道路がよく分からず苦労しました。
「旬味館」は青森県ならではの食ゃ土産・特産物の店が集まり平日にも拘らず地元客などでなかなかの賑わいでした。12時半に着いたので入館したら直ぐ目に付いた手塚兄の郷里の店「黒石や」に入り黒石郷土料理「つゆ焼きそば」を初賞味してきましたが、なかなかの美味で外見構わず
一滴のつゆも残さず平らげてきました。ヽ(^。^)ノ
今日はここでの写真や資料を添付します。

1 大繁盛の「黒石や」
2 「つゆ焼きそば」独特のつゆ味が今も口中に残っています 
3 さりげなく飾られた黒石こけし
4〜9 館内状況
 
 
 
 
 
 
 









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN