本文へスキップ

 

群馬県川場村の秋


 11月2日 秋晴れの好天気に誘われて、上州方面の秋を訪ねました、群馬県川場村に有る川場村田園プラザが先日テレビで報道され日帰りドライブに最適な場所と思い出掛けて見ました。
関越道沼田ICから5キロほどの所に有る田園プラザ道の駅は各種の店舗や公園、池、特産物販売所、など道の駅と公園を合わせたようなレジャースポットでした、近くに有る寺の紅葉が見ものと言うことでそちらにも回って見ましたが臨済宗の禅寺で花の寺と言われる吉寺もまた素敵なところでした。

関越道の途中赤城高原SAで小休止、赤城山が一望できる広場からの眺め
武尊山系の一望
此処からの眺めは
まさに秋ど真ん中を感じます
SAの休憩広場に1本だけ有った、紅葉の樹が印象に残りました
赤城高原SAから約30分で川場村到着。

川場村田園プラザの入り口 なかなかスマートな看板です

園内には道の駅のほか物産館、ファーマーズマーケット、パン工房をはじめ全部で5つの工房、食事処、教室などがあり隣接している清流公園など家族で一日愉しめる施設です。
園内に有るブルーベリー公園の紅葉。ブルーベリーの樹がこんなに紅葉するのは知りませんでした、
園内のブルーベリー公園からの川場村の全景
園内の道の駅のガソリンスタンド
周りの風景に合わせた造りでいかにも田園プラザのガススタンドらしいです。
奇麗に手入れされているブル-ベリーの畑、収穫期を終えてましたが、結実時期に是非来て見たいところです。
ブルーベリー公園の裏山の展望台からの眺め。武尊八岳が望めます。
   田園プラザから吉寺の紅葉を求めて移動
田園プラザから車で5分ほどの所に有る花の寺 吉寺は臨済宗鎌倉建長寺派の禅寺で建長寺派の中でも最も北域に位置する事から建長寺の北の門と言われる名刹
本堂は1675年に再建され108坪の大きなもの。堂内を拝見させて頂きましたが禅寺らしい質素な中にも威厳のある佇まいを見せる寺です。
花の寺としても有名です、四季を通じて色々な花が見られるようで、今は紅葉が見頃。紅葉の向うの釈迦堂は1790年に建立

堂内に祀られている釈迦像は鎌倉期創建の指定文化財
本堂前の聖観音
優しいお顔が銀杏の黄葉に映えて美しいお姿です。
シュウメイギクの花に囲まれた閻魔大王冥界の裁判官の一人
みそなめじじいの石像、
 奪衣婆(だつえば)の石像

吉草に囲まれた奪衣婆
吉草は別名観音草とも言われるおめでたい花
 
1815年の建立の山門青龍山 楼上に青龍山の勅額が有ります。
普通、山門は許可なく登れませんがこの 山門は右手に有る木造りの階段を使って誰でも登る事が出来ます  
臥龍庭


武尊石と白砂で水の流れや雲の流れの中に臥す龍を表している枯山水の庭
奇麗にならされた白砂に銀杏の黄葉が映えます
臥竜庭の名称にふさわしい龍が臥している姿の石 (武尊石)
樹齢300年から350年の姫小松 
群馬県指定特別記念物
川場村のシンボルにもなっているそうです。樹高約25m周囲約8mの巨木
五葉松でこのように大きいのあまり見かけません。
清龍の滝(出逢いの滝)

滝の周辺の紅葉や楓の紅葉が池に映って素晴らしい景色です。

滝は本堂裏側に有り本堂の回廊からながめられる必見の滝、この滝には源頼朝と河波姫とのロマンス伝説が伝えられており出逢いの滝とも言うそうです。
水は武尊山からの支流が集まる溝又川から流れてきている。
花の寺ともいわれ20種類以上の草花が季節ごとに見られる名所のようです、花の季節は過ぎているのですが、大きな樹の白い花を見つけました、寺の方に訪ねるとオオテマリの花と教えてくれました、コテマリは知っていましたがこれは初めてでした。
禅宗の寺にしては微笑ましい石像です、最近造られたようでした。
荘厳な風景の中若干緊張しながらの拝観てしたが、この可愛らしい石像を見て何かほっと緊張が解けた気がしました。
奇麗な境内と静かな環境のお寺でした、また機会があったら別の季節に花を見に来たいと思います。

    おわり
   








JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN