本文へスキップ

 

川越菊祭2011


 

11月7日川越喜多院の菊祭を見に行ってきました、毎年見事な菊作りを拝見しますが今年も見ごたえのある展示でした。
  じんさん


例年11月1日から始まる菊花展に例年のごとく出掛けました。菊花展の場所が喜多院の中とあって神社参詣のついでに菊花展を覗いてみる人が多いです。
神社の前の老木の桜は半分ほど黄葉しまだ青い葉も残っていました。
菊花展を見る前にまずは神社参拝。
学生さんが参拝の方法を案内人に教えもらっていました、学習その1だ。
今年の菊花展看板花のモニュメントは復興祈念の千羽鶴です
毎年の事ですが、丹精込めた盆栽が見られますが、盆栽は育てるのが難しい様ですね、とても私には無理。
これもいつもの通りですがどれも素晴らしい小鉢造りの菊。高さがどれも均一、これも決まりがあるのでしょうか。
懸崖も多く見られます、どれも見ごたえあるものばかりです。
変り菊造りも毎年ですが今年はフェニックス。7度生まれ変わる不死鳥のように日本も変わらなければいけません。
千輪咲きの中でもこの菊は1本の幹から3種の色の花が咲いています。
部門別の優秀作品は特別に展示されています、作者は嬉しい事でしょう・
立ち樹懸崖は普通の懸崖とは又造りかたが違うようです、立ち姿の全体に花が咲くよう光のあて方が大変なんでしょう。
千輪咲の部
3本作りの厚物
3本造りの管物
3本作り5本作りの部
近くを通る子供の背丈よりも大きいです。
幼稚園児が花に見惚れていて可愛らしい。
菊花のように気高く美しく大きく育ってくださいね。
展示菊の前の広場では鉢物や苗を売る小店が客を呼んでます。
昨年我が家も此処で買った鉢植えの菊が今年は庭で咲いています。
今年も無事に菊花展を拝見、、晩秋の川越喜多院菊祭会場を後に帰途につきました。








JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN