本文へスキップ

 

川越祭2011


 2011年川越祭は10月15日、16日と例年通り開催されましたが15日は朝から雨模様、午後からは曇りにかわりましたが行くのを諦め、翌日の好天を期待しました。16日は打って変わった好天気で夏日の様な気温の高い祭日となりました。 
毎年のように祭を見に行ってますが、年々行動範囲が狭まって来ています、今回は中心街のほぼ真ん中だけで止め、夜のイベントも撮影をぜずでしたが、今回は主にデジカメで山車の動きや囃子の演舞の動画をとることをにして約半日の祭を楽しんで来ました。(動画は目下準備中です)

本川越駅前の見物客の様子です、昼過ぎでしたが早くも場所取りで地面に座っている人が沢山駅前を占領していました。
神輿の出番待ちのお父さん、それとも神輿担ぎ役募集中か?
 毎年神輿かつぎは女性が多いのです。
車両通行止めの中央通り、車道も歩道も人で一杯、山車がくるとさらに渋滞して歩けなくなります。
今年から有料観覧席が設置されました、仲町交差点近くで山車の曳っかわせなどが行われるところで、観覧には最高の場所。1席1500円とか。まだこの席にお世話には早いかなとやせ我慢です。
連雀町近くの熊野神社は銭洗い弁天様も祀られています、12月3日の酉の市には大にぎわいの神社、
子供達が喜んで輪投げをしていました、なぜか金運にヒットしましたが、学業運はアウトでした 残念?ラッキー?どっちかな・
熊野神社の新しい観光スポットになった足踏み健康ロード、痛い痛いと悲鳴をあげてます、どこか悪い?
寛永時代、時の川越藩主酒井忠勝が建立後明治26年の大火で焼失翌年再建された時の鐘
一日4回の鐘の音をまじかで聞こうとする人たちでこのあたりは常に人だかりが多く、狭い道も混雑

私は川越住民ながらまだ鐘の音聞いたことは無いのですが。
東日本大災害支援の広場が設置されて東北地方の物産物やグルメの店が賑わっていました。
幸町は蔵造りの建屋が並ぶ観光街のメインストリートのほぼ中心、その中で最も目立つ埼玉りそな銀行の建物の大正時代の和洋折衷型のデザインと対照的な幸町の山車。
りそな銀行前の幸町祭本部前は祭見物の中心部に有り祭見物の一番スポット。2基とも幸町の山車。右は小狐丸、左が翁の山車
山車の下部 轅の部分や台座あたりの意匠や造作も素敵なものです。
幸町の山車同士の囃子の競演です。
囃子の踊りには天狐やオカメ、獅子等種類がありそれぞれ特徴が有って楽しいものです。
祭半纏が良く似合う子供達、姉妹の様でした。
テレビ局の生中継が有るようです、昨年もおなじ箇所に有りましたが今年は台座も作って本格的でした。
放送前の準備のようです
日没が近づくとそれぞれ山車は夜間照明の準備にかかります、係の若い人が、先輩経験者の指示を受けながら作業中です。山車はこの後、提灯や飾りの明かりを付けて、夜の部の祭に参加していきます。
夕暮れも深まった本川越駅前のロータリーは既に夜の山車曳っかわせを見ようと大勢の見物客が待っています。
最終日の祭は8時ごろからほとんどの山車が此処に集まり祭のクライマックスを演じながら夜おそくまで続き、9時頃からようやく祭の余韻を楽しみながら見物客も帰途に就き暗闇の中で祭は終わりを告げます。




JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN