本文へスキップ

 

2011年川越正月風景


 平成23年明けましておめでとう御座居ます。毎年は元旦の混雑をさけ年末の川越市内の正月準備の風景を納めに行くのですが、本年は元旦の天気は晴天気温も温暖の予想でしたので、初めて元旦の街の様子を見に出かけてみました。いつもは観光客で蔵の街は人通りが多いのですがおもったより中心街は人も車も少なめで、写真撮影には好都合でした。そのうえ獅子舞など古くから伝わる正月縁起のイベントをみることもできてラッキーでした。
蔵の街並各商家の恒例の創作門松飾りはことしはどうしたことか期待したものがなくやや残念でした。これも不景気の影響かなと思ってみたりしながら街を歩いてきました、毎年同じよな構図ですがご覧ください。

 
 川越の名所の一つ時の鐘の見える路地は人影もまばらでしたが初詣の帰りにはここを見て帰る人が増えそうです。
 
 いつもは観光客でにぎわう蔵の街もさすが元旦は静かでいかにも小江戸川越の趣です
 
 例年はいろいろ工夫を凝らした創作門松がみられるのですが、今年は割合とシンプルで青竹に小さな飾りや凧をあしらった門松がほとんどでやや期待はずれでした
 
 凧をあしらった門松
 
 
 
 
 
 木工物を商うこのお店はやはり少し違いを見せる門松です、毎年手の込んだ門松を飾ります。
 
 野菜等を商うこのお店は白菜などを使った門松です、2009年にも同じ様なつくりでしたが今年は少し小さいようですね
 
小休止    お菓子横丁から帰る観光客に人力車を勧める横丁の風景
 
 炭を商うお店、毎年竹炭で門松を作っています、基本的な形は変えずに飾りの種類に変化を持たせていてセンスの良さが伺われて素敵です。
 
 毎年大きな竹で作るお菓子屋さんの門松、今年も頑張っていました。
 
 蔵の街にも近代化の変化?というよりジデジに備えて屋根にUHFのアンテナが散見されます、今後増えていくのでしょうが蔵の町には風情を壊す代物
 
 自動販売機にも街の雰囲気を考えているんです。
 
 最近はアジア系外国人の観光客で人気の豆菓子のお店の門松、まめに作ってありました。
 
 漬物屋の河村屋さん。門松の代わりにかざった看板はなかなかのセンス
 
小休止 中央通で懐かしい正月縁起行事の大黒様と獅子舞を発見、昔はお正月に欠かせない風物でしたが今日でも続いているようです。昭和の時代をちょっぴり感じた一コマ
 
 小休止   大正ロマン通りにあるTVで取材された一風変わった食堂。焼きカレーなどB級グルメが名物。食堂に入ると客席へワンチャンが案内してくれるので人気があるようです、食事をすると名物のワンチャンと一緒に写真をとってくれます、カメラを構えているのがこのお店のご主人   
 
 正月縁起行事の大黒様、獅子舞は毎年お正月に回っているそうです。今日は街のあちこちを回って川越駅隣のビルの入り口で公演の情報を知り、公演場所に出かけ待っていました。2時過ぎに一行が到着今から準備の様子。
 
 獅子舞や三番叟の踊り子や囃子の皆さんは川越市松江町の囃子会の会員でボランテアの方々です。
 
 松江町松龍会囃子連の皆さん、川越祭りの時は山車に乗って活躍する方々です。松江町の山車は龍神です。
 
 一人獅子舞の演舞が始まりデパートに来店のお客さんも大勢集まってきました。
 
 獅子舞の演舞は素晴らしいもので川越祭りを思い出しました。
 
 神楽舞の三番叟も見事な舞を見せてくれます。
 
 大黒様も参加、正月らしい風景になりました。川越の元旦と2日は川越七福神の参詣日で市内の周囲に七福神の神社があり全部を徒歩で回れる近距離です。大黒天は喜多院の中にあります。 この大黒様は出張してきたかな?
 
。獅子舞の後にはひょっとこ踊りが披露され集まった観客の声援と拍手をうけていました、なかなかの演舞です。
 
  デパートの入り口には大勢の買い物客等が集まりました。滑稽なひょっとこ踊りは、眠り獅子との共演で観客の笑いを誘っています。
 
獅子頭は大きく重そうです、獅子舞は動きが激しく獅子舞係は大変なようです。威厳のある獅子頭で、悪霊や疫払いには効き目ありそうです。獅子舞は古くはインドから伝承され中国を経て日本に入ってきたといわれています。
 
 獅子頭に頭をかまれるとその年無病息災に過ごせると言う言い伝えがあります、観客の皆さんかわりばんこに頭を出していました。獅子に厄を払ってもらうと大黒様が小槌を振って福を授けてくれます。
 
 お子さんを抱いた若奥さんも子供の息災を願って・・・子供は平気で泣きもせず、今はやりのポケモンのマスコットぐらいにしか感じなかったかもしれません。
 
 中には愛犬のあたまを差し出している人もいてペットブームもここまでかと、少し残念な思いもしました。
 平成23年川越の正月風景でした(終わり)








JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN