本文へスキップ

 

国際バラとガーデニングショウ


 5月連休が明けどうやら道路混雑も緩和されたようで、外出の気分も少しは出てきましたが、相変わらず治まらない余震を考えるとなかなか踏ん切りが付きません。そんな中、近くの西武球場ドームで第13回国際バラとガーデニングショウが開催されているのを知り、5月16日、西武線電車で行ってみました。バラ展やバラ園は小規模なのを観た事はありますがテレビや新聞で報道される様な大きなのは初めてです、国際と冠がつくほどですから大いに期待して出掛けました。
当日はショウ最終日でかつ月曜日でしたので、さほど混雑はありませんでしたが、西武球場のドーム内の会場には主に女性の入場者が多く、最近のバラ愛好のブームを示しているようです。
初めて見るバラやガーデニングの展示作品はどれもみな素晴らしい出来栄えでコンテスト出展者の丹精を込めた作品に圧倒されました。作品に付けられたネーミングもその作品を上手に表現していて大変参考になりました。会場内は膨大な作品の展示で駆け足で回っても2時間は掛かります、全部を紹介できませんが、いくつかの作品をアップしてありますので美しいバラの数々と会場の雰囲気を御覧ください

 国際バラとガーデニングショウは西武球場ドームが会場です、所沢から電車で約10分、西武園駅下車徒歩1分の近場ですが野球に興味のない私はほとんど行くことのないところです。今回が10数年ぶりでした。
 
 広い球場内も出展物や出店でほぼ埋め尽くされています。展示されているバラの作品はコンテストに出されている展示の外、販売用のバラなどで埋め尽くされ広いドーム内も狭く感じます。
 
バラ作品コンテストの種類は4種類でここは、バラ鉢植え部門の展示です 。
バラの名前や種類は初めて見る様なものが多く素晴らしい一語に尽きます。
 
ハイブリットテイローズ系  ジャストジョーイ  
ミニュチユアローズ系   桜貝 
アンテックローズ系 シャリフア アスス  
 
 
アンテックローズ 入賞作品 
 シンデレラ
 
ミニチュアローズ系  リトルアーチスト 
 
場内の蜂も訪問中 
ミニチュア系  高尾台  バラとは思えない作品です。
 
ミニュチア系 優秀賞作品 
 
準優秀賞  まるで盆栽のようです 
 
鉢植え部門 グランプリ賞 
 
 
 
以下鉢植部門出品 
クリーム色 
 白色系
 
 ピンク系
 
 レッド系
 
 混合色系斑入り
 
バラのコンテスト出品展示は、鉢植え部門以外にハンギングバスケットの部門がありこれがまた素晴らしい作品です。 
 
 特別賞  やすらぎ
 
 最優秀賞 パリのアトリエ
 
 
 
 
 
静寂の訪れ 
 
ハンギングバスケット展示壁 
 
 コンテストはバラ部門では切り花、鉢植え、ハンギングバスケット各部門とガーデニング部門に分かれて展示されています。
 モネの庭  片岡鶴太郎氏のモネの庭イメージ画をモデルにされた庭
 
 
 ローズテラス  子供たちに人気のガーデン
 
トトロの森  のイメージガーデン その他国際色豊かな英国風ガーデンや和風の庭、5つの香りの庭などテーマごとにガーデニングの庭がありました。出展者には英国やフランスなどの著名なスペシャリストが名を連ねており、国際の冠の意味が判りました。
 
 ガーデニングマーケットにはお馴染み園芸関連の会社が出店、バラの鉢を購入し抱えながら見て回る人も結構いました。
 
実演販売コーナーでは バスケット造りの実演 これは大変参考になりました
 
お昼時になると球場観覧席で休憩の人達 お弁当などの出店も有りピクニック気分も味わえます。
 
 展示会場を一めぐりして約2時間、まだまだ見残している作品がありましたが、いささか疲れました、帰りの電車の混雑を避けて早めに帰途に就きました。当日は五月晴れ程良い気温でドーム内は日も差さないので汗もかかず、快適な見物でした。バラの種類の数とコンテスト応募者の技術の高さに感嘆した一日でした。
 これから入場する人も
案内パンフレット 
 
 
 
 








JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN