本文へスキップ

 

洛北の秋 曼殊院を訪ねて


 11月中旬、秋恒例の同窓会出席を兼ねて、紅葉には少し早い京都を訪ねました、と言うのもこの5月に訪ねた京都洛北の曼殊院拝観が入場許可時間を5分程過ぎていて門前で断念したことが心残りでした。今回の都入りに是非とも拝観したいと思い修学院駅からのゆるい坂道を上り再び訪ねたのですが春には気にならなかった曼殊院への坂路が今回は大変苦しく、体力の低下を実感した旅でした。

11月15日

京都駅七条口側の銀杏の紅葉が宿泊した新都ホテルの窓から見え、京都の秋の最初の一枚となりました。
部屋の窓から新幹線の発着が一望でき、子供に帰った気持ちで撮った1枚です。今は孫も喜ばないのですが。
入京した午後は家内の買物に付き合い四条通界隈を散策。前方建物は南座です。今月末には恒例のマネキや幟が見られるのですが。今日は何もなく寂しい感じの風景です、紅葉には少し早い様で、四条通りも心なしか人の姿も少ないように感じました。
錦市場に入りました、春に来た時は大変な混雑で買物どころか歩くことさえままならない錦市場でしたが、今回はさほど混雑は無くゆっくりと見て回ることができ、錦市場の売り物の種類の多様さに改めて感心。売っていない物は無いのでは?。
焼栗の香ばしいかおりに集まってくる人は試食が狙い、中には買う人もいますが、どちらかというと冷やかしの方が多い様です、私もその一人でした。
無いものは無いの錦市場にはこんなものが。なんと1個18キロの巨大キャベツです、柿や栗の大きさと比べるとその巨大さが判るでしょう。
錦市場の天満宮、買物客も買わない人も必ずこの前を通ります、いまや観光スポットの一つ
人気があるのはお御籤売りの獅子のカラクリ。人が近づいても動きませんがおみくじ
代を入れるとやおら動いて籤を選択し咥えて左隅の取り出し口に入れてくれるスグレモノお御籤売りもハイテクです。
我々の時代には小鳥がお御籤を選んでくれましたっけ。古い話ですねえ〜
11月16日

午後の同窓会の開始前にと朝から洛北まで足をのばし叡山電鉄(通称叡電)に乗り修学院駅から曼殊院へ徒歩で向いました、途中にある鷺森神社を拝礼。鷺森神社は平安時代の創建と言われる由緒ある神社です。
修学院と山端(やまばな)の地方の氏神とされ秋は紅葉、春は桜で愉しめるところ、洛北観光の穴場です。
舞楽殿が境内の中央に位置していて神が正面から舞楽を眺める様な佇まいが感じられます。
最近の観光案内は四ケ国語です、昭和時代の都では想像もつかなかったでしょう。
鷺森神社から曼殊院に抜ける道は静かな山間の小道です。人影も少なく何となく嬉しくなるような参詣道です。
鷲森神社から曼殊院までの道のりはゆっくり歩いて20分ほどでしたが少しずつ上り坂、やや息切れを感じます。
曼殊院に近づくにつれて紅葉が目に入ってきます、前方の石段の向こうに曼殊院の門が見えてきました。
正面に曼殊院門跡の勅使門が見えます、周囲の緑蔭に一際楓の紅色が目立ちます。
曼殊院門跡の中に有る小堀遠州作庭も見事なものですが門跡を囲む白い土塀や石垣と周囲の樹木との風合いも又素晴らしい景色です。
土手の緑苔に紅葉が作る影が映り奇麗でした。
曼殊院の門前に有る弁天茶屋あたりは紅葉のスポットのようです。
勅使門、此処からは入れません。
曼殊院は伝教大師の草創時比叡山西塔にあって東尾坊と称し、天暦元年(九四七年)当院の住持是算国師が勅命により別当職に任じられた後、一六五六年に現在の位置にうつり曼殊院と名前が変わりました、皇族との深い所縁があり修学院離宮に近いこの地にあって御所のの北辺を守る寺院の一つのようです。
右の白壁に見える5本の白い線は皇室一門の格式を表しています
通用口から入ると正面に庫裏玄関。
左側に受付があり此処で入場料600円を払います。玄関前には菊作り名人の作品がいくつか飾られていました。
ツアーの案内人が韓国人団体の見学者に門跡由来を説明していましたが、理解できたのでしょうか?
いくつかの拝観の部屋を通り目的の庭園に出ます。此処は大書院の庭に面した廊下です。
右側に小堀遠州の作庭による枯山水の美しい庭が広がります。
白砂で水の流れを表し島を配して川や海を表している見事な庭です。鶴島は五葉松が配されています、樹齢400年と言うだけあって巨木で堂々としています。
この場所に立つと船で川下りをしているような気持ちになります、鶴島の五葉松が迫ってくるように見えました。
滝前の水分け石から白砂の水が流れ鶴島と亀島を囲んで流れる様を表しています。この撮影場所が観光ポスターになっている場所でした。
亀島


亀島には元、亀の形をした松があったと案内書にありますが是は違うようです。島の全体の形は亀のようにも見えます。
名勝庭園に指定されているこの庭園は5月にキリシマツツジが紅色に庭を染めるとあります。
前方奥が滝口で手前の岩が水分け石。
此処で別れて流れる様子を白い砂で表しているところです。
大書院の周囲の樹木は嵐山や嵯峨野の紅葉名所に比べると鮮やかな紅葉は少ないのですが、緑の中のほんの少し色づいた木々が秋を感じさせてくれて好きですね。
上之台所。
いわゆる厨房です、高貴な人達のための厨房で中には大中小の鍋釜が4つほど乗せられる連なった竈がありました。この寺院の人数も当時は相当な数であったのではと推察されます。
小書院の庭
院内には八つの間が庫裏や大玄関、大広間などに配されていてそれぞれの部屋には狩野探幽などの書画襖絵などがありじっくり鑑賞するには1時間はほしいところです。当院には重要文化財が数多く拝観でき、京都を訪ねるならば一度は足を運びたい寺院と思います。
曼殊院の拝観を終えて次の場所へ向かいます。通用門から下る道付近は紅葉が色付き始めていました。

曼殊院では国宝の古今和歌集曼殊院本を拝見でき、その流れるような筆字体の見事さに感嘆しました。日本文化の神髄を見た気がします。
曼殊院を出て東山道まで歩きましたが、街中とは違った古都らしい風景が広がりを見せる洛北、北白川界隈をゆっくりと眺めながら下りました。
前方手前の山は妙法の大文字焼きで有名な松ヶ崎。
東山道に出る途中の分かれ道で左折し数年前に拝観した、円光寺前まで来て写真をとりましたが、時間の関係で拝観は今回パス。この寺の庭の紅葉は素晴らしかった記憶があります。
円光寺前、後ろの山は比叡山、ところどころ色づいて見えます。
詩仙堂も今回はパス。
数年前の秋に来た時入口から中に抜ける道の薄暗さが庭の紅葉のあざやかさを一層際立てるのに効果的だったことを記憶してます。
洛北散策も此処まで、
一乗寺下がり松を左に見ながら少年時代にお世話になった八ツ橋屋さんの面影をしのびながら同窓会へ急ぎました。終わり








JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN