本文へスキップ

 

越生梅林梅祭2011


 朝夕の寒暖の差がまだ厳しい3月初旬、埼玉県北部の越生梅林の白梅が見頃ときき久方ぶりに訪れてみました。3月6日は4月中旬頃の気温で天気も良く、人出も多いと思われ10時過ぎに車で出発、昔とあまり変わらない高麗や越生の街並みを懐かしみながらの道中でした。越生梅林はJR越生駅から3.8キロあり徒歩では約1時間程の距離、交通は不便ですが、ピクニックやハイキング愛好者の程良いコースの様です。越生梅林は関東3大梅林の一つに数えられる梅林。約2haの園内には、600年以上前にうえられた古木や、白加賀、越生野梅、紅梅などが約千本。桜とは又違った趣のある梅林です。日曜日とあって園内ではイベントの太鼓演奏や、模型機関車の運行などで、大勢の家族連れで賑っていました

梅林駐車場は近くに4箇所有りますがほぼ満車、一番遠い第4駐車場から、徒歩で約3分、駐車場代金400円、梅園入場料200円でした、昔はどちらも無料でしたが。
園内は水戸偕楽園や熱海梅園などのあでやかさは有りませんが、アットホーム的な雰囲気で気楽に散策できる園内。入園してすぐ目につくのは売店などの賑い。
梅の花は全体に古木が多いようです、中でも白梅が目立って多く華やかさは有りませんが野趣の趣が強く感じられます。
加賀白梅の向こうに福寿草の黄色を入れてみました
数少ない紅梅が眼を引きます。
逆光で白梅を撮りました。越生野梅の若木
加賀白梅、今が盛り。
園内には樹齢は600年以上と云われる古木が有るそうです。これがそれに該当するのかどうかは不明ですが、他の木に比べ管理されているようでした。
花はあまり付いていませんでしたが、この古木、幹の屈曲の形が面白いです。梅園東側に流れる越辺川縁に有ります。、
越生野梅と違って花弁の厚い白梅
越辺川縁の梅、対岸には桜の木が見えました、季節には桜の名所になるようです。
梅に鶯ならぬ、インコ。これはインコを肩に乗せて散策していた人が休憩中横の梅の木におとなしく止まっていました。ちょっとびっくり。
お断りして一枚撮らせてもらいました。
愛想のよいインコ。 カメラに向かってポーズしてくれました
越生地方には福寿草が多く見られますが園内にも福寿草園が有ります。めづらしい濃いエンジ色の福寿草が少し咲いていましたが、この画面ではチョット判別できません。
保存木とされている越生野梅。幹の太さがいかにも其れらしい風格があります。
まるで象の足?
園内の舞台では鳩山太鼓の演奏が行われていました。土曜日や日曜日には各種イベントが行われているようでこの日は太鼓演奏と歌謡ショウが有りました。
気合いの入った女性3人男子1人の鳩山太鼓の熱演。見事な演奏でした。越生町の東隣に鳩山町が有ります。
ほぼ満開の梅林、遠方から家族連れやカップルが押しかけて人も満開でした。
屋台も多く出店しています。富士宮の焼きそば屋は行列。
花より焼そば?
玩具の様な蒸気機関車、園内一周無料、おじいちゃんとお孫さんで満席です。
園内中央に展望台があり、5メートル程の展望台からの越生梅林園の眺めです。わらび餅の旗が郷愁を誘います。

帰途に付くころには越生駅近くから梅園に向う30号線は渋滞していました。

少し汗が出るほどの好天気、家内も予定していた地方物産をゲットできて満足のご様子で、楽しいドライブでした。 終わり 

写真と記事 じんさん   








JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN