2011土屋君本文へスキップ

 

土屋行正 北方花巡りツアー記

カムチャッカの夏の花
 7月12日から15日まで、猛暑の日本を脱出し、3泊4日でクラブツーリズム企画のロシアカムチャッカでのフラワーウオッチングツアーに参加してきまた。
毎年7・8月にウラジオストック航空による成田・ペテロパブロフスク直行便が設定されており、これを利用してのツアーでした。
参加者は総勢40名、これを2つのグループに分け20名での別行動でした。
私がこのツアーに特に興味を持ったのは、北方の花を見ることもさることながらカムチャッカから遠くアリューシャン列島を望み、アッツ島玉砕(昭和18年5月12日戦死者日本陸軍将兵2638名)、キスカ撤退作戦〈昭和18年7月29日水上鑑艇による陸海軍将兵5200名の救出〉に思いを巡らしたかったからでした。 
          神奈川県逗子市  土屋行正 
         2011/7/12〜 2011/7/15
カムチャッカ半島地図 
 
12日13時成田発、3時間半のフライトの後、カムチャッカ半島ペトロパブロフスク着途中、福島上空を避けるためか日本海側に出て、佐渡島を眼下に見ながら千歳上空経由ペトロパブロフスク・カムチャッキー着。時差3時間で現地時間19時30分着小さな空港で入国審査に手間取りホテルに着いたのは21時。しかし外の明るさは日本の18時頃の明るさ。バスの窓からは富士山に良く似た山が幾つも見え、中には噴煙をたなびかせている山もあり、翌日からの写真撮影を楽しみに宿に着きました。 
 
2日目 朝食後、6輪駆動のオフロード車でのビリュチンスキー山(2173m)中腹でのフラワーウオッチング今年は例年以上に雪が多く、山にはまだ沢山の雪が残っていました。雪渓を踏みしめての花見でしたが、雪解けと共に一斉に咲き出す花々を沢山見ることが出来ました。ビリュチンスキー山中腹では丁度「キバナシャクナゲ」が盛りで素晴らしい眺めでした。 3日目は、アバチャー山(2678m)の登山ベースキャンプ(869m)に、雪解け水の流れる川底の路なき路を大きく揺られながら登り、途中からは積雪の上を6輪駆動の威力を発揮して登って行きました。
こんなに雪深い所に花なんか咲いているだろうかといぶかりながらの行程でした。
 
キバナシャクナゲ
 
ビリュチンスキー山中腹 
 
今回の我々のグループの現地ガイドは、カムチャッカ工科大学出身26歳のクリスチーナさん。日本語が上手で、日本には2度現地研修で来たことがあると言っていました。バスの中では我々と唱歌を歌い一生懸命勤めてくれました。写真は「カチューシャ」をロシア語で歌ってくれているところです。後方の女性は花ガイドとして来てくれた子です。日本人が来るのは7・8月だけ、後はどうして生活しているのか気になりましたが、余計なことは言わないことにしました。野外でのガイドはイヤホンマイクでやってくれますので、少し離れていても説明が良く聞け助りました。 
 
当日、山の上は寒く、セーターを着、ヤッケを羽織っての花巡りでした。ベースキャンプは簡単なプレハブ建ての宿泊施設がかなりの数在り、多くの人達が利用しているようでした。ねずみ位の大きさの地リスが沢山居て、人の手からもパンくずを食べていました。ここから少し歩いて行くと高山植物のお花畑が広い範囲に続いており、沢山の花が咲いていました。その内の幾つかの写真をお見せします。 
 
花の名前は 赤い小さな提灯状の花は「エゾノツガザクラ」、次の赤い花は「タカネシオガマ」、紫色の筒状の花は「ウルップソウ」、最後の花は「チシマフウロ」です。 最初のカップ状の花はこの地の代表的な花「キバナノアツモリソウ」この地では群生しており見ごたえのあるものでした。次の筒状の黄緑の花は「バイケイソウ」、白い沢山の花は「チョウノスケソウ」、3つの白い花は「ハクサンイチゲ」、赤い新芽とピンクの花は「ヤナギランの新芽とハクサンコザクラ」、ヤナギランの新芽は現地の人達はサラダにして食するそうです。あちこちに一杯芽を出していました。8月になるとこのヤナギランの花で埋め尽くされるそうです。私はアラスカでその様子を見たことがありますが余り品の良い花とは思えず、キバナシャクナゲの方に軍配を挙げます 
エゾノツガサクラ 
タカネシオガマ 
 
 ウルップソウ
 
 チシマフウロ
 
キバナノアツモリソウ
 
バイケイソウ
 
チョウノスケソウ 
 
 ハクサンイチゲ
 
 ヤナギランの新芽とハクサンコザクラ
 
そろそろ花には飽かれたと思いますが最後に小さな花をお見せします。小さな空色の花は「ミヤマムラサキ」、白い小さな花は「イワヒゲ」、黄色い花は「シコタンソウ」、ピンクの花は「ミネズオウ」です。  
ミネズオウ 
イワヒゲ
 
シコタンソウ 
ミヤマムラサキ 
 
次の写真は高台から撮ったアバチャー湾の様子です。ペトロパブロフスクは他の都市と陸路ではつながっていない為、物資の輸送は海路か空輸なので港はそれなりに整備されているとの事でした。街の写真は中心街の様子で、それなりに体裁は整っているようですが、日本と比べると見劣りのするものでした。人々の身なりはどちらかと言うと貧しさを感じさせるものでした。港の近くの広場にはレーニンの銅像がしっかり立っていました。どう言う意味か知りませんが戦車も置かれていました。自由市場と称する大きな市場に連れて行かれましたが、物資は十分に出回っている様子で、鮭の燻製やいくらが目に付きました。蟹缶は日本人観光客が来ると値上がりしているようでした 
 
 
 
 
 
 
 終わり  
 写真と記事  土屋 行正
 









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN