本文へスキップ

 

三沢八戸紅葉風景

 今年の最後を飾る紅葉の便りが北の国から届きました、むつ市の藤本さん同窓会出席をかねて、三沢、七戸の、景勝地を散策晩秋の紅葉を訪ねたそうです。三沢の古牧温泉は我々北の勤務があった者にとっては懐かしい場所です、一度は宿泊した経験があるのではと、ちょっと昔を思い出しませんか。 
             管理者  じんさん

 
          三沢、七戸の紅葉風景

 12月も中旬に入り歳末の色合が深まって来ました。
北極からの強い寒波の異例な直撃を受けて日本列島は真冬に包まれ、各地で大雪がTV報道されていますが、どうした訳か当地では10センチほどでたいした降雪は見られずラッキー\(~o~)/と喜んでいます。わが釜臥山も例年よりも一月近く遅れてようやく初冠雪しました。

 さて、丁度一月前の11月10日に函館、大湊、八戸及び千葉、岩手など遠隔地から 40名が参集しOB会が三沢の旧「古牧温泉グランドホテル」から経営者が変わって変身した「星野リゾート青森屋」で開催され、久し振りに一泊旅行(?)してきました。
余談ですが・・・
 [平成初期から好景気で経営振りが良かった古牧温泉グランドホテル、平成15年10月、岐阜の弟夫婦が北東北観光を計画、是非当ホテルに泊まりたいというので一月ほど前だつたんですが、予約を申し込んだところ案の定満室でダメ、亡妻が当時ホテルのオーナー夫人だった同級生に電話したところ「何とかする」とのことで決着、宿泊当日ホテルにチエックインしたら当時の第3グランドホテル(現青森屋本館)最上8階の立派な部屋に案内されました、これがナントVIP用の特別室で入口壁面に平成ン年ン月ン日天皇陛下ご夫妻ご宿泊の記念看板と写真がずらり、4人で「エ〜!!」!(@_@;)と吃驚しながら沈み込むようなソファーに座ったり、室内装備の立派さに目を瞠りながら「何か気、遣うな」なんて話し合って泊まった曰くある想い出深い処でした。]

今回は6階個室に泊まりましたが、時節柄宿泊客は多く、朝食(バイキング)のレストランは長蛇の列で随分待たされたりしました。
 翌日は小雨っぽい非好天でしたが、折角のこととて同ホテルの渋沢公園(当時は別料金払、今は無料)を1時間半ほどかけ散策後、ついでに七戸方面にも足(?)を伸ばし亡妻とよく訪れた七戸天王神社(ツツジの名所)、七戸城跡を探訪し、渋沢公園では丁度見頃の紅葉風景を収めてきました。
時期外れですが送りますのでご覧下さい。むつ市大湊 藤本智
 
  
釜臥山初冠雪
旧「古牧温泉グランドホテル」から経営者が変わって変身した「星野リゾート青森屋」のガイドマップ
               渋沢公園カッパ沼
渋沢公園(写真02参照)は、カッパ沼の周りに観光コースが設けられており、資料不足でよく判りませんが、御殿、曲屋、茶室などの古い施設が建っており、これらを背景にした眺めが見応えある光景を醸し出していて見応えがありました。丁度見頃でしたが生憎天気が悪く紅葉が映えなかったのが残念でした。
A地点カッパ沼入り口から桂松庵茶室、八窓庵茶室の景勝
            B地点からの茶室風景
沼内に浮かぶ幾つもの人工礁がメルヘンチックですね。
 悪天候のせいか宿泊客が多かった割りに公園を散策する人は余りいませんでした。
鯉の餌場
カッパ沼の礁に憩う鴨
湖畔の紅葉
臨湖亭と兜本陣
沼全容遠方に本館建物
沼面に写る浮身堂
青森屋本館遠望
楓林橋あたりは紅葉が鮮やか
桂林橋の上からの景勝
 
湖面に写る紅葉が見所
珍種の楓
こんな大きくて葉の長い楓は初めて見ました
          南部曲屋の庭 落葉の庭が印象的
当屋の屋上明り取り(?)はかなり老朽し、屋根の萱も腐朽が進み間近く崩落しそうな気配
臨湖亭と紅葉
3段に色づいた楓 これも珍種です
1本の楓ですが日当たり具合で色付きが三段階になってました
青森屋星野リゾートホテルホームページの画像を見ると沼の周りが紅葉に包まれているのが判ります
この画像は平成17年の秋古牧温泉に宿泊した時の全景です
                    七戸天王神社
ツツジ名所として有名な七戸天王神社ですが、三沢より紅葉がかなり進んでました
神社境内の紅葉
七戸城跡公園も紅葉時期はほぼ終り、辺り一面落葉で敷き詰められ極一部の黄、紅葉がご覧の如くの残っていました、こちらにはウォーキングの1老人とぬ組の若いカップルが認められましたが、公園内のひっそり閑とした佇まいは逝く秋の侘しさがひしひしと身に浸みてくるようでした。
神社前の佇まい
神社周辺の紅葉
狂い咲きのつつじが咲いていました。
 七戸城東門
 
 
 
 門内庭の眺望
 
 城址展望台
 
 城址高台からの七戸町街の展望
 
 



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN