本文へスキップ

 

京都岩倉実相院門跡の紅葉


 
11月中旬京都でのクラス会に参加のため4日ほど滞在、時間のある限り京都の秋を楽しもうとクラス会会合前の余暇時間を使って岩倉にある実相院を拝観しました、京都駅から地下鉄で国際会館前まで行き会館前から出ているバスで岩倉実相院へ、、紅葉の見ごろの実相院の庭と寺宝の一部を拝観しました。実相院門跡 元天台宗寺門派の門跡寺院で、いまは単立の寺院です不動明王を本尊としている由緒ある寺院です。天皇家とゆかりが深く蜃翰御水尾天皇の書 「忍」の一文字や後陽成天皇の仮名文字遣(重文)など貴重な資料がみられます。中でも歴代門主や坊官の綴った実相院日記は幕末の政変(ペリー来航から鳥羽伏見の戦いまで15年間)の情報が実に詳細に記されています。京都の北辺、御所からははるかに離れてた僻地でありながら、世情を詳細に知っていたその情報力と高い見識には驚きます。寺宝や庭園の見事な作りも素晴らしく一見の価値がある門跡です。
  
 国際会館前から実相院行きのバスで10分ほどで実相院終点につきます、門の横がバス停で見学を終えた人が帰りのバスを待つ姿が見えます。
 
 菊の紋章が入った提灯が掲げられていて、天皇家所縁の門跡の気配が感じられますね。
 
 門をくぐると紅葉の樹の奥に受付があります、拝観料500円を払って入室、内部は写真撮影できませんと受付で注意があります。庭の撮影は許可されます。
 
 実相院に2つある庭の石庭の縁側から見える白壁と紅葉樹の風景が映えます。左の樹はしだれ桜の樹、春は桜で楽しめそうです。
 
 比叡山を借景とし巨石を配した枯山水の庭、実相院の2つの庭の一つです。
 
 遠方に比叡山系の山波が見え借景をうまく利用している石庭です。
 
 書院の中から見える庭の景色が黒く磨かれた床に映えて、一つの見所となっています、お天気によって床に映りこむ風景が変化するそうで、好天時は床モミジ、曇天時には床ミドリとなる実相院のもう一つの見所です。(撮影は禁止です)
 
 実相院のもう一つの庭は山水庭園、書院と客間との間にあり裏山の木々の紅葉と池を巧みに配した庭で将に紅葉の盛りの庭でした。
 
落葉が池石の蒼色と絶妙なコントラストで池を引き立てていました。
 
 池の蹲(つくばい)
 
 南天
 
池に映る紅葉  この池にはモリアオガエルが生息しているそうです、今は産卵の時期ではないので見られませんが。
 
 実相院門前の通り 岩倉地区は昔から辺境の地と知られていましたが、今では新興住宅地となり交通の便も良くなって閑静な美しい町になってます。大学高校など教育施設も増え、人口も増えているようです。
 
 実相院の近くに岩倉具視公の蟄居した史跡があります、観光見所になっています。幕末動乱のとき一時蟄居させられてこの地に住んだそうですが、岩倉公は実相院の日記にも登場していて蟄居中でもいろいろと精力的に活動していたようです。
 
 岩倉公旧跡保存会で作られた岩倉具視公旧跡九兵衛宅跡の石碑がみえます。この邸宅は保存会の手で管理されて国の史跡になっています。
 
 岩倉公跡地は実相院のごく近くです。実相院の拝観後立ちよるのがよろしいと思います。このあたりも閑静な住宅地で人通りもなく静かな町の雰囲気が感じられます。
 
 実相院前の子供公園の楓が見事でした。奥の停留所に国際会館行きバスが止まっています、このバスで帰りました。
 
 国際会館地下鉄駅上から見た宝が池の山 少年時代には歩いてこの辺りまで遊びに来たことを思い出します。
 
 実相院内の寺宝はゆっくり拝観すればさらに多くの大変貴重なものが拝観出来ますが、クラス会への参加も有り心残りのまま岩倉の地を離れました、岩倉はまたいつの日か訪ねたい観光地でした。  終わり
 

JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN