本文へスキップ

 

2012年川越正月風景


平成24年明けましておめでとう御座います。毎年元旦の混雑をさけ年末の川越市内の正月準備の風景の写真を撮りに行くのですが、本年は昨年と同様元旦の街の様子を見に出かけてみました。元旦は観光客の姿も少なく、地元の人々は喜多院や氷川神社など初詣の帰り道に迷路の様なわき道を通って帰路につく人が多く、中心街を通る人影はまばらです。一方喜多院などの寺院では多くの参拝者で混雑しており街中とは違った風景です。今年も中央通り商店街の正月松飾を撮りに来ましたが、年々創作松飾の数が少なくなっており、これも不況の影響かなと感じたりしています。それでも、毎年同じように創作松飾を出しているお店も見られ、その形や数の変化に世相の移り変わりを感じます。特徴のある松飾だけをピックアップしてみました。



 
 
 川越の名所 蔵の街の元旦、観光客の姿はまばらでした
 
蔵の街中心街を走るレトロバスも乗客少なくのんびりとした正月風景です、現在川越市は中心街交通路の通行規制方式を検討中で、賛否両論で中心商店街は騒がしい様です、あちこちに一方通行化反対のポスターが見られます。
 
 交差点わきに店を構える豆屋さんは今年も竹の松飾りを立てています、昨年は豆の形の輪飾りでしたが今年は枡に豆の入った形です。元旦は休業のようです
 
今年は創作松飾は数が少ない様でしたがシンプルな飾りでも生花をあしらい、生花の根元をビニールで覆い水を切らさぬよう工夫がしてあります。
 
 毎年大きな松飾を建てる菓子屋右門さん、昨年同様な作りですが、真ん中の飾りが変わってました、デザインを誰が考えるのか興味がありますね。
 
 菓子屋さん亀屋の飾り、一昨年は亀甲の形の飾りでした、この店も毎年必ず新しい飾りをみせてくれます。
 
これは炭を商う店、竹炭を使った飾りが特徴、昨年と同じような形ですがセンスのある飾りで素敵です。。
 
 
 
美術品、骨董のお店フカゼンさんは背丈の高い飾りを毎年出します、基本的な型は同じですが先端の飾りが毎年変わっていていかにも美術品を扱うお店らしいです。
 
 フカゼンさんの飾り
 
時の鐘の路地は閑散としてお正月らしく静かな町の佇まいを感じます。
 
 ちょっと菓子屋横丁に入ってみました、此処は結構人が多く、買い物や店の前で品定めをしている人で賑わっていました。
 
一見雑然と見える菓子屋横丁は菓子を売る店のほか、お菓子屋さんの店先でお土産の手作りストラップなどを売る出店やタイ焼きの香りが空腹を誘うお店など、街中のデパートや名店街とは違って庶民の親しみ易い横丁って雰囲気です。
 
 川越自慢のいも菓子は、いったい何種類有るのでしょうね、いもいもイモの勢ぞろいです。
 
横丁の壁に有ったポスター、川越の文化度の深さを感じます、展示会を見行きます。
 蓮馨寺に入って参拝、此処もかなりの参拝者でした。おびんずる様や七福神の福禄寿も祭られていて、参詣者も多い寺です。喜多院や川越成田山の混雑を避けて蓮馨寺へ参拝するのもよろしいでしょう。
 
 川越成田山の元旦の参拝者の数はご覧のとおりで、本殿までにたどり着くのが大変です、我が家では正月三ケ日を避けて参拝することにしています。
 
 こちらは喜多院、成田山以上に大変な混雑、更に正月三日は初だるま市で大変な混雑を見せます
 
 毎年元旦には川越市内の数か所で神楽舞が行われています。此処本川越駅前のマインデパート玄関入口でも行われます、昨年も見物しましたがなかなか趣のある行事です、今年もまた見にきました。
 
 松江町松龍会囃子連の皆さん、ボランテアの人たちです、川越祭りの時は山車に乗って活躍する方々です。三番叟の舞も囃子に合わせて上手です。
 
 大黒様もお出まし、川越七福神の出張かな?この大黒様もボランテア、知り合いの商店のご主人が大黒様を演ずると聞いてましたが、今回は別の人で残念でした、案外身近な所に地域との接触が有るものと改めて感じました。
 
獅子舞とひょっとこの滑稽な踊りが面白く観客の笑いと拍手が見られます。
 
 獅子舞の最後には[明けましておめでとうございます]と書かれた紙をひろげて神楽舞を終わります、見物に来た人たちの盛大な拍手が起こりました。一人獅子舞はかなりの重労働のようですが、豪快な動きと囃子に合わせて繊細軽妙な所作動作が見事です。
 
獅子舞に厄を払ってもらい大黒様は見物客の一人一人に小槌を振って福を授けてくれ正月らしい気分になります。川越の元旦と2日は川越七福神の参詣日ですので、お参りの人も多いようですね、毎年この場所で12時から2時の間に神楽舞があるので、興味のある方はぜひお出かけください。
 
 平成24年川越の正月風景でした(終わり)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN