本文へスキップ

 

好古園と姫路城修復拝観


 
 11月13日関西へ旅行し京都に滞在中、姫路城の修復中の様子を見学に行きました。姫路城見学前に、西隣にある好古園を拝観、紅葉の素晴らしい庭園に感激しました。姫路城見学は1月ほど前に予約しておいたので、さぞかし行列の出るほど見学者がいるのかと思っていましたが、安に相違して見学者は少なく、おかげでゆっくりと見学できました。天空の白鷺は工事用の構台にすっぽりと覆われて見えませんが地上100メートルの高さの見学台からは最上階の天守閣屋根の修復中の様子を見る事ができました。約5年をかけての修復工事が完了した暁には見事な姿を再び拝観に行けたらと思いました。好古園の美麗な庭園と、白鷺城の修復の様子をご覧下さい。
  
 好古園は姫路市制100周年を記念し作られ平成4年に開園した回遊式の日本庭園で場所は姫路城藩主の、下屋敷であった西屋敷跡にあります。姫路城に隣接して城を借景とした複数の回遊式庭園は実に見ごたえがあります。紅葉のまっさkりの時期に訪れたのはラッキーでした。
                    好古園の正面入り口
 
 門を入ると最初に見えるのは御屋敷の庭、これは実に綺麗です。
 
 姫山原生林を借景とした回遊式庭園で好古園内最大の庭です、大滝が流れていて、かすかな水音が、当たりの静寂を一層引き立てているようです。
 
 池は瀬戸内海をイメージしているそうで、池のなかには錦鯉が遊弋しています。
 
 御屋敷の庭はレストラン活水軒がありそこからの眺めが一番のようでした
 
 園内の庭は大小合わせて9個の庭園がいずれも回遊水流がつながり庭ごとに名前が付けられています。庭から庭へと続く道には楓や桜など紅葉樹が植えられていて白壁との絶妙なコントラストを描いています。
 
 潮音斎の屋敷は中秋の名月を愛でるのに良い方向に向けて建てられたそうです。
 
 苗の庭に咲いている水芙蓉の花 紅葉の絢爛な彩の中にひそりとした感じで咲いていました。
 
 四阿(あずまや)流翠亭から見える「流れの平庭」の流れはゆったりと流れてました
 
 流翠亭からの眺め
 
 夏木の庭には落葉樹を配し、新緑から紅葉までの季節感を味わえルように設計されています、今は雅の紅葉の眺めでした。
 
同上
 
 松の庭 赤松林をイメージした庭園だそうです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN