本文へスキップ

 

平成24年むつ市大湊ネブタ祭


 毎年、むつ市大湊のネブタ祭の写真を送って頂いています、下北の夏を告げるネブタ祭、大湊の藤本氏から今年も写真と記事を送っていただきました、毎年ネブタ作りや、大湊浜町の記録用ビデオ撮影などをボランテアでお手伝いされていますが、今年の暑さにはいささか大変だったようですね、ご苦労されたようです。祭の情景と勢ぞろいしたネブタの山車をご覧なって下さい。
   平成24年8月22日   JINSAN
ネブタ報告1
 異常ずくめの今夏、当地ではお盆を過ぎても夏日が続き、昨日・今日は30度を越す真夏日で秋の気配は全く感じられません。
3〜5日に開催された大湊ネブタ祭り、3・4日はオホーツク高気圧の圏内に入り”ン”年ぶりに涼しかったのですが、4日は暑さが戻り本来の夏祭りらしい運行となりました。
幸い雨には会わなかったのですが、初日の花火大会時はヤマセに乗って押し寄せてくる霧に覆われ上空炸裂の大玉花火は霧中に隠れるなどちょっと残念でした。
 ネブタの運行は、例年どおり初日は14:00運行開始、町内を運行後夕刻に各ネブタが大平岸壁に集結、海上自衛隊新総監を来賓に招き出陣式と花火大会が行なわれました。
 二日目(合同運行初日)は、18:00宇田出発、大湊浜町まで市役所を除く11台のネブタが踊り手を随行し約2時間かけて大湊浜町まで運行、三日目は16:15運動公園に12台の全ネブタが集結、お祭り広場(各ネブタ場内展示、各参加団体による輪踊り、ネブタ審査発表)催行後、18:30運動公園出発、最終合同運行スタート点の山田町に移動、19:15から大湊新町まで約1時間半掛けて踊り手随行で運行されました。
本年も沿道は例年に劣らない大観衆で賑わいました。

 昨年で記録担当役からの解放を町内会長に願い出てましたが、本年もネブタ製作参加と併せ是非の協力を懇願されたので引き受けた次第、家で亡妻が待って居てくれた昨年までと違い、製作作業を終え、また、運行を終えて、誰も居ない真っ暗な自宅に帰宅するのがたいへん辛い今年のネブタでした。

写真
1 初日に町内を運行する浜町のネブタ
2 出陣式・花火大会会場の大平岸壁、中央向こうは協賛参加のDE231「おおよど」
3 出陣式で点灯したネブタと花火
4 二日目(合同運行初日)宇田の総監部東門(旧警備隊正門)前から出発する浜町のネブタ
5 宇田町の海岸通りを踊りながら進行する踊り手(浜町まで踊りをながらなのでたいへんな重労働)
6 三日目(合同運行最終日)運動公園で催行された参加団体の輪踊り
7 合同運行スタート点に向け運動公園出発
8 大湊駅付近の観衆
9 終着点の大湊新町本部前で展示中の大湊浜町ネブタ

ネブタ報告第2報 昼間ネブタ写真

 今朝22度だった気温、10:00現在29.5度(自宅計)を指し今日も真夏日到達は間違いなし、室内では28.5度、湿度は72%なるもからっとした体感であまり不快感を覚えないのはこの高気圧がオホーツク生まれで南下したものだからでしょう。

 本写真集は最終日運動公園お祭り広場で審査、成績発表され受賞額を掲示した直後の各ネブタを撮影したもので写真No.は成績順です。
最もネブタの出来の良い「最優秀作 製作賞」に輝いたのはやはり大湊上町でしたが、総合成績2位だったのは、踊りまたは運行状況が宇田町より劣っていたからでしょう。
ネブタ報告第3報 夜間ネブタ写真

 本写真は、運動公園から合同運行出発点の山田町に移動し待機中の各ネブタを撮ったもの、浜町が出発するまでの待ち時間を利用し小走りで廻りながら撮らなくてはならず老体にはちょっと酷でしたがなんとか全部撮ったつもりが山田町が欠落してたので、初日の出陣式で撮ったもの(ビニール覆い被り)です。

以上で24年度大湊ネブタ祭り報告を終ります。 むつ市大湊浜町 藤本 智
1 初日に町内を運行する浜町のネブタ
2 出陣式・花火大会会場の大平岸壁、中央向こうは協賛参加のDE231「おおよど」)
 3 出陣式で点灯したネブタと花火
4 二日目(合同運行初日)宇田の総監部東門(旧警備隊正門)前から出発する浜町のネブタ
5 宇田町の海岸通りを踊りながら進行する踊り手(浜町まで踊りをながらなのでたいへんな重労働)
6 三日目(合同運行最終日)運動公園で催行された参加団体の輪踊り
7 合同運行スタート点に向け運動公園出発
8 大湊駅付近の観衆
   9 終着点の大湊新町本部前で展示中の大湊浜町ネブタ
 ネブタ報告第3報 夜間ネブタ写真 それぞれのネブタの昼間の姿はオンマウスでご覧下さい 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN