本文へスキップ

 

田舎館「たんぼアート]観光


 むつ市大湊の藤本さんから新聞テレビ等で話題の田圃アート田舎館を、観光された様子を知らせていただきました、本物を見る機会はなかなかありませんが、詳細な写真を拝見し、3Dの田圃アートの立派な芸術にびっくりしています。じんさん

8月21日  田舎館観光の巻   むつ市大湊 藤本 智

 以前からの願望だった田舎館「田んぼアート」観光、18日の梅沢富美男が訪問した記事を見てまだ見頃を過ぎてないことが判明したので好天の昨21日マイカーツアーを敢行、行ってきました。
 大分時期も遅くなったし、平日なのでそんなに混雑はないだろうと思ってましたが、現地に着いて吃驚、かなりの観光客で賑わっており、入場後は展望台行きエレベーター入口で二人の警備員が十人づつ区切って入れている状態で30分ほど待たされました。
 マイカーでの遠出は4年ぶりで現車では初、東青森〜黒石(約42キロ)は高速自動車道に乗っかりましたが、これも久方振りのことで時速100キロでは超緊張、10キロ減の90キロ(かなり楽)で走行、片道140キロ行程を約2時間半で走破、単独運転なので眠気を催すのではと心配だったのですが、無事終ることができました。

観光当日以降北の高気圧圏内に入り、日中は27度前後の夏日ですが朝夕は17度前後と涼しくなり、室内でも半袖では小寒いくらいの昨今です。
同じ青森県内でも弘前など日本海側の津軽方面は太平洋側より気温が高く(弘前で29度)、当日も高湿度で蒸し暑い日でした。
「道の駅いなかだて」のレストランで昼食を摂ったのですが、此処も大盛況で40分も待たされ食べ終えたら14時、大急ぎで近くにある第2会場に赴き見学した次第です。
こちらは人も少なく短時間で終り1440帰途につき、東青森からみちのく有料道路を経て帰りましたが、ずっと好天だったのに途中野辺地南部付近で急に暗雲が垂れ込み雹混じりの土砂降り降雨に遭遇したものの10分ほどで終り一安心、以後順調に走行しツアーを終えることができました。
 ちなみに経費は、高速道料金2,400(青森〜黒石間、往復)、830(みちのく有料道路、帰路)、入場料300(共通券)、昼食800、ガソリン代3,255円(約16Km/リットル (1300ccの燃費としては悪い)でした、ご参考まで。

 第1会場待機室で昨年の田んぼアート製作記録のビデオを放映してましたが、植え付け稲はオレンジ、紫、黄、緑、赤、白、普通の7色9種、皇室に献上する献穀米も当村で作っているそうです。
 なお、第1会場待機室に歴代のアート写真が掲示してありましたので別便で送ります。
アート関係はこれにて完結。

  
第1会場の村役場展望所
第1会場で入場を待つ観光客
花魁。ハリウッドスターパノラマ
花魁
ハリウッドスター
第1会場地上(役場)からの眺め
第2会場の弥生の里展望所
ウルトラマンパノラマ
左側
右側
第3アート 白い石で描かれた金の文字
金文字の地上からの眺め
7月27日に開業した弘南鉄道のたんぼアート駅 第2会場展望所からの眺め
チラシ
チラシ
チラシ
チラシ
第2会場からの岩木山遠望
新聞記事 
歴代田んぼアート 


































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN