本文へスキップ

 

水郷潮来あやめ満喫ツアーの巻


 平成25年6月 梅雨の最中でしたが、一向に雨の降らない6月第一週、水郷アヤメ満喫日帰りバスツアーに友人と共に参加、午前7時30分発帰着18時00分の駆け足ツアーでしたが車中のおしゃべりや買い物の結構楽しい旅となりました。
 YOSIE
  
   最初の目的地は茨城県東茨城郡大洗町磯浜町にある かねふく明太子パーク、明太子の製造工程の見学と、お決まりの販売展示での試食、お買い物と結構忙しいツアーでした。明太子と烏賊の塩辛、カロリー気にしながらの試食は美味しかったわ。
   次の目的地森田水産へ向かう海岸沿いのバイパスから見える岸辺は震災の跡も残っていて、復旧工事中の様子が見えました。
   常磐自動車道を抜け一般道を南下、那珂川にかかる海門橋を通過中、間もなく大洗町
   バスのシートは運転手さんの真後ろで視界は最高、ルンルンです。
  森田水産大洗店到着ここでお昼の食事を頂けます、きっとお寿司の食べ放題かな、食べ過ぎ心配ね!
   51号線鹿島バイパスを南下します,行き交う車ほとんどなし。地方道はゆっくりのんびりと走れそう、お父さんに一度走ってもらおうかな?
   不思議な形の建物ののすぐ横を通過、あれはなんでしょうね、と車中の声。
はあーい鹿島サッカースタジアムでーす、正解、パチパチ、まばらな拍手。

潮来へ着く前に鉾田のメロンパークでメロンの試食あり。親戚に送りましょう、私は試食で我慢。
   潮来あやめ園到着、潮来花嫁像にまずご対面、おじゃましまーす。
   「潮来花嫁さん記念碑」では「潮来笠」「潮来花嫁さん」の曲を聴くことができますが聞きませんでした。
   潮来市営あやめ園は、園内には、約500種類100万株のあやめ(花菖蒲)が植えられているそうです。見頃は6月10日ごろと言われていますが、今年は少し遅いとか。
   水郷潮来あやめ園ろ舟乗り場
コース
前川遊覧コース(約30分) 料金
大人: 1,000円 小学生以下: 500円 (宵のろ舟 大人:500円 小学生以下::無料)
時間がなくて乗れそうにもありません、残念でした。
   アヤメの開花状況はまだ早い様でしたが、園内に架かる橋の下に広がるアヤメ園をぐるぐる回りながら鑑賞。
  歌手の橋幸夫さんの「潮来笠」そのままの像ですね、
♪イタコノイタロウ〜♪  とメロデイが自然に浮かんできます、歳がばれますか。
  潮来笠記念碑
歌詞が刻まれてますが今の若い人にはどうでしょう?
   下から眺める橋はかっこいいですね。。
   この花畑区画が一番花が多く咲いてました。花の時期は過ぎてましたが藤棚も立派。
   いずれがアヤメか カキツバタか
見分けがつきません、だれか教えて〜
   
   
   
   
   黄色のアヤメは数が少ない様でした、ほとんど紫か白が多いようです。品種的にも黄色のアヤメは少なくてカキツバタには黄色が多いそうです。
   橋の上からの眺め、左の建物はザッパ舟の乗船場。
舟の遊覧はここから出発します。
   あやめ園全景、かなり遠くまでアヤメの花畑。満開時には素敵でしょうね。
   前川に架かる橋は12橋ありこの前川十二橋めぐりのきっかけは、昭和43年の前川水門工事(現在の前川水門橋)で霞ヶ浦開発事業のために古くから水郷潮来のシンボルとして親しまれてきた同所に架かっていた
「水雲橋」が姿を消すことになったことから、これを惜しんで「水雲橋」の再建に乗り出したことが始まりだそうです。(あやめ園ホームページより)
   岩国の錦帯橋を思わせる水門橋
   ザッパ舟乗船場
   前川には12橋あるそうです。
前川十二橋の橋名(北利根川から前川を遡った順)
前川水門橋>あやめ橋>雨情橋>思案橋>水雲橋>潮音橋>天王橋>出島橋>まこも橋>千石橋>上米橋。
(あやめ園ホームページより)
   この船は機動船
   昔ながらの手漕ぎの舟。
「ギッチラギッチラ」と櫓(ろ)をこぐ音が聞こえます、
   櫓を使う手漕ぎ舟のことを「ろ舟」と呼びますが潮来周辺では、サッパ舟と呼ばれていました。
   舟から見る景色は如何ですかあ〜
   ゆっくりと川を下るザッパ舟、時もゆっくり過ぎるのですね。
   今上天皇皇后様の行幸記念碑、行幸時の様子はさぞ賑わったことでしょう。
   あやめ満喫ツアーを終えて帰路につきました、運転手さんの好意で帰りはスカイツリーの見えるコースを走ってくれることになりました。
   ビルの合間に見えるツリー
なかなか全景は捉えられません。
  突如 最接近、急いで撮りましたが残念 斜め、でもこれで良し、スカイツリー十分拝めました。
   都内の高速を抜けて渋滞も少なく予定より早く帰れそうです、忙しかったけれども今回のツアーはまずまずでした。家でお父さんがさぞかし土産を楽しみに待っている事でしょう・・・?

終わり
写真と記事:YOSIE









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN