本文へスキップ

 

2013年川越正月風景


 
平成の年も4分の半世紀に入りました、平成24年はいろいろな変化が年末に起こりました。平成25年は一筋の光が見えるような予感のする年になりそうです、ただここ10年以上も続く不景気の影響はまだ影を残しているような気もします。新年を迎え1月2日わが街川越恒例の松飾風景を写真に納めてきましたのでご覧ください。
  
謹賀新年  
明けましておめでとう御座います、川越の街から正月風景をお知らせします。
西武線本川越駅前から初詣に向かう人波はおおむね二手に分かれて行きます、この歩道を行くのは喜多院か川越成田山でしょう。当日2日は喜多院のだるま市があり元旦よりも2日のほうが参詣者は多いのです、
二手に分かれたもう一方は直接氷川神社に向かう人達が多い様です。川越の観光でこられた人たちも中央通は観光に便利。
今年もまづは蓮馨寺へ参拝をしてから、中央通り1番街(蔵通)へ向かいました、蓮馨寺はまだ時間が早いのか出店も少なかったですよ。
小江戸川越のお正月2日の蔵通りは静かなお正月を迎えています。右の建物は埼玉りそな銀行、(大正7年(1918)に建てられた元第八十五銀行)。
中央通はまだ車の数も少ないようです。
蔵通り区画の各家のお正月の松飾は一時期青竹で斬新な造形をして飾ったのが有名になりその後毎年お正月の門松に趣向を凝らして飾られて来ましたが、近年はだんだんと珍しいものが少なくなり寂しい気がします、それでも各店舗では家の前の歩道に建てた木柱に青竹をあしらったご覧のような門松が飾られています
川越の古い建物の代表の旧大澤家の門松も同じです
レストラン喫茶ですがユニークな看板で有名、建物も歴史を残しています。
毎年家業の木工芸を駆使した特徴のある松飾でしたが今年は一般的な飾りの様です
少し特徴のあるものをお見せしましょう。ここは野菜などの種苗屋さん、毎年野菜をつかった飾りを出しています、今年は、白菜と芽キャベツの松飾
ここは美術表具店で毎年斬新な飾りで有名、今年もやってくれました。
ここは文房具、書物のお店、毎年創作松飾が出ますが、今年は割合シンプルです。
女性好みの小物を扱うお店は毎年かわいらしい松飾を出しています
風格のある建屋にふさわしい松飾りです。
陶器のお店、数年前のテレビ、つばさ の舞台になりました。
川越銘菓店の一つ、亀屋さんは昨年と同じ飾りです。
お菓子屋さんの右門さんでは毎年一番大きな創作松飾をしますが、今年はどうしたことでしょう、例年のような家の正面一杯に青竹をめぐらした大きな松飾りが見えません、残念です。
人形などのお店、これは初めて見ました、竹の節を使って上手に飾って、ひな祭りの春を待つ感じが出ています。
豆屋さんは毎年同じ豆の形をあしらった松飾を出しています、朝早いのにもう豆菓子の宣伝をしていました。
中央通を横道に入ると熊野神社、境内には銭洗い弁天様があります、ここでも参拝し神様に沢山お願いをしてきました。お賽銭の高に相応しか聞いてもらえませんが、
前図の熊野神社の大正通りに面した神社正面です。川越の街はアップダウンが少なく人力車の車夫さんも楽では無いでしょうかね?
亀屋本舗さんの屋号の看板が右から左に書かれています、亀の字も旧体。本家亀屋さんでは松飾りはありませんが、店前の福袋が、正月らしいかまえです。
 
こちら川越銘菓店の双璧の”くらづくり本舗”、先の亀屋さんもそうですが矢張り景気の良し悪しに依っては正月とはいえ節約できるものは節約されておるのでしょう。
 
栗専門の店今年はシンプルでした。 毎年正月松飾の様子を観察し写真に撮ってきましたが、昨年も一昨年も景気が悪く、全体に大きな斬新な松飾は少なくなっています。景気が良くなりまた、川越商人魂でぜひとも毎年続けてほしいですね。 
写真撮影を終えて大正ロマン通に抜けてみました、中央通よりも車は少なく静かなお正月の風景でした。こちらの通りは中央通のように青竹をつかった松飾はほとんどありあませんが赤い幔幕でお正月らしいロマン通りを演出しています。
中央通に並行する旧川越街道は川越商店街が集まる繁華街、ここは早くからお店も開くので、初詣を兼ねた人々で混雑し活気がありました。
旧鏡山酒造の跡地に新しくできた川越観光物産館 [蔵里] は参詣の後に立ち寄る人もあるようで、福袋や破魔矢を持った人もちらほら。新しい川越の観光地です。
お天気に恵まれ2時間ほどで目的の松飾の写真を撮り、帰りましたが今年はあまり大きなものや見栄えのするものが少なくやや残念でした。いつの間にか松飾の写真撮りが私の恒例行事になっていますが、来年もぜひ元気に出かけられるよう頑張りたいと思います。平成25年1月2日  じんさん 記


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN