本文へスキップ

 

京都北野天満宮神社 駆け足の旅


 平成25年11月12日から17日にかけて、京都、呉、大阪と5泊6日の駆け足旅行でした、同窓会が2回、京都と呉であったほか舞鶴墓参や大阪の妹訪問など移動ばかりで、肝心の京都の紅葉はゆっくり見物できず、孫の進学祈念のお守りを頂きに北野天満宮にお参りと上賀茂神社を短時間参詣下のみの旅になりました、京都は紅葉は、毎年11月の17日過ぎくらいが見頃ですので今回は時期が早すぎたのですが、少し紅葉が始まった京都の両神社の様子を収めてきました。
   平成25年11月12日
  
  北野天満宮は2011年にも参詣していますのでお守りを頂くのが主目的と、前回見学できなかった、もみじ苑を拝観することにしました。
  二光門に向かう参道わきの牛神像、参拝者が撫でるので何時もぴかぴかの様ですね、私たちもあちこちと撫ぜてご利益を頂くことにしました。
   国宝社殿は菅原道真公が御祭神、霊験あらたか、参拝のあと孫たちの進学祈念のお守りを買う。
「孫どもよ、ありがたくお守りを受け取れ。」
   神社内にはもみじ苑、梅苑がありますが、時期的には春には梅苑、秋はもみじ苑が公開されています、初めてもみじ苑を訪ねました。入園料600円です。
  苑内には、史跡の御土居があります、史跡の中央部にある大欅には圧倒されます。この大欅あたりには樹齢の多い樹木が多く紅葉が緑樹の合間に鮮やかに眼に写ります。
  御土居は秀吉公が戦乱後の荒れた都の再建のために始めた土塁で、洛中洛外の境界また、水防のために築いた土塁「御土居」の一部が史跡に指定されているもの。


   御土居一帯にはおよそ250本、樹齢350年から400年の樹木があると、神社の由来にはありますが、そのうちのどれかは判りませんが紅葉した大樹のもみじ葉が緑樹の葉と入り混じって美しいコントラストを見せています。
   御土居内には紙屋川が流れています、細い川幅ですがかつて紙漉き場であったという小川、音もなくきれいな水が流れ、川に架かる鶯橋を眺める場所が見どころの一つでした。残念な事に紅葉ではなくまだ青いもみじでしたが、景観は一幅の絵の様です。
   紙屋川にかぶさるようにもみじの枝、色づけば絵になります。残念!
   紙漉きが昔行われた川 紙屋川に架かる鶯橋です。御土居の大欅の場所から坂を下り橋まで降りてみました。
  鮮やかな紅色の橋、これにもみじが色づけば素敵な絵になるのですが。
  紙屋川川べりに細い道があり川縁を一周できます。
   川辺の側路にはもみじが数本色づいて見えました。
   中でも大きな三又のもみじの横に説明板がありました。木は大きいのですがまだ紅葉には早く青々としていました、紅葉時期には特に目立つ木でしょう
  樹齢400年を超えるそうです。
  もみじ苑と梅苑の中間あたりにある茶店からは梅苑ともみじ苑の両方が見渡せるようです。
  茶店で休憩一服しました、入園料600円にはお茶と菓子がついてました、京和菓子の老舗老松の求肥状の餅菓子で大変美味でした、土産に買いました。
  茶店から梅苑が見えます、春の梅の頃は梅の香りが漂うのでしょう。機会があったらまた訪ねたいところです。
 終わり
 
 
   
   
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN