本文へスキップ

 

越生梅林梅まつり (平成25年3月)

 3月15日越生梅林の梅が見頃と聞いて、3年ぶりに出かけてみました、今年は開花が遅れ梅まつりは予定では3月20日まででいたが5日ほど延長と知り満開の梅に期待しました。
関東三大梅林の一つ越生梅林は起源が古く1400年頃、九州大宰府から菅原道真公の霊を分祀した時に梅園神社に植えられたのが始まりであると伝えられています。園内に600年前の古木を始め、巨大花弁の魁見驚梅や白加賀、越生野梅、寒紅梅など約1000本が植えられているそうですが、園内の梅は白梅が多く今が満開の様でした、所々に植えられている紅梅も咲きそろって、広大な梅園にひと際鮮やかさを競っていました。

 
天候も温暖で風もなく絶好のハイキング日和、越生梅園にもっとも近い駅は高崎線越生駅、駅から徒歩で3.8キロの徒歩コースを歩いている人が多くみられました。私たちは車で自宅から約40分ほどで到着。
  
 
農業用水として使われる越辺川の岸辺に梅の畑があり、越生では梅つくり農家が100軒ほどあるそうです、また観光用の越生梅園は数軒の農家の梅畑で、これを町が借り受けている観光梅園です。梅農家では梅干しや梅酒の生産が多く観光梅園もその生産用の梅畑となっており、どの樹も手入れがなされています。
越生の梅樹は園内だけではなく隣接の越辺川上下流域周辺にも多く植えられています。園内に200円の入場料を払って入りますが、梅林だけを楽しむならば近辺の梅の林を眺めるだけでも十分でしょう。ただし観光用ではないので畑の所有者に断る必要があります。
越生梅園の約1000本の梅の多くは白梅です、どの樹も手入れが行き届いておりちょうど見ごろの樹高で見物には最高です。
数百年の樹齢を保つ古木もしっかりと手入れがされており力強い樹勢を感じます。
紅梅と白梅のコラボレーション
 園内を走るミニ機関車 今年もカメラをむけてしまいました。
 
大人も楽しそうです。子供はどこに?
見物道には樹高が低いので枝に頭をぶっつけないよう付けられた注意用の赤い布がひらひらと枝にはためいていました。
梅祭りの期間中イベントが行われる舞台の前に歴史ある古木がどっしりとした存在感を見せています。明日のイベントは和太鼓とか、本日は無しで残念でした。
園内一画には福寿早園になっていますが、蕾が多く満開には少し早すぎたようです。
ひと際目立つ黄色い花の樹 サンシュウユと言うそうです。かなり大きな樹です。山茱萸(さんしゅゆ)/科名:ミズキ科/属名:ミズキ属
観光用に植えられているしだれ梅も数は少ないですが姿の良い樹が植えられていて、年々増やしているようで、数年前と比べると樹高も一段と成長しているように見えました
園内売店付近の若いしだれ梅
地元の園芸農家や愛好家の自慢の盆栽の梅鉢が展示されています、綺麗に咲いた盆栽の鉢を購入し大事そうにもって歩いている人も見かけました。
梅園真ん中に木造の見晴台があります、この台上から眺める周辺の景色は一見に値します。
遠く霞がかかったように山際に白い花が見えますが、山際の傾斜地形を利用した梅農家の梅畑。あたり一面薄いピンク色に染まって見えます。
観光園内西側の景色、山麓にも梅林が見え越生の梅生産の大きさが感じ取れます。ここは奥武蔵、山の向こうは秩父山系の峰に続きます。
地元農家では祭り期間中に梅干しのほか切り干し大根やフキノトウ、その他地産の穀物や梅の加工品を並べて観光客に販売しています。
土産屋さんでは試食もあり、ついついたくさんの買物をしてしまいますね。
買い物の済むまでご主人は梅花の下で一休みの態。
越辺川は黒山三滝を源流とするきれいな川で夏には水遊びの子供たちでにぎわう1級河川です、果樹農家には大切な水利で果樹生産には適していますが、越生の町にも過疎化がすすみ、梅畑を引き継ぐ後継者が少なくなっているという問題もあるそうです。
観光梅園を出て県道61号越生長沢線に出てすぐに造り酒屋[越生梅林]がありました、新酒と酒粕の看板がが目に入り立ち寄って贈り物の酒と、自宅用の酒粕を買って帰宅しました。温暖な陽光と風もない快適な梅見物の半日でした。
3月15日  じんさん
 
 
 



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN