本文へスキップ

 

世界最大の花を見る旅


 土屋行正氏は25年3月赤道直下のボルネオ島へ世界最大の花ラフレシアを見に旅行され現地の様子を写真と共に送って頂きました、大変珍しい世界最大の花や現地の様子など紹介します。 JINSAN
 
 3月3日から7日まで、世界最大の花と言われる「ラフレシア」を見るため、赤道直下の島、ボルネオ島のコタキナバルに行ってきました。ツアーの参加者は8名、そのうち男性は小生一人のみでした。添乗員と現地ガイドも女性で、旅行中の男性は、運転手と小生のみの旅でした。
ボルネオ島は、世界で三番目に大きな島で、日本の2倍の面積を持っています。この島は、マレーシアとインドネシアそれにブルネイの3か国に分かれています。インドネシアでは、カリマン島とも呼ばれています。
マレーシアの人口は2,500万人で、首都は、マレー半島のクアランプールで西マレーシアと呼ばれ、ボルネオ島は、東マレーシアと言われ、人口の20%が居住しています。
東マレーシアの北部は、サバ州で、サバは「天国の安心」と言う意味だそうです。
サバ州の州都はコタキナバルで、今回、この地に3連泊しました。
山崎朋子著の「サンダカン八番娼館」のサンダカンもこの州にありますが、今回は行きませんでした。

この州には、東南アジアで一番高い山、「キナバル山」(祖先の霊の山 4,095m)があります。富士山より300m以上も高い山ですが、赤道直下のため雪は降らず、年中登山が可能とのことです。頂上は溶岩でゴツゴツした形をしており、その姿は、人間の顔に似ていると言われています。
この山は、雲に覆われることが多く、全体の姿を見るのは難しとのことでした。今回、われわれは、幸いにもかなりの高度の展望台から、その姿をはっきり見ることが出来ました。
写真にも撮ることが出来ました。

キナバル山の麓は、熱帯雨林特有のジャングルで、山域はキナバル自然公園として、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されています。
世界最大の花と言われるラフレシアや食虫植物ウツボカズラの原生地であり、ランの原生地としても知られています。
この公園の近くには、日本軍によって掘り当てられた温泉もあり、そこから約30分程、樹のうっそうと茂るジャングルを登って行くと、空中散歩の出来る吊り橋がありました。地上41m、長さ158mのジャングルの中のつり橋で、大きなラワンの樹が中継地となっていました。そこを6人制限で一列になって歩きました。高所恐怖症気味の身にとって、歩くのがやっとで、とてもサルや鳥の気分になって、足下のジャングルを眺める心境にはなりませんでした。
世界最大の花と言われる「ラフレシア」の正式名は、「ラフレシア・アーノルディ」と言うのだそうです。花は最大90cmにも達し、ハエに花粉を運んでもらうため、独特の腐臭を発すると言われています。この植物は、ブドウ科の植物の根に寄生し、ここから直接花を咲かせるため、茎や根、葉はなく、地面に直接、茶色もしくはこげ茶色のつぼみを出します。つぼみは9か月かけて成長し開花し、7日程で枯れてしまうそうです。
季節のないこの地では、咲く時期も定まらず、特定の場所にしか生えないため、実際に見るのはなかなか難しいとのことでした。
今回は、ラフレシア保護センターと言う場所に行ったのですが、そこでは数個の小さなつぼみを見ることが出来たのみでした。
その後、観光中にある農家の所有地に咲いていると言う情報があり、一人900円相当の現地通貨を払い見ることが出来ました。
この地の平均月収は5万円とのことなので、急に7千円近い収入が入るのは、彼らにとっては喜ばしいことでしょう。道路からかなり入り込んだ山間地に、金網を張り、入口には鍵をかけて、簡単には入れないようになっていました。
茶色いのはつぼみで、ピンクのキャベツ状のものが明日あたりから咲き始めるというものです。咲いているのは、まだ完全ではありませんが、完全に咲いた様子を想像することはできました。花にあまり近寄れなかったので匂いはしませんでした。黒くなっている花は咲いて10日程経ったものだとのことでした。
マングローブジャングルを船で進むリバーサファリでは,沢山のテングザルに出会いました。カニクイザルやシルバーテールモンキー、ミズオオトカゲやワニにも出会いました。
夜にはホタルの群生を見ることも出来ました。この地では年中ホタルを見ることが出来そうです。今回の旅は、酷暑の中での観光でしたが、あまり疲れることもなく過ごすことが出来ました。食事も我々の口に合うもので、マンゴーも美味でした。
心残りは、サンダカンにも行き、オラウータンに会って来れば良かったなと思ったりしています。

我々の訪問直前には、訪問地の近くにフイリッピンのイスラム系武装勢力約200人が不法上陸し19人の死者が出る事件が発生していました。一種の領土問題のようでした。我々も車で移動中に武装警官の検問に出会いました。事件は収まり、特に問題はなかったようですが、国境を接する国の間には何かと問題があることを実感して帰ってきました。
 
 ボルネオ島は、世界で三番目に大きな島で、日本の2倍の面積を持っています。
 
 東南アジアで一番高い山、サバ州の「キナバル山」(祖先の霊の山 4,095m)
 
 世界最大の花と言われる「ラフレシア」の正式名は、「ラフレシア・アーノルディ」
 
 この植物は、ブドウ科の植物の根に寄生し、ここから直接花を咲かせるため、茎や根、葉はなく、地面に直接、茶色もしくはこげ茶色のつぼみを出します。つぼみは9か月かけて成長し開花し、7日程で枯れてしまうそうです。
 
 ラフレシア
 
 
 
 地上41m、長さ158mのジャングルの中のつり橋
 
 
 
 マングローブジャングルを船で進むリバーサファリ
 
 
 
 テングサルやシルバーテールモンキー等との出会い
 
 
 
 サバ州の州都コタキナバルでの夕景
 
          終わり       記事と写真  土屋行正






JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN