本文へスキップ

 

北海道旅行体験記(S・八木橋)

 千葉県鎌ケ谷市の住人 S・八木橋氏が5月15日から20日まで同窓会参加をかねて懐かしの北海道を友人とともに旅行、たくさんの写真と初夏の北海道の風景をおくってくれました、私も若いころには北海道を旅し広大な景色と多くの名所を訪ねた事があり、八木橋氏の投稿記事と写真に元気だった当時を思い出しました。皆様も一度は北海道に行かれた事と思います、当時の思い出と比べてご覧ください。  じんさん
 
ご無沙汰して居ります。
15日から20日まで天候に恵まれ、各地で桜を眺め最高の旅行でした。
中学校時代の同窓会にも参加出来、札幌では高校時代の友人と再会して来ました。旅行体験記にしましたのでご覧ください。
                     S・八木橋

          旅行者 丹沢健二、猪俣進、八木橋征二各氏
今回の旅行は同窓の友人丹沢氏の計画による旅行で天候に恵まれてすべて順調に行き、良い体験が出来ました。
旅行の計画はA案、B案の二通り有りましたが、函館コースのA案が良いと回答しA案で決まりました。
A案は1,2日と函館連泊、3日目は登別温泉、4日目芦別同窓会参加、5日目札幌にて高校時代の友人達と会食、6日目空港にて土産を購入し帰路につく計画です。
旅行先で撮った写真の一部を日程ごとに紹介してありますのでご覧ください、全て私(八木橋)が撮って来た写真です。

 1日目の写真は函館の五稜郭、レンガ倉庫、函館山、
  五稜郭 5月15日 1日目
旅の始まり
1日目(15日水曜日)曇り
羽田発13時40発(ANA863便)〜函館空港15時着予定より30分遅れ
滑走路が1本閉鎖中による遅れだった。
空港ではクラスメート丹沢,猪俣両氏が出迎えてくれた。
”””
レンターカーで五稜郭(A)へ直行、タワーに登り、公園を眺めると眼下は台湾の団体客で賑わっていた。
タワーを降り公園内をしばし散策した。
五稜郭の後、移動し函館レンガ倉庫の商店街を見て歩いたが目立つような物は無く、そこは地元若者の人達のデートコースのようだった。







その後、ホテルへ行きチェックイン、夕食はホテルの側に有る海光房と言う居酒屋へ行き、美味しい魚を満喫する。
(自分はホッケ、ホッキ貝、イカソーメンを食べた)
ホテルに帰り函館山が雲で見えないので明日登る事にして今日の行事は終了した。
ホテルの風呂は温泉付きと言っていたが、修理中の為時間制で男女が決められていた。明日の朝入る事で寝た。
     五稜郭の桜

五稜郭タワー
                 函館レンガ倉庫
 2日目の写真は函館山、トラピスト修道院、福島町の海底トンネル資料館、横綱資料館です 松前城の桜並木、上ノ国道の駅から見た海岸、江差のニシン御殿、夕日に写る函館の町、大沼公園から見る駒ヶ岳
長万部のカニ弁当屋です。 
  JR函館駅 5月16日 2日目
(16日木曜日)晴れ
朝5時に起床、最上階の温泉へ入る。
    
髭を剃ってすっきりして、部屋で着替えをし、朝食は朝市の丼を食べに行く。ウニ・イクラ丼の豪華な朝食を食べた、豪華な食事でお腹が驚いて居る事だろう。

朝食後、朝市商店街を見ながら各店舗の相場値と旬な魚を聞きながら歩く。今日は買い物せず、明日に買う予定の物に、目星を付けておいた。






9時にホテルを出発、北斗市のトラピスト修道院へ1時間位で着く、駐車場から入口までのだらだら坂を上り、入口へ着くと予約制で入場できず、入口に掲示していた写真を見て、駐車場へ戻り、売店へ入って修道院の様子を聞いたりして、次の目的地に向かう。





















































次の目的地福島町の海底トンネル資料館へは30分位で着く。

入場券は横綱資料館とセットだったので、一緒に購入しトンネル資料館に入る。
資料館の中に展示されている掘削装置はIHIの最新掘削装置だろうと思っていたが、資料館の映像を見て驚いた。なんでも最初最新機械は良かったが海底部に入ると役にたたず、結局人海戦術で掘削したそうだ。

青函トンネルの発案は大正時代12年から計画が進み、S29年の洞爺丸台風事故後本格的な工事が始まったようである。

S62年にトンネル開通、掘削工事途中増水対策で苦労した様子が映像で良く分かった。今は新幹線工事で頑張っているそうだ。こんなに便利になって行って大丈夫だろうかと心配する。
日々のメンテナンスも大変だと思う。


資料館後、続いて横綱資料館へ行く、想像していたより立派な建物で、
千代の富士を中心に展示していたが、千代の富士は国民栄誉賞を貰っていたとは知らなかった、
展示資料後半部分には千代の山コーナーが有り、時代の差を感じる展示だった。
資料館の前には駅の道があるがたいしたお店は無く、資料館の係に昼食を食べる処を尋ねると店の前に有るラーメン屋しかなく、この先も何も無いよと言われ、ラーメン屋へ入って昼食をとったが正直あまり美味しくなかった。












昼食を終え、松前城へ向かう。
松前城へは30分位で到着、城内は桜が満開でとても美しく感動的な景色に慰められた。
城内の資料館へ入って見たが4階まで全て階段だ、来月の山寺登りを想定して頑張って登る。
登りより下りが辛かったが手すりを使わず降りることが出来た。
入場者が少なかったせいでも有る。
桜を見ながら車に戻り、次の目的地江差の鰊御殿(横山家)へ向けて出発。
””””””






































































途中上ノ国町の道の駅でトイレタイムの休憩後江差町へ約1時間半の車中からの景色を楽しみながらの旅を続ける。










江差町へは1時間半で到着横山家見学。

鰊御殿横山家の中を見て回る。横山家は昔網本だったそうで、大勢の従業員を使って北前船と交易を続けていたそうで、横山家の人達は能登半島の輪島出身だそうだ。


江差港に開陽丸が停泊しているのを見たが江差見学も4時を過ぎていたのでお終いにして函館に引き返す事にした。







函館へは1時間半で戻り、そのまま函館山のロープウエイへ向かう。7分位で山頂へ着き、夕暮れの函館の町を眺める。
夜景の函館半島を眺めるためには暗くなるまでレストランで待っていれば良かったが、昨晩の居酒屋へ今日も行くよと言っていたので、やむを得ず6時を過ぎたので山を降りる。
居酒屋には約束の時間より30分以上も遅れて入った。
ここでは昨夜の焼酎の残りを飲みさらに、ホテルのサービス券でビール1杯をご馳走になる。二日も続けたのでチョット得した感じ。8時過ぎにはホテルに戻り、直ぐ寝た。
  駅から見る函館山
   トラピスト修道院
  同上
   修道院入り口

      青函トンネル工事業者銘板

横綱資料館
 

松前城の桜

松前城公園内

松前城と桜

同上

松前城大手門

城内桜

上ノ国町の道の駅より

鰊御殿横山家外観

夕暮れの函館山から

同上
3日目は登別クマ牧場、地獄谷、夕張の駅舎です。
最後は芦別です。 
 

大沼公園から見る駒ヶ岳
5月17日 3日目
3日目(17日金曜日)晴れ
朝6時半に起きた。5時に起きるつもりが寝過ぎた。朝温泉へ入らず、
着替えをして、7時集合までに出発の準備をして集合時間に間に合わせた。

出発前に朝市へ行き、違った店の丼を見ていたら、五食丼が有り、その店に決め入ってみた。
五食丼にはウニ・カニ・イクラ・サケ・イカが入って居て、これ以上豪華な食事は無いと言う位素晴らしい食事をしたが、値段も1500円と格安だった。昨日は1700円と連日豪華な食事でお腹が驚くだろう。

食事後家内へ銀ホッケを送り、函館の土産買いを済ませ、ホテルへ戻り、直ぐ次の目的地に向け出発。


目標地の大沼公園へは1時間の旅だった。
公園内の遊覧船で30分遊覧船の案内を聞きながら駒ヶ岳の勇壮な景色に感動する。
下船後駐車場にてコーヒーを飲んで休息をとり再び出発。

長万部へは1時間で着き、カニ弁当を食べられる処を料金所で聞き、市内を走って辿り着く。
かに飯本舗で、カニ弁当定食を食べ、次の登別温泉のクマ牧場へ向かう。








熊牧場には1時間位で到着、途中ガソリンを給油、クマ牧場の駐車場へ着き、クマ牧場の入場料を聞くと2500円と言われ、一瞬戸惑ったが、入る事にして駐車場へ止めた。駐車場は3時を過ぎていたせいか、空いていた。

ロープウエイで登って行き、降りると直ぐに小熊の檻が有る、子犬と同じ位可愛いクマ達だった。
続いて資料館へ入り熊の生態や冬眠の様子の資料を見て回る。資料館からはクッタラ湖が綺麗に見えた。


外へ出るとアイヌの生活を表現した住居が有り、民族衣装の貸衣装も有り、海外からの旅行客が大勢来ていた。
函館の五稜郭にも台湾人と見られる人達が大勢居たが北海道は海外の旅行客で潤っているようだ。

熊のショーを見て、クマ牧場の屋外展示場にて熊用の餌を購入し、熊にあげると頂戴をする熊や、愛想の良い熊が居る。
あっという間に餌が無くなり又購入してあげてしまった。
熊に癒されているようだなと思ったが、実際に遭遇したら逃げられない。檻の中だから見てられるけれど逆になったら恐ろしい状態になる。熊に癒されたが現実を想像するととんでもない事になる。
だからクマ牧場は山の上で人里離れた場所に作ってあるのかと思ったりした。熊に癒された見学になった。
   


今夜泊る宿は熊牧場の直ぐ側に有り、第一滝本館へ入りチェックインした。自分は小学校の修学旅行以来の宿泊だ。
浴衣に着替えて温泉へ入ると大きな大浴場で、男女の別れが有るだけで本当に広く、感動しながら入る。



旅館は本館、西館と有り、
部屋に戻るのに迷子になりそうだ、夜の食事はバイキング方式で食材は何時も泊る安宿より良い材料を使っている。久し振りに通常の旅館へ泊り、
野菜の多い食事が出来た。夜9時にはおとなしく就寝。
    

残雪の山々

長万部かに弁当屋
 登別クマ牧場、地獄谷、夕張の駅舎です。
最後は芦別です。

熊牧場の小熊

熊牧場から見るクッタラ湖

熊牧場アイヌ村

熊牧場ショウタイム

熊牧場ロープウエイ

登別温泉食堂
 登別温泉地獄谷 5月18日
4日目(18日土曜日)晴れ
朝5時に起きた。朝風呂へ入りに行き、髭剃りもしてさっぱりして着替えをした。
7時からの朝食に並んで、自分の好む食材を選んで食べる。どれも美味。食後のコーヒーは特に旨かった。




出発前に地獄谷を見学して9時半頃夕張へ向けて出発、途中トイレタイムを取り、夕張には11時前に着く、
夕張市内を10k以上走って夕張駅前へ着いた、カーナビの設定は夕張観光協会にしていたが駅舎と同じ建物だった。











駅前に屋台村が有り、屋台村のラーメンを食べる。
店の叔母さんと親しく会話。店の側に立派なホテルが有ったが、それも倒産した建物になっているという話。
店自慢の黒ラーメンを食べこれが実に美味い。

友人の志鎌さんより電話有り、芦別線は先日の大雨で不通になっていると聞かされ、急きょ観光協会へ問い合わせたところ、解除になったと知り安心する。



















芦別へ入り、三段滝で休憩。
雪解けの三段滝を眺め、前回は下まで見に行けなかったので、今回は是非とも下までと、水量が多く川の音が凄い中、足元を確かめながら案内通路の突端まで行き、写真を撮って来る。
これは自分なりに凄い進歩だと思う。



志鎌さんの案内で自分達が生活していた町へ着き、昔の炭鉱住宅跡を見ながら、当時の生活を思い出し懐かしく思う。「強者共の夢の跡」だなと思いにふける一時だった。

親父が務めていた三井鉱山の労務所が残って居た。頼城の商店街跡を見て、緑泉駅前で中土井先生の住宅を見、小沼さんの警察駐在所住宅も残って居た。胸にジンとくるものがあった。

その後、芦別市内へ向かい駅舎を見たのち、同窓会が行われる今夜の宿スターライトホテルへ向かう。

ホテルに着くや否や自分宛に届いている荷物を受け取り、着替えを今までの三日分と入れ替えて、自宅へ洗濯物を入れ替え送った。

土産用ピーナツは幹事さんへ渡す。ホテルには同級生が受付でいたが、顔が分からず、戸惑う。幹事の松本氏は三年前に有っているので知っているが、女性達は全然記憶がない。受付で名簿を頂き、部屋で見ても思い出せず困った。
女性達は前回会っていた人は、顔は知っているが名前が分からずこれは静かにしているしかないなと思った。

今回の同窓会は8回目で参加者は男子17名、女子12名だったが、中岡氏が体の調子が悪く急遽欠席となり、我々の部屋は三人部屋となった。

入浴後、記念写真を撮り宴会となった。
同じクラス(A組)の人は男子4名志鎌正和、藤下弘行、本多真吉、女子三名葛西弘子(旧姓宮原)、田中アイ子(旧姓阿部)、林ゆり子(旧姓天野)、合計7名。参加同級生合計29名と賑やかな宴会だった。

宴会料理では自分が食べられる食材が少ないので、早めに切り上げ、8時頃には失礼し、部屋に引き上げる。
10時過ぎに丹沢氏が部屋に戻って来たので、宴会は終わったのだなと判断し、就寝する。  
 同上

夕張黒ラーメン

夕張駅舎観光協会
 芦別は三段滝が有名ですが雪解け水で凄い音でした。
自分が卒業した小、中学校は廃校に成り、現在通信高校、大学に変わっていました。

芦別三段滝
 

芦別駅舎前
 5月19日
5日目(19日日曜日)晴れ
朝は5時半に起きた。朝風呂へ入り髭を剃って着替えをして、7時から朝食を食べ食後コーヒーを飲んで部屋へ戻り、帰る準備をする。

9時には昨日見て来たコースを又見に中学校へ行き、今の状態を見学して来る。
現在中学校は通信高校の星陵国際高校、小学校は星陵国際大学となっていた。
頼城の街並み跡を見て解散し、札幌へ向かう。
この旅行中連日晴天続きで天候に感謝、感謝だ。
芦別も桜が咲き、連日桜を眺めながらの旅行だった。

昼食に岩見沢のSAでラーメンを食べ昼食のラーメンは二日目の福島町、4日目夕張、5日目の岩見沢と三食食べた。

1時頃にパークホテルへ着き、チェクインし夕方まで自由行動とした。自分は部屋で昼寝をして4時過ぎに目が覚め、本を読み始める、永遠のゼロは佳境に入り、夢中で読んでいたら、予定の時間になり、丹沢氏へ連絡を取り、一緒に会場へ行くことにした。

6時東急プラザ2F海の音へタクシーで行き店へ行くと佐々木氏が来ていた。今日は何人集まるかは知らないけれど、楽しいメンバーと会えることを期待していた。集まったメンバーは幹事の佐々木氏、青山氏、長瀬氏、奥村氏と自分達3名の7名だった。幹事は昨日一緒だったから今回は欠席、安部氏は奥さんの実家の法事で長野へ出掛けているそうだ。皆で昔話に花が咲き、大いに笑った。2時間後店を出て佐々木氏の馴染みの店へ行き、飲んで来た。奥村氏だけがカラオケを歌っていた。
10時半に皆汽車の都合が有るのでお開きにしてホテルへ戻る。自分は直ぐ寝たが、たのしいクラス会別会だった。

芦別駅舎

同窓会会場

頼城中学校記念碑
6日目(20日月曜日)雨
5時に起きた。シャワーを浴び、髭を剃り、帰る準備をしていた。外は朝から雨、寒そうだ、天気予報を見ると朝だけ雨、その後曇りとなっていたが気温は最高でも16度となっていた、この雨ではそんなに上がらないと予測し、今回初めてベストを着て行くことにした。

朝食は7時。朝食後9時半出発まで部屋でゆっくり過ごし持参の本を読み続けた。9時半にチェックアウトして精算、ホテルは予定していたより安かった。
空港へ向け出発、1時間後にレンタル会社へ着き精算をする、三人で割勘にしたら一人2万円で済んだ。
空港へ11時に着き、12時集合で解散し、土産物を探しに新しくなった空港の商店街を見に行き、
何件か土産物を送り、商店街を覚える様に見て歩いた。
12時になり指定の場所へ集合、昼食を摂りにラーメン道場へ行き、前回と同じ次郎長店へ入り醤油ラーメンを食べる。これでラーメンは4食も食べた事になる。

搭乗時間まで時間が有るので、喫茶コーナーへ行き、コーヒーを頼み本を読んで過ごす。30分前に荷物検査を受け出発ゲート前で待機。予定の15時20分発便で帰途についた。

 所感:
今回の旅行では自分も考えさせられるような思いをした。たとえば夕張は自然に恵まれているが、夕張メロンで差別化を図っているが、駅前の立派なホテルは倒産している。芦別は温泉が有るせいか、OB会や同窓会で集まる場所が有る。これは自然の恵みでもあるが、夕張も無駄な公共工事で失敗しているのに何故温泉見たいな年寄りが喜ぶような施設を作らなかったのだろうか。そうすれば違った展開になっていただろうと思う。
同じ炭鉱出身者では有るが皆の集まる場所の無い処と有る処の差を感じた旅行だった。やはり強者共の夢の跡だ。    終わり       S・八木橋  記 
 追記 参考
(A)五稜郭:1854年3月日米和親条約締結により函館開港、函館奉行設置
    黒船による開港、1868年五稜郭設置10月旧幕府軍占拠
    1869年5月新政府軍と交戦し、幕府軍降伏1914年公園として開放公園面積251千u(東京ドームの約5倍)
青函トンネル工事
1961年(S36.3.23)吉岡で斜坑掘削工事開始
1967年(s34.3.24)先進導坑の掘削
1971年(s46.11.27)本坑起工式
1985年(S60.3.10)本坑貫通
1988年(S63.3.13)営業開始
トンネル全長53.85km
大正時代からトンネル希望計画有り、朝鮮戦争による浮流地雷等が有り、
1954年(s29.9.26)洞爺丸台風にて東西ルートの検討後
水深が浅い西方が選ばれた。

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN