本文へスキップ

 

気仙沼マラソン応援の巻

 千葉県鎌ケ谷市の住人 S・八木橋氏がこの4月21日、気仙沼で行われた復興イベント気仙沼復興記念マラソン大会に参加の友人の応援に気仙沼に旅行し現地の状況の一部を送ってくれました、私は被災後の現地を知りませんが、昔の気仙沼の景色を思うと送ってくれた写真が信じられない気がします。東北に一刻も早く復興の日が来ることを祈ります。  じんさん
 
平成25年4月21日 3年ぶりに復活した気仙沼マラソンに友人が出場すると聞き、昔自分も一緒に走った事がある気仙沼マラソン、今回は復興記念レースと言うことで、3年ぶりに復活、さらに友人が30回連続出場記念表彰が有るというので、是が非でも応援にと、4月20日から22日まで2泊3日の旅をしてきました、折り悪くマラソンは雪の中の過酷なレースとなりましたが、わが友人やマラソン参加者に熱い声援を送って来ました。2泊3日の旅中に、震災復興中の現地の様子も写真に収めて来ましたので紹介します。   千葉県鎌ケ谷市  S・八木橋 
開始前に行われた友人の30回連続出場記念表彰式の様子
 
4月21日 復興記念 マラソンは雪の中のレースになり、雨は予想していたが、雪まで降るとは知らず傘も無く、ずぶ濡れの散々の状態で、寒さに震えながらの応援でしたが参加者や応援の皆さんと一緒になって最後まで熱い声援を送ったマラソン大会でした。 30回連続記録の友人と記念写真。
 
マラソン終了後、船に乗船するまでに30分待たされ寒さと空腹で大変でしたがやっと船に乗って暖房の暖かさに救われました。しかし気仙沼港に着いたあたりには何もなくなっていて、復興商店街のプレハブが有るだけで津波震災の現状に心が痛みました。人通りも少なく何か不安な感じもしましたが、 高台の小学校へ登って車にたどり着いた時はホットし一安心した気分でした。
 
  気仙沼港付近に津波で打ち上げられた船を見て、津波の大きさと自然の力の強大さに改めてそのすごさを感じながら今夜の宿、南三陸町のホテルに向かいました。 津波で打ち上げられた漁船、テレビで度々放送されました船です。
 
 昔から知っている気仙沼港付近の村田水産KKの津波災害の状況はこの通り当時の惨状を残しています。
 
 完全に復興したとは言えないが、ようやく生産販売の再開に向けた動きが感じられる、わかめ業者村田水産の状況です。
 
 三陸鉄道の陸橋の橋脚が流された跡
 
 志津川町の防災センター跡
 
 雄勝町大川小学校の現状
 
 南三陸町の現状
 
今回の旅の初日の宿は小さい部屋で布団は重く、寝付き悪く夜中に幾度も津波の夢を見て目を覚しました。初日に見た、気仙沼の現状が脳裏を巡り、強烈な印象が消えなかったためと思います。
2日目のホテル観洋は10階建ての立派なホテル、温泉も素敵で夕食は豪華にアワビが出る有様、つい喜んで飲みすぎました。 (+o+)反省
翌朝は朝ぶろを頂き朝食のバイキングで元気を回復、午前から始まる津波体験ツアーに参加、大変貴重な経験と災害に対する認識を新たにした旅を締めくくりました。  皆様も機会を見てぜひ現地を尋ね、応援をしてください。
千葉県 鎌ケ谷市 住人  S・八木橋 
2013/4/22
 


































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN