本文へスキップ

 

京都上賀茂神社 駆け足の旅


 恒例の京都里帰り旅行の11月13日、当日は同窓会が午後から予定されていたため午前を利用し、2年前に京都を訪れた際に行けなかった上賀茂神社へ向かいました。上賀茂神社は糺の森のある下賀茂神社とともに京都の3大祭りの一つ、葵祭が行われることで有名ですが、私は若年時京都居住中に上賀茂神社には一度も行った事がなく、心残りの場所でした。洛北にあった中学校に在学中下賀茂神社は度々散歩や学校の授業の写生など訪れましたが上賀茂神社は自宅からは遠くなかなか行けなかった気がします、今回短時間でしたが参詣できたので思いを遂げた感じです。あいにく雨が予想される天気でしたので、晴れ間を期待しながらの一人旅でした。
   平成25年11月13日
  
  賀茂建角身命が氏神の上賀茂神社へは京都駅から京バス9号線で直通が便利、この路線は京都市内の網目の様な細い小路を縫うようにに走り、町屋の家並みを覗くようにして止まる停留所や洛北に近づくにつれて広がる畑に青々としたスグキや京菜の畑を見ることができる楽しいバス路線です。上賀茂神社前に到着すると目の前が上賀茂神社の一の鳥居です。
  上賀茂は古代豪族。賀茂氏の本拠地、辺りは鬱蒼として京都最古の神社の深厳な雰囲気が漂う所です。
  上賀茂神社も下賀茂神社も創建年代が明らかではないそうだが神武天皇の時代に賀茂別雷大神が降臨する事が山城国風土記にある。話は玉依比売命の賀茂川に流れる丹塗り矢のややこしい話につながる。とにかく父神の賀茂建角命の孫の御子が昇天し別雷大神になったという由来は謡曲にもその故事が伝わっているので興味深々。
  一の鳥居を潜ると遥か彼方に二の鳥居が見える、かなり遠い、カメラと肩掛けカバンが重く感じる。想像よりも本殿までの空所が広く樹木が無くて少し拍子抜け、この広がりはなんだろう?。ふと浮かんだのが、葵祭のあの大行列のこと、あの多数の行列を収容するのはここしかない。直距離190メートルの参道を囲む広場は競馬会(くらべうま)や多くの祭事が行われる神社にはなくてはならないものの広さではある。
  荘厳さに少し欠ける感じがしないでもない七五三詣での赤い祀旗がはためいていて気になるが、後方の杜の深さに期待しよう。コスモスの植え込みがひと際目立っていた。
  広場の右に外幣殿1623年建立
用途は下の案内板のとおり、野外で行われる諸行事の観覧席や、帝の一時休憩所として使われたのでしょう。地面との高低差がなく帝と平民の目線がほぼ水平平等になるのは我が国の神社の特徴ではないかと思うのですがね。
 
  二の鳥居まで来ると平成27年に式年遷宮の看板あり。
伊勢神宮の式年遷宮が今年行われたが2年後にはこの式年遷宮見物できるかなと思いながら鳥居をくぐり境内に入る、正面に社が横に構えていて奥の本殿は見えない。
  社は細殿と言い斎王が烏相撲の祭事等に陪席する建物。
細殿前に二つの立砂が見えた、上賀茂神社の特徴がこの立砂と思っていたので、想像していたほど荘厳厳粛感が感じられなかったので意外に思う。
  細殿は行幸時に斎王が到着する場所。もっと奥まった所にあるのではと思っていたが細殿の建物は二の鳥居のある境内の広場に面して門戸を開いているような解放感があり意外に感じる。平民がちょっと覗けるような大らかさがあったのではないだろうか。
   細殿前の二山の立砂は砂目がきれいに付けられて均されていて神の憑代らしさが伝わってくる。立砂の大きさは銀閣寺の向月台よりも小さいが神山をかたどった円錐状の立砂は天を指す鋭い矛先を感じさせる。憑代は皆鋭い頂点を持っている様だ。
   
  細殿の左を回って本殿に向かう折に時雨れ模様となった。傘を広げて本殿前の楼門に雨宿りする。丁度その時神官の列が傘をさして権殿から出て玉橋を渡って行くのが見えた。
神官の差しているいる和傘と赤い服が一瞬絵のように見えた。
  神官行列の行事は不明だが神社内には数多くの支社神社が存在するので、それぞれ祀りごとを日課的に行うのだろうと推察。服の色が緑の神官の傘が洋傘?赤神官より位が低いのか・それとも逆かな?
  本殿と権殿の正面入り口はすでに式年遷宮の工事が実施されているらしく工事用鉄骨柱が立っていて、入場できそうにもなかった。
  権殿上から楼門を見る。楼門は重文、権殿本殿は国宝。本殿階段の上からカメラを向けたが、少し不敬だったと反省。
  しばらく雨宿りをしていると、神官が帰ってきた。やはり何らかの祭祀を終え本殿に報告に戻る一連の出来事だったようで、初めて見る光景だ。
  本殿を囲む東側の新宮門は立ち入り禁止、本殿内には新宮神社を始め山尾社など24弊社支社が祀られてあるそうで、奥が深く半日ではとても見て回れそうもない広大な神社であるのは実感できた。
行列の神官とは別の神官が介添えを連れて摂社支社に向かう様子、祭祀行為は神に仕える者の日誌点検的な作業と言ったら叱られそうである。
  須波神社に祭祀参詣する神官
  5柱1座を祀る須波摂社も遷宮工事の公示が表示されている。式年遷宮の工事は大工事の様である。お賽銭の箱がなんとなく侘しい。
   小さい割には片山御子神社は位が高い
   紫式部も参詣したという、片山御子神社は24社ある中でも第1に位される別格神社で別雷命を降臨させた玉依賣命を祀っている由緒ある支社。縁起には紫式部も詣でたという。このあたりの景観はさすが歴史を感じさせる。
   紫式部の歌碑は小さな小川御物忌川のそばに。
  歌詞
ほととぎす声まつほどに片岡の杜がしずくに立やぬれまし・・・・   読み取れないほど薄れていた。
  橋殿を望む唯一紅葉の景観
  御手洗川と御物忌川が合流し、ならの小川と名を変える橋殿辺りが絵になる所らしく、プロのカメラマンが撮影していた。邪魔にならないようにカメラを向けたが残念ながらわが腕ではパワースポットのような神域感は出なかった。
  ならの小川に架かる橋
  京都駅から乗車したバスが上賀茂に近づくにつれて野菜畑が散見される、中でも成長した収穫まじかのスグキの畑が多く見られた。京野菜のスグキは名物、境内には、「京の上賀茂すぐき倶楽部」の名前で神社へのお供えに酒樽ならぬ、スグキの樽が展示されていた、この地方の京都らしいお供えだ。
   七五三詣での親子連れが散見される。上賀茂神社は京都市民の守り神でもあり憩いの場所でもあろう。
  本殿参詣を終えて細殿に戻るころには時雨も止み青空となった。最初に細殿を見たときの印象は軽かった感じだったが、境内の多くの構造物や景観を見た後の印象は下賀茂神社と同様な荘厳さ、厳粛さを認識させられた気がする。
  二の鳥居を振り返り参道を眺め、改めて上賀茂神社は参道広場と神社内域の空間の明と暗、広大さと稠密さの構図がはっきりとしていると感じた。
   神社前のバス停からの景観を眺めながら京都駅行きの京都市営バスを待つ。どうやらここが一番紅葉が綺麗名場所の様だ。
今回単に一瞥しただけの短時間参詣だったが、心残りだった上賀茂神社の参詣を済ませ、ちょっぴり満足感を味わった気がする駆け足参詣だった。
終わり   









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN