本文へスキップ

 

川越菊祭り2013


 今年も菊の季節が巡ってきました。毎年11月1日か2日には喜多院の菊祭りを見に出かけるのですが、今年は少し遅れて11月5日に出かけてきました。喜多院は天気も良く寒くなくお出かけには丁度良い日、団体のご老人集団や七五三参りの家族連れなどでにぎわっていました。菊の展示は今年はやや少なく感じられましたが、やはり毎年丹精を込めた立派な菊が拝見できました。何時もながら菊育ての人たちの苦労がしのばれます。
  
   川越喜多院は毎年11月には境内で菊祭りがおこなわれています。この時期は紅葉の時期、また七五三参りの時期でもあり結構人出も多くなります。境内内の春日局館の見学者も散見されました。
   菊花展正面入り口、展示場は毎年同じ場所に仮設されてます。
   会場中央には例年話題の主題を表現した菊人形が飾られます、今年は宝船でした。
   右側展示は盆栽菊の場所、毎年菊の盆栽が飾られ、その造りの見事さには感心するばかりです。
  会場右側に 続いて、だるま造りの菊の展示場です、背丈の低い3本仕立ての力作が並びます。
   なんといっても圧巻は千本仕立ての傘菊、一本から数百の花が見事に咲かせています。
   管物の菊の千本つくり傘菊
   管物の菊は長い管状の花弁が花火のように絢爛豪華に見えて大好きです。
   色違いの管物
   いづれも3本仕立ての背の高い菊の造り
   各種類の菊鉢の中でも特に優秀とされたものを展示してそれぞれ賞を受けたのが特別に展示されています。
   小江戸の華という花壇の造りも、見ごたえありました。
   今年はなんといっても富士山のようです。
   富士山の頂上が白菊でないのが残念ですが、よくできてます。
   3本仕立てのほかに7本仕立ての菊鉢もあります。
  立体状の 懸崖の大きさにびっくりしますね。
   本当の懸崖の形です、作者には作る場所のスペースが問題でしょうね?
   中学生などの子供の作品も多く展示されてます。
   管物の中でもでもこれは少し管が太い造りの菊
   
   
   厚弁の菊もまた豪華です。・
   白い菊は高貴な感じの花ですが、映し方が悪く、中華饅頭のように見えちゃいました。
   
   当日は晴天気温も程よい暖かさで境内にはお年寄りの方が多く売店の椅子や境内のベンチに座ってお弁当やお団子を食べたりののんびりとした風景でした。
   私たちもベンチで休憩、ちょっと目についた食べ物につられて小腹に補給して、帰路につきました。
   
   
   
   


































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN