本文へスキップ

 

むつ市ねぶた祭り2013


 下北半島の夏は華やかなねぶた祭りで沸き立ちます、青森市や八戸、五所川原、など巨大なねぶたや立佞武多が一般的に知られていますが、下北半島むつ市のねぶたもこれに負けずに多くのネブタが作られ祭りを盛り上げています。このネブタの製作に参加して、制作過程を記録している、大湊の藤本氏から日報的に送って頂いた、画像と記事を、制作過程に従ってまとめてみました。ねぶたの製作は大変な労力と時間が必要なことがよくわかります、ネブタ製作は5月に始まり8月の祭りまで延々続きます。
以下の写真で、ねぶたつくりの様子と合わせてむつ市のねぶた祭りをご覧下さい。平成19年の寄画記帳にもネブタの出来るまでのページがありますので合わせてご覧ください
尚以下の記事は藤本氏の記事を元に要約してあります 
    編集者:JINSAN
  

  5月15日 ねぶた製作開始
南方酷暑・北方大寒のこの異常天気はいつまで続くものやら・・・全く困ったものです。
 さて、寒暖に関係なく月日は進み、当地では夏の大イベント大湊ねぶた祭りに向け、ねぶた製作作業が始まりました。
 当町内では11日、3月下旬並みに冷え込む中、式場ではストーブを焚いて恒例「柱たて式」を挙行、13、14日に骨組みに使用する針金伸ばし(細工し易いように真っ直ぐにし4m程の長さに切り揃える)を実施、昨15日夜から製作作業に取り掛かりました。
 夜は気温8度と冷え込む中、冬ジャンバーに身を固め、ストーブの世話になりながら、約2ヶ月半余の長期にわたる製作作業に入りました。 
平成25年度浜町ねぶた絵
 ネブタはこのねぶた絵から基本設計が起こされる大事な絵です、これを書く人は町内で限られています。
 
 
ねぶた解説 金時と酒呑童子
ご存じ坂田の金時と酒呑童子

 平安時代の中期、一条天皇のころ(986〜1011)洛中洛外で鬼たちに人々が誘拐され、時の帝は鬼たちの頭、酒呑童子退治の命を源頼光に下した。
 頼光は部下の四天王と呼ばれる渡邊綱・坂田公(金)時・碓井貞光・卜部季武、および平井(藤原)保昌とともに神変鬼毒酒という神酒を持ち、山伏姿で敵の本拠地、大江山に向かい、鬼たちを酔わせ酒呑童子を退治した。
 このねぶたは、酒呑童子と戦う四天王の一人、坂田公時(坂田公時は「足柄山の金太郎」として有名。)である。
5月11日柱建て式で骨組み柱に釘打ちをする町内会長と製作責任者
 
 ねぶた製作と安全運行を祈願して厄払い
 
 ねぶた製作開始
 
 酒呑童子の左手のひら部
 
 金時の胴体動体背面 
 
 金時の左脚部 
 
 6月6日 製作は順調。  酒呑童子左手のひら
 
 金時の胴体後部
 
 金時の左腕部
 
 後部[見送り]ネブタ山車の後ろ姿の見せ所
 
 酒呑童子の顔
 
 骨格つくり作業終了   金時の斜め後方よりの形
 
  6月20日   
 ねぶた製作の方は極めて順調に進捗し、酒呑童子の顔を除き組み立てが完了し紙貼りに掛かりました。
本体紙張り開始
 
 酒呑童子の顔組み立て中
 
 後部(見送り)紙張り開始
 
 
 7月11日   猛暑お見舞い申しあげます。
 
当地では目下梅雨空が続いておりますが相変わらずの少雨傾向で時々霧雨が降る程度、平年より3、4度高めの気温が続き、8日の28.7度がこれまでの最高でまだ真夏日を示したことはなく、其方に比べれば凌ぎ易い日々が続いています。
 ねぶた製作の方は順調に進捗し、顔を残して紙貼りは終了し、明日から蝋入れ及び色付け作業に入ります。
ねぶた本体左方より
 酒呑童子の顔
 
 酒呑童子の左掌
 
 右方から
 
 金時の顔
 
 
  7月27日 ねぶた完成まじか
22日以来梅雨模様の天候続きなるも、当地の総降雨量はやっと40ミリと相変わらずの少雨傾向が続いてますが、東北南部のように大雨で被害が出るよりはマシと思っています。
 7月も残り少なくなり、ネブタ祭りも目前に迫ってきましたが、当町内のネブタ作りはペースが落ちて遅れ気味となり色塗り完了一歩前といったところ、明日曜日は休みの日ですが朝から出てやらなければならない状況です。
 
右斜めから
 左側
 
 酒呑童子
 
 金時
 
 8月1日 すべり込みセーフ
今夕滑り込みセーフでネブタが完成しました。
例年どおり明日、各町内運行後大平岸壁(ドーム脇)に集合し出陣式
・花火大会参加、3日は合同運行一日目で宇田から浜町まで、4日は
運動公園に集合、お祭り広場行事催行後山田町に進出、大湊新町
まで合同運行という日程になっています。
 

   大湊浜町 藤本 智
 屋外に出し発電機を搭載し通電テスト中のネブタ写真
        金時と酒呑童子 正面
 
 右方
 
 左方
 
 後方
 
 8月7日 涼しいねぶた祭り (初めての真夏日 29度)

今日は当地も初めて夏らしく朝から気温がぐんぐん上昇し現在29度、どうやら今夏初の真夏日になりそうです。

 ネブタ祭りは前二日間はヤマセ型なるも晴天となり清々しい天候の下、最終三日目は朝から釜臥山はお冠で麓まで雲に隠れ、心配したのですが、幸い徐々に回復し、午後には晴間も出始めて夕方にはすっかり好天となり、例年どおりの日程で順調に終了しました。
 
 第1日目   出陣式後方はAMS(すおう)花火会場の大平岸壁
 
 会場に落ち着いた浜町ねぶた
大湊浜町のねぶた 私藤本の町内のねぶたです
 
 一斉に点灯した各町ねぶた
 
 花火大会
 
 協賛イルミネーションした沖合碇泊のDD(まきなみ)
 
 2日目(合同運行1日目)町内を運行する浜町ねぶた
 
 第3日目[合同運行2日目)運動公園を出発する先導車につづくミスおしまこ
 
 最優秀作に選ばれた大湊上町ねぶた(5年連続)
 
 下北むつ市大湊ねぶた開幕記事
 
 平成25年大湊ネブタ写真集
 昨日のネブタ解体作業を以て町内会のネブタ関連事業は完了しましたが、記録係りの小生には記録ビデオ編集の大作業が残っておりまだまだネブタは終りません、特に期限は無いので余暇をみてのんびりやりたいところですが、待っている人もあるのでそうもいかないのが辛いところです。

遅くなりましたが、整理出来ましたので各団体のネブタ写真を送ります。
 昼ネブタは運行最終日のネブタ審査発表後、受賞額を掲げたところを撮影したものです。
これまで審査対象外だった海上自衛隊は今年から審査対象とされ「むつ市長賞」、最も出来の良い最優秀作ネブタには、大湊上町が5年連続で受賞しました。

以下の写真は出展団体名、ネブタ題名(読み方)です
   夜のねぶたは昼のねぶたをマウスオンで出ます。
 1 旭町町内会   山幸彦海中に入る(やまさちひこかいちゅうにはいる)
 
 2 山田町町内会   羅生門(らしょうもん)
 
 3 大平町町内会   素戔鳴(すさのおう)
 
 4 大湊新町町内会 鏡獅子(かがみじし)
 
 5 大湊浜町町内会 大江山 公時と酒呑童子(おおえやま きんときとしゅてんどうじ)
 
 6 大湊上町町内会 稲生物怪録(いのうもののけろく)
 
 7 川守町町内会  項羽の馬投げ(こううのうまなげ)
 
 8 宇田町町内会  矢の根八幡(やのねはちまん)
 
 9 桜木町町内会  浪漫海峡鮪一本釣り(ろまんかいきょうまぐろいっぽんづり)
 
 10 城ケ沢佞武多実行委員会 山幸彦と海幸彦(やまさちひことうみさちひこ)
 
 11 海上自衛隊ネブタ祭り実行委員会 宇治川の先陣争い(うじがわのせんじんあらそい)
 
 12 むつ市職員互助会 碇知盛(いかりとももり)
 
 
 
 
 

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN