本文へスキップ

 

富岡製糸場見学記


 9月19日秋晴れの好天気に久方ぶりに車を走らせ、かねてから気にかけていた群馬県富岡の世界遺産登録候補の製糸場を見学する事にしました。川越から約1時間程の高齢者には手ごろの距離。往復177qの日帰りコースです。
富岡製糸場はどのような歴史と経緯があるのか一知半解なので少し勉強と思った次第。

群馬、埼玉地方の江戸時代からの農業は、野菜等食物生産のみではなく特に蚕産、製糸、絹のの生産が盛んに行われていたことが知られています、明治5年の製糸工場設立の背景にはこのような地方の特色があったのです、さらに明治17年の秩父事件が発生したころには官営の製糸場をまねて地方農家でも手作りの製糸機によって絹の生産が盛んだった記録があります。日本最大の富岡製糸場の絹糸の生産がもたらしたものは明治時代の経済政策、政治背景、自由民権運動や秩父事件にも大きな影響をもたらしたのではと思います。フランス人技術指導者ブリュナが明治8年に帰国した後も、明治政府は日本人独自の技術革新を進め世界一品質の良い絹生糸を生産し貿易輸出の主役品目としたのです。昭和62年の操業停止までの115年の歴史を考察しながら見学するのも宜しいでしょう。  jinsan 記
  
関越経由上信越 富岡インターから10分ほどで富岡市内に入り製糸場近くの有料PAから徒歩5分、城前通りの突き当りが製糸場です。駐車料金は1時間300円 製糸場付近は静かな街並みです。人通りの少ない城町通りを製糸場に向かいます。
 
 製糸場正面には見学者が集っていました。
 
 正門入り口ではガイドさんが待ち構えていて、個人の見学者を15名くらいの団体に纏めて案内してくれます。しばらく人数が集るまで待たされました。
 
明治5年の操業開始から115年間操業を続けた製糸場は昭和62年(1987)に操業停止 するまで一貫して生糸の生産がおこなわれ停止後も現状は保存され、平成17年7月国指定史跡になりました。
明治維新を迎えたばかりの政府は殖産興業政策を掲げ輸出品の要の生糸の品質改良と大量生産を目的に製造工場を導入、日本の工業化の先駆けとしたのです。
 
 当時の工場立地の条件は 養蚕が盛んで、原料の繭が確保できる、土地が広い、外国人に対する住民の理解がある、水利が良い、燃料の石炭が高崎から採取できる、などの条件が満たされたのです。
 
 
正面入り口左側の券売所で入場料大人300円、パンフレットを受け取り中へ、この券売所は旧検査人館の一部を利用 したものです。券売所の入り口を通り東繭倉庫の前に集まりガイドの説明を聞きます。かなり年配の男性ガイドさんの説明は大変詳しく丁寧でしたが声が小さく拡声器無しのため聞き取れませんでした、やむなくパンフレットを懸命に精読しました。
 
 東繭倉庫入り口
 
 ひがしまゆそう二
東繭倉庫
【1階内部一部見学可】
明治5年(1872)建築
長さ104.4m 幅12.3m
高さ14.8m
1階は事務所・作業場などとして使い、2階に乾燥させた繭を貯蔵しました 建物の構造は、木材の骨組みの間に煉瓦を積み上げ工法「木骨煉瓦造」が使われました。使用された煉瓦は、日本の瓦職人が甘楽町福島に窯を築いて作りました。目地には下仁田町の青倉、栗山産の石灰で作られた漆喰を使いました。また、礎石には甘楽町小幡から切り出された砂岩が使われました。
東繭倉庫入口開口部上 明治5年の碑が歴史を物語っているようです。 
 
 東繭倉庫表側
 倉庫壁は木骨煉瓦造り構造の特徴が良く判ります。
木骨煉瓦造りの木部は長野からの木材を使っているとの説明がありました。長野の名産品には木曽路の木曽ヒノキがありますね。
 
 東繭倉庫の真向いの検査人館案内板
 
  検査人館
【外観見学のみ】
明治6年(1873)建築
 生糸の検査などを担当したフランス人男性技術者の住居として建設されました。 後に改修され、現在は事務所として使用されています。 2階には、皇族や政府の役人が訪れた際に使用された「貴賓室」が、大理石製のマントルピースを備えた形で、ほぼ当時の状態で残されています。
東繭倉庫の正面にある 検査人館 一部券売所に利用されている。 
 
 検査人館に隣接の女工館
 
 女工館
【外観見学のみ】
明治6年(1873)建築
 日本人工女に、器械による糸取の技術を教えるために雇われたフランス人女教師の住居として建設されました。 ベランダの天井には板が格子状に組まれ、当時の日本建築にはない特徴が見られるそうです。
 
 生き血を採られる?
当時の女工募集に際し、フランス人が飲むワインを血と思い込んだ為、富岡製糸場に入ると外国人に生き血を採られるというデマが広がったとか。当初は女工募集に難儀したという事です。
 
そうしじょう
繰糸場
【1階内部一部見学可】
明治5年(1872)建築
長さ140.4m 幅12.3m
高さ12.1m
 繰糸場は、繭から生糸を取る作業が行われていた場所でした創業当初はフランス式の繰糸器300釜が設置された世界最大規模の製糸工場でした。
 繰糸場入り口
 
正面の屋根の上には繭玉型の擬宝珠瓦が 見えます
 
         繰糸場内部 柱のないのが特徴
建物設計には、設計図のメートルを寸、尺に直して日本古来の仕様で作業したと説明がありました。
 
 小屋組には「トラス構造」という従来の日本にない建築工法を用いています。そのため、建物内部には柱のない広い空間が保たれています。さらに採光のための多くのガラス窓や、屋根の上に蒸気抜きの越屋根が取り付けられました。現在は、昭和40年代以降に設置された自動繰糸機が保存されています。
 
 女工さん達の作業は着物姿かな思っていましたが、展示してある古い記録写真を見ると、女工さんは総員制服を着て作業しているのに感心しました。
 
 展示物の製糸機の構造は複雑なもので、どのような動きをするのか見ただけではわかりませんがビデオの記録を放映していますのでそれで概要がつかめます。大変繊細な動きをする採糸機には驚きました。動力は蒸気機関です。
 
 製糸場の就業環境は女工哀話に聞かれるような悲惨なものとはまったく違い、医療施設や教育まで行っていた近代的な工場経営だったようです。
 
 (株)富岡製糸場の片倉社は昭和13年に富岡製糸所として独立しましたが明治時代からすでに診療所まで作っていたことに感心します。
 
 フランス人技術指導者ブリュナの屋敷
 
 ブリュナ舘
【外観見学のみ】  
明治6年(1873)建築
建坪320坪(約1,056u)
 指導者として雇われたフランス人ポール・ブリュナが家族と暮らしていた住居です。
 後に建物は、寄宿舎や工女に読み書きや和裁などを教える夜学校として利用されました。これは、企業内教育の先駆けといえます。 建物は木骨煉瓦造で達てられ、高床で回廊風のベランダをもつ風通しの良い開放感あるつくりになっています。また、床下には、建設当時造られた煉瓦造りの地下室が現在も残っています。
 
 製糸場西側の鏑川を見下ろす風景は素敵です、この風景をフランス人指導者ブリュナが故郷の風景に似ていると言い、この地を選んだといわれている。
 
 
 
にしまゆそうこ
西繭倉庫
【外観見学のみ】
明治5年(1872)建築
長さ104.4m 幅12.3m
高さ14.8m
 東繭倉庫と同様、2階を繭の貯蔵庫として使用しました。建物の構造・大きさは、ほぼ東繭倉庫と同じです。1階北半分の煉瓦の違いにご注目ください。この部分は建設当初には焼瓦壁はありませんでした。蒸気エンジンを動かすための石炭置き場として使われていました。現在のような状態になったのは、昭和後期になってからです。 
 西繭倉庫と左側副蚕場
 
 東繭倉庫と西繭倉庫への道路は砂利道を鉄製の丸型環状の網で敷き詰め歩き易くなっています。官営から民間移管後も管理が行き届いていたのが推察できます。
道路面 
 
蒸気釜所と煙突、鉄水槽 
 
繭 乾燥場
 
外観のみ見学です。 

東繭倉庫入り口
 
 
組煉瓦の説明用模型
東繭倉庫 内部一階にはガイダンス展示や売店があります
富岡製糸場の歴史などの紹介。明治5年当初に使われていたフランス式糸繰機(復元)も展示。その他映像コーナー、糸繰機実演など。
 
 正面にビデオによる製糸場の歴史の解説が約20分、判りやすい説明でした。右隅には復元糸繰機の実演場。実演は水曜日の午前午後2回のみ。
 
    皇太后皇后行啓記念碑の台座の石は山波石
(ウイキペデアより)
三波石(さんばせき)は、群馬県藤岡市などで産出される岩石青緑色で白い縞 模様があるものが、よく庭石などに利用されている。
 
 記念碑の周りと東繭倉庫の前にサルビアの花が鮮やに咲き、どちらかと言うと単調な建造物環境の中に際立って見えました。
 
富岡製糸場の周りは下町で、工場街の雰囲気はありません、この道は城町通でこの道を東に向かって進むと64号線と交差。上信越自動車道富岡インターへの近道。
見学終了後64号へ出て道の駅甘楽で遅い昼食をとり上信越―関越道の往路と同じ経路で帰路につき、まだ明るい日差しの午後4時には帰宅しました。大変参考になった見学でした。
 
製糸場東側の道を北に進むと国道254へ 抜けられます。
 
製糸場 東側の道を南へ進むと蓮照寺、更に進むと鏑川川岸に至る小道です。
 
今回の見学所感
富岡製糸場は世界遺産に登録推薦が決まっていますが、実現まではいろいろと懸案事項がある様です。
遺跡としての規模があまり大きくはないこと、関連する遺跡施設は荒船風穴[下仁田町日本最大の蚕種貯蔵施設]、高山社跡「藤岡市民間養蚕教育機関]、田島弥平旧宅「伊勢崎市近代養蚕農家の原型]ですが、距離的に離れている点をいかに関連付け一体感を持たせるか、細かいことでは製糸場内の説明表示が日本人向けになっていて、外国人には分かりずらい、案内ガイド板も日本語のみ、など改善点があるように感じました。また製糸場周囲の素敵な景観を金網で囲んでいますが、素晴らしい景観をうまく活用して広がりのある雰囲気を持たせること、展示メインの見所を増やすなど、今以上に遺産登録活動や注力を頑張る必要があるように感じました。 
   平成25年9月19日 記 JINSAN  
 



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN