本文へスキップ

 

藤本さんの奥薬研渓流の紅葉


 奥薬研の渓流の美観は奥入瀬の渓流に比肩し勝るとも劣らじと思います。先月の奥入瀬に続いて奥薬研の紅葉の美しい写真を頂き、どれを選択しアップしようかと考えましたが、どれもみな奥薬研渓流の素晴らしい見所のシーンばかりで、結局、全部をアップする羽目になりました。お蔭でページは重くなりましたが、ゆっくり気長に眺めていただけたらと思います。藤本さんの気持ちも感じられる素晴らしい奥薬研渓流の景観をご覧ください。            じんさん
 
 9日ぶりに青空が覗いた10月28日、待ってたとばかりに0930自宅発、1530帰着で薬研渓流の紅葉を観光してきました。片道31キロ、車で約40分の行程ですので20分の昼食時間を除き約4時間余り、渓流入口から奥薬研までの7ビューポイントを忙しく歩き回り、ビデオ40分、写真は160枚ほど収めてきました。
 丁度見頃で、平日のため他の観光客は少なく、雲は多かったもののまあまあの天気、珍しく下流から上流までほぼ全域にわたって見頃状態で久し振りの良い紅葉狩りを堪能してきました。
 このところ雨がの多かったため流水量は豊かで大滝などの急流箇所では気持ちよいほどの大きな水流音が渓谷に響き渡っていました。

むつ市 大湊浜町 藤本 智
 
薬研渓流の紅葉1/4 薬研渓流入口、紅葉橋周辺
薬研渓流入り口[薬研橋]より上流方向
下流方向
紅葉橋
紅葉橋より下流
橋の縁から
橋から望む滝
紅葉橋
200上流の野営場への橋
野営場の橋から下流
同上流
 
薬研渓流の紅葉2/4 ホテル、うぐい滝、大滝周辺
 平日のせいかホテルも静まりかえった佇まいを見せてました。
入口から奥薬研まで崖地を除き川畔沿いに遊歩道が設けられていますが、平成初期の国定公園指定時に設置されて以来あまり整備の手が入れられず、台風などの大雨等洪水による傷みが年々酷くなっており、所々に設けられた階段、橋などの施設も壊れたり崩れたりしてかなりみすぼらしい状況になりつつあるのはたいへん残念に思われます。
ニュー薬研ホテル
色づいた蔦
ホテル裏から上流
下流方向
うぐい滝
 同 うぐい滝
 
同 下流 
 
木の間越しの滝 流水音がすごい 
 
 滝下流方向
 
流水音轟く大滝 
 
同 下流方向 
 
大滝の上流 
 
 大滝上流の紅葉
 
 
薬研渓流の紅葉3/4  乙女橋周辺
  薬研渓流一番のビューポイント、乙女橋周辺です。
300m位の流域に緩急の流れが混在し、川畔に繁る潅木等の紅葉と相俟って描き出す静、動の素晴らしい景観は正に絶景でした。
平日とは言え、何時に無く観光客が少なく、最上流部で据付カメラで写真を撮る三人連れの若い男女と昼食を摂る中年夫婦の5人以外に人影は見られず、景勝地を殆んど独り占めしている感じでなんか勿体無いような気分でした。
奥薬研福祉施設前庭の見事な山もみじ 
 
 目を引く黄葉の向こうは乙女橋入り口
 
渓流中NO1の見所乙女橋 
 
絶景乙女橋上流の紅葉 
 
下流方向 
 
静寂 鏡の如き川面 
 
千金の眺め・見飽きることなし 
 
昨年はほとんど葉がなかった楓、今年は見事 挽回
 
静寂無音の流れ、生き物の気配なし 
 
人影なき乙女橋 
 
橋下のせせらぎは水音高く結構賑やか 
 
 薬研渓流の紅葉4/4A 奥薬研その1
 皮肉にも最上流域の奥薬研に着いた頃から雲が少なくなり、紅葉が陽光に映えて濃厚な色彩を楽しめました。
ここでも人影は少なく、カメラの視野に入ることはあまりありませんでした。
 陽射しが多くなって気温が上がって来たせいか湯の股橋付近では多数のカメムシが飛び交い、地面は欄干に当たって落ちたカメムシが一杯で踏み潰されて悪臭が漂っていてそそくさと通過せざるを得ない状況でした。
 カメムシの異常発生の報道はまだ目にしてませんので下北だけなんでしょうかね〜・・・困ったものです。
奥薬研駐車場脇の山グミ、小粒ですが結構甘い 
 
青空に映えて見ごたえある山もみじ
 
 ズーム
 
駐車場を出て奥薬研を望む道の先は湯股橋 
 
 道路端から木の間越しに聞こえる心地よいせせらぎの音
 
 同
 
 湯股橋から支流を望む・左側に元祖「河童の湯]
 
 東屋は人影なし
 
 川畔から奥薬研橋を望む左に「夫婦かっぱの湯」
 
 同
 
 
薬研渓流の紅葉4/4B 奥薬研その2(最終)
 奥薬研の後半になると、また、雲が多くなったり、時間経過で太陽が傾き日陰が多くななったものの、本年は何時になく全域での紅葉状態の保ちが良かったのでたいへん良い紅葉狩りが出来ラッキーでした。
東屋と湯ノ股橋 
 
 橋上から望む「夫婦かっぱの湯」
 
 川畔からの渓流
 
 同
 
 右上「夫婦かっぱの湯」
 
奥薬研橋 
 
 橋上から上流
 
橋上から
 
 上流から奥薬研橋
 
同所から上流の景観 
 
終わり 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN