本文へスキップ

 

皇居乾通り一般公開参加の巻


 4月4日から8日まで天皇陛下の傘壽記念で春季乾通り一般公開が行われましたが、連日のテレビでは大変な混雑の様子であり行くのはやめようかと思いつつも当日7日の好天に折角の機会を逃すと後々後悔すると思い、思い切って出かけることにしました。予想通りの大混雑、渋滞の連続と桜や緑の樹木の美しさよりも人波の姿ばかりカメラに納めた見学でしたが、長時間の待機やのろのろ歩きに大変疲れた割には、充実した一日であったと感じました。4月7日(月)
  



東京駅からすでに混雑した気配が在りましたが、11時半ごろに丸の内中央口から内堀通りへの交差点では道路横断に警察官の整理規制があり一信号では渡れないありさま。
皇居外苑前の行列です、坂下門が入場口ですが、坂下門と反対の方向に誘導され、桜田門附近まで逆行さらにそこから坂下門へと続く行列になりました。この間約1時間ののろのろ行進。
行列の中から頭越しに二重橋を収めました。
皇居正面の撮影も立ち止まっての撮影はできないほどででした。
坂下門入り口前には持ち物検査と所持品検査があり男性、女性に分かれて。ここまで来るのに2時間は過ぎました。
坂下門前の警備 皆同じような服装です。
漸く到着坂下門、ここからは狭くなるので渋滞は更にひどくなりました。
門を入ってもこの通り、人の波
後ろを見ると坂下門からは続々と。
宮内庁職員庁舎、日の丸がへんぽんと翻って印象的
宮内庁庁舎前から見える富士見櫓と桜
ここは休憩所、勤労奉仕等で清掃に来た人たちと皇族が挨拶などするときや宮内庁職員の一時休憩などに使われるそうです。
建物の周りの手入れが行き届いて松や植え込みなどが丹精に整備されていているのが判ります。
相変わらず渋滞でのろのろと動く人波、しかし大きな声や走ったりすることもなく静清としたうごきでした。中国や朝鮮の人が見たらなんと感じるでしょうかね?
見事なしだれ桜の巨木根元から写せませんのでどれだけ大きいかこれでは判りませんね。
乾通りの一番の景勝地道灌濠が近くなりました。
このあたりは桜が多く大変きれいな場所です
大きな松も枯れたり折れたりしているのを手入れされているのが目につきます。
道灌濠の景勝
道灌濠にちなんだヤマブキの植え込みがありました
わが地方川越は太田道灌が有名でヤマブキも多く見られますが、ここは早くも満開です。
乾濠
乾濠の石垣と桜や松の樹が美しく、ゆっくり眺めたかったです。
乾濠
出口の乾門まじかまでき来ました、渋滞は最後まで収まりませんでした。
乾門外側は桜が満開でした
乾門出口付近はまだ人だかりがあり、余韻を味わうように休憩している人がいます。
乾門を出て東へ回ると平川濠平川橋が見えこのあたりは景勝地ですね。
平川門ここは東御苑に入る入り口
平川橋から外濠方向、近くには竹橋駅、確か気象庁がこの突き当りです。
外濠に植えられている満開の桜
青空に映えて造花のような桜でした
大手門前交差点の2階建て観光バス、眺めもよさそうです。
外堀の公園の噴水、気温も高く冷たい飛沫も気持ち良く感じます。
丸の内中央口から見た東京駅、外から新しくなった東京駅を初めて見ました。
東京駅北口丸の内中央口前もずいぶんと変わりましたね。
駅の中央部分、威厳があります
  日の丸が立っていて日本の首都駅らしい威厳を感じます
   ドーム天井 復元したクレマチス、鷲、秀吉の兜のモチーフキーストーン、干支、剣と鏡、鳳凰、動輪と矢束のレリーフが図らずも写ってました。ゆっくり撮影する環境では無かったので、これはラッキーでした。
東京駅丸の内中央入り口のドーム
やっと見学を終え遅い昼食をとるべく駅構内を探しましたが勝手がわからずうろうろし、おのぼりさん状態で帰路につきました。
楽しくも又しんどい一日でした

(終)































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN