本文へスキップ

 

平成26年川越の正月風景


新年 明けましておめでとうございます、晴天青空の元旦を迎え、恒例の川越の正月松飾風景を撮りに出かけました、お天気の良いせいでしょう、本川越駅附近には、福袋目当ての行列があちこちと長い列を作っていて、正月らしい雰囲気でした、市内の蔵の街通りでも、元旦から開いているお店もあり観光客や喜多院神社参拝帰りの人の数が結構多く賑わってました。今年も松飾は定番のお店が創作飾りを出していましたが、年々数が減っていくのが残念です。2014年元旦の蔵の街正月風景をご覧ください
          じんさん 記
  
 定番の豆菓子のお店 まめ屋さんの飾り、今年も豆を表す創作松飾です。
 
 お菓子屋さんの一番蔵店も定番ですが毎年大きな飾り付けで好評です
 
喫茶部があるので、結構お客さんも集まるお店の様です
 
 お菓子屋さんの右門さん このお店はいつも大型の飾りが特徴です、今年は左右に分けて飾ってますが、例年は中央部を青竹でつなげて飾り付けしています。
 
 このお店は川越の蔵の街では人気のあるお菓子屋さんです。
 
 落ち着いた店構えの荻野銅鉄店は蔵通りの今年の飾りの中では華やかな松飾りです。
 
 荻野銅鉄店
 
 このあたりが蔵の街の中心部。元旦は車も少ないので撮影には好都合です。
 
 この店は創作松飾ではないですが創作漬物で店頭を飾っています、大根をうまく使った展示です。
 
 これも定番のお店、竹炭を使った門松は毎年飾られています、
 
 
 美術品を扱うフカゼンさんも毎年大きな独創的な飾りを作られますが今年は、富士山世界遺産登録とオリンピックを祝っての松飾でした。竹細工のため富士山が少し傾きましたね。
 
 時の鐘横丁を覗いてみました、この通りでは松飾は一般的なもので特に変わったのはありませんが、お正月らしい静かな雰囲気の横丁ですね。
 
 二階が喫茶店の着物のお店の飾りはお正月らしい松と竹の大型で着物のお店らしい飾りです。
 
2軒隣の小江戸横丁、店の中には食べ物のお店や土産物の店などがあり人気のお店です。川越にいらした折にはぜひ。 
 
 お菓子屋横丁に通じる門前横丁、この先にいくつかのお寺がありますので門前横丁と言われています、ちょっとお菓子屋横丁に入りましょう
 
横丁の角にある鰻屋さんの店頭の展示物、時々展示ものの形が変わっているのです。お菓子屋横丁周辺には動物などの大きな展示物がありますが意味は分かりません、パン屋さんの店前にはパンダ、団子やさんの隣には大きなカバさんなどがありましたけど。 
 
横丁でお正月らしい風景に出合いました。 
 
お店や町内の家の前で大黒様や獅子舞、など御神楽囃子でお祝いして回る一行です、今も昔の風習が残る川越の町です。
 
菓子屋横丁の通りはいつも店前に並べている駄菓子を懐かしんで買いに来る人が見えます。 
 
最近は外国の人も多い様です。 
 
お菓子屋横丁は竹傘の下に紅白の飴玉で作った繭玉を下げて正月らしい風景でした。 
 
菓子屋横丁にはお祭りの折には大道芸人が芸を見せる事があります、今日は風船細工の様です。これからお店を展開する様でした。 
 
以上川越のお正月風景でした。終わり 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 








JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN