本文へスキップ

 

11月 川越菊祭り 


 11月になると今年も恒例の菊祭りが喜多院境内内で1日から始まってます、少し日にちが経過しましたが菊の勢いもまだ大丈夫だろうと思い14日に菊花展の写真を撮りに出かけました。日中の晴天のお蔭で、寒さも覚えず街の散策もかねて菊花展を楽しんできました。毎年の菊祭りの看板モチーフが幾つか造られてますが、それを見るのも楽しみです、今年は日本の城の天守閣が出来てました。
  

紅葉の季節を通り過ぎ初冬の寂しさが感じられる11月1日から開かれる喜多院の菊花展ですが、毎年丹精を込めて作られた作品には目を奪われます、会場内にはおよそ4〜500点ほどの作品があるそうです。菊の種類や展示の形など毎年同じような構成の菊花展ですが、見ごたえがあり菊人形展とはまた違った見所があります。毎年初冬が近づくとこれを見ないと新年を迎えられないと思ってついつい見に行くのです。
JINSAN
  喜多院の紅葉はすでに落葉でした、人影が少なく静かな境内でした。
  菊花展会場入り口の看板
会場全体で、およそ4〜500点の菊花造りが展示されています。各種の作り物を見比べながらそれぞれの特徴を見ながら見物できるのはこの時期だけで大変勉強になります。また入場無料が嬉しいですよ。
  菊花紋の半被を来た会場の世話人、菊の販売や花の説明などをしてくれます。背中の紋は菊の御紋のように見えますねえ。
   入り口付近には展示品以外の販売用菊鉢が並べられています。手ごろな値段で気に入った菊鉢を買うことが出来ます。
  今年の菊花展看板モチーフは日本の城。
NHKTVの大河ドラマ黒田官兵衛に因んだのですかね、川越には天守閣のある城はありませんが、これは江戸城でしょうか、それとも改修成った国宝姫路城か?
  ダルマ造りという小さい造りですが3本仕立ての厚物の鉢や一本造りの鉢、いずれも素晴らしいものです、自分も家に一鉢はと思いますが、作り方や手入れの方法の困難さを考え諦めてます。
   これは毎年同じような千本造りの傘菊です。たぶん作者もそれぞれ同じ人でしょう。傘菊は展示会場内に7基ありました。
  ピンクの管物
  赤黄色の混ざった厚物
  黄色の厚物
  1本の樹で黄色と白の2色が綺麗にまとめられすそ野の月と命名して有りました。
  黄色の千本つくりと懸崖や立樹懸崖をあしらった展示。これは専門業者の作品です。
  菊花祝い船
  五輪のマークのように見えますが円環に纏めた見事な作品です。亀屋賞の亀屋は川越の老舗のお菓子屋さんです。
  シンプルですが扇を象った作品特に目を引きました
  立樹懸崖は全周に均等に花を咲かせるのが難しいそうです。
  可愛らしい少女が品をつくってハイOK 若いお母さんも楽しそうでした。
立樹懸崖の造りですが、後ろから顔をだして見学の記念写真が撮れる様に作ってあります。
  先の女の子のお母さんにお願いしてお子さんを撮らせてもらいました。
  細管物の3本造り
  長い管の花弁が見事です。
  色違いの長い管物3本仕立て、花火のように見えます。
   厚物の白
  厚物には理想的な花容が示されていました。花の下辺から6ないし7センチ突出した剣走りと言う花弁があるのを厚走りと言い下図の写真がそのようです
  厚物の厚走りというそうです。いろいろ勉強になりました。
  明日11月15日は土曜日 七五三参りでさぞ賑わうと思いますが今日はお参りの人達も少なく閑静な喜多院の午後の陽射しでした。

終り
 
   







JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN