本文へスキップ

 

10月の京都散策伏見稲荷神社の巻


毎年のように秋には同窓会などで京都に出向いて、紅葉の都や神社仏閣の名所を訪ねるが、いまだに家内安全五穀豊穣所願成就の大本山伏見稲荷を夫婦で参詣したことが無く、いつかは行こうぜと言っていたがなかなか機会が得られなかった所。今回京都に着いた午後の時間を利用して伏見稲荷へ参詣してきました、信仰心薄い参詣の様子をご覧ください。
10月12日  じんさん 記/写真
  

 稲荷神社の稲荷山に鎮座したのはなんと西暦711年和銅4年だそうです、1300年余もの昔から続く時々の人々の篤い信仰心、いったいそれは何だろうと思いつつ神社を巡ってきました。
  JR奈良線で京都駅から2つ目の稲荷駅、日曜日なので結構降車する参詣者はおかったです。外国の人々の姿が中でも目立って多かったですね。
  駅前の神社入り口に立っている幟には日本一位とあって幟を読むとここは京都を訪れる外国人観光客の一番人気の観光スポットだそうです。
   参道両脇の提灯の列
普段はこんなに出してはいないだろうと思うが。
  提灯も参詣者の数もずいぶんと多いので何故かと思いつつ正門に向かうと当日は全国の講員(信者)が参詣する講員大祭の特別な日の最終日でした。
  赤い鳥居が伏見稲荷の代名詞の様ですが全国3万社もあるそれぞれの稲荷神社の門前には狛犬に代わって狐が鎮座している。楼門に立つ神狐は参詣者の入門を監視するかの様に見えるが・・・昔から狐は神の化身とあがめられていたからなんとなく威厳がある。
  本殿前
「御本殿五社相殿ウチコシナガシ作四方ニ高欄有ケタ行五間五尺ハリ行五間五尺」社記
にあるそうで稲荷造と言うそうです。お供えの品が沢山で豪華なのが印象でした。
  江戸時代から神々に対する信仰が高まり朝廷でも稲荷信仰が起こったと記録にあることからも現在の皇室でもこのような奉納があるようです。
  本殿の後ろ側に立つ権殿
  五間社稲荷造りの重要文化財 遷宮時に仮本殿となる建物、神社のHPには詳しく乗っていない。
  千本鳥居入り口
鳥居は社殿と同じ色の赤い色を塗るのが慣習。赤、明、茜などの赤い色には生命、大地、生産などの力を示す語感があり江戸時代から赤い鳥居を奉納するようになったそうである。
  鳥居奉納の金額17万5000円から130万8千円までとある。我々年寄りには1000円くらいが適当。
  千本鳥居はほんの一部で鳥居は1万本ほどもあるらしい、ここからさらに稲荷山頂上まで鳥居がつづく。とても頂上までいけないので、いったい何本あるか判らない。もっと若いうちに行くべきであった。
  面白い占い。おもかるいし テレビでもいつぞや放送があり記憶に残っていたものである。ためしに家内が持ち上げたら軽かったと言う。願いが成就されるだろう。
  狐の顔の祈念札
最近の若者は絵がうまい。年寄りはこうは画けまい。
  山頂まで続く参道入り口
ここで参詣は終了、とても上社まで行くパワーは無し。
  午後四時を過ぎているのにまだ参詣者は続いている。確かに京都一の人気神社の様だ。
   参道を神社に向かう子供神輿。
これも講員大祭の恒例イベントの一つであろう。ママやパパが付いて写真を撮るのはどこのお祭りでも見られる光景。
   JR稲荷駅から稲荷神社正面参道は最短距離であるがが京阪稲荷駅から稲荷新道を使うとやや距離がある。
   稲荷新道の四つ角あたりには食堂など商店があり、この道を使うのも楽しいかも知れない。近くの食堂で稲荷寿司とうどんを食べたが、いなり寿司は小さな三角形で期待していた大きないなり寿司ではなかったのが残念。時間の関係でJR稲荷駅から帰ることとした。
稲荷神社の巻  終わり
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN