本文へスキップ

 

平成26年むつ市ねぶた写真集


 東北の夏祭りはあちこちで行われるネブタ祭がまずは1番でしょう、特に盛大なのは青森のネブタですが、下北半島の地方色豊かなネブタ祭りも大変味わいのある素敵な地方独特の祭りを見せてくれます、毎年友から送られてくるむつ市のネブタ祭の写真集、今年も出来上がりました、地方の便りも一緒にお楽しみください  川越:じんさん
  

           平成26年大湊ネブタ写真集 

 お盆も今日は最終の16日、初日・二日目は夏日で暑い墓参りでしたが、昨日15日はオホーツク高気圧の張り出しで一転ヤマセの小寒い雨降りとなり、夏蒲団を厚手の布団に替えてたいへん寝易い夜でぐっすり熟睡出来、早朝に目覚めてPCに向かっております。
 自宅の墓参、親戚を回ってお仏壇参りと多忙な3日間でしたが今日はやっと一段落といったところです。
 ネブタ写真の整理も終わりましたので、昼、夜(前面・後面)の三種を6回に分けて送りますのでゆっくりご覧下さい。

   むつ市大湊浜町 藤本 智

注:合同運行最終日の運行順(西部城ケ沢から東部旭町町)で、団体名、人形名称(詠み方)を付してあります。
 
 大湊ネブタ写真集 夜写真の部は夜間照明した山車の正面と背面見送り画面

 夜のネブタ写真は、最終日運動公園から合同運行出発点の山田町
周辺に移動して出発待機中に各ネブタを巡回し撮影したものですが、
全部撮った筈なのに抜けがあって別場所で撮ったものもあります。
 山田のJR大湊バス停を基点に国道と市道の2ルートに分け6台づつ
連なっているところ(コース略図参照)を短時間で巡って撮らなければ
ならないのですが、一部手振れでピンボケのものもあり、やはり ”齢”
だなァと痛感しています。(~_~)
 写真は出発順に、正面と背面ペアで添付してあります。
 
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
青森県むつ市大湊浜町33-15
S.Fujimoto
&Fax:0175-24-2710
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 


   
 城ケ沢佞武多実行委員会 飛将呂布(ひしょうりょふ) 以下各右列側の画像をそれぞれオンマウスするとネブタの背面見送りの画面に変わります
   
 桜木町町内会 巌流島(がんりゅうじま) 
   
 海上自衛隊ネブタ祭り実行委員会 大江山酒呑童子(おおえやまのしゅてんどうじ) 
   
 宇田町町内会 高順(こうじゅん) 
   
 川守町町内会 不動明王(ふどうみょうおう) 
   
 大湊上町町内会 水滸伝より 入雲龍公孫勝と混世魔王樊瑞(にゅううんりゅうこうそんしょうとこんせいまおうはんずい) 
   
 大湊浜町町内会 水滸伝〜林冲王倫を討つ(水滸伝りんちゅうおうりんをうつ)

 今日も冷涼なヤマセ天気、3日前までの暑さが懐かしく、この
まま秋になってしまうのはちょっと寂しい気分です。
 これまで、当町のネブタは川内町の某部落に譲られ川内町ネブタ
祭りで再活動していましたが、残念ながら今年は要請がなく、
本日午後解体の運びとなっています。

 
   
 大湊新町町内会 源頼光と鬼同丸(みなもとのよりみつときどうまる) 
   
 むつ市役所職員互助会 陰陽師 安倍晴明(おんみょいじあべのせいめい) 
   
 大平町町内会 [孫悟空] 閻魔庁を騒がす(そんごくうえんまちょうをさわがす) 
   
 山田町町内会 菅原道真 雷神と化す(すがわらみちざねらいじんとかす) 
   
 旭町町内会 鬼童丸と渡辺綱(きどうまるとわたなべつな) 
 昨秋、経営不振から休止していた十和田湖遊覧船、子ノ口〜休屋間航路が昨16日から再開され、観光客や地元関係者に歓迎され、湖畔・子ノ口は久し振りに賑わったようです。関連記事を添付します。
 
   
   































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN