本文へスキップ

 

越生梅林のしだれ梅


 平成26年3月17日 梅の花が見頃と知り、幾たびか訪れている越生梅林に出かけました、毎回似たような梅の写真ばかりで、今一つ刺激が不足の梅見物だがと思いつつ温暖な春日和に誘われて、梅見物に行ってきました。今回は新しい見どころを発見。新しい見所は、越生梅林周囲の梅農家の庭に咲くしだれ梅。たまたま駐車場の受付の方に探索コースを教えていただき、見事なしだれ梅を満喫してきました。越生梅林を訪ねる方はぜひこの記事にあるコースを散策してみてください、大変美しいしだれ梅に会えますよ。
  

 

関東三大梅林の一つ越生梅林の由来は古く九州大宰府から菅原道真公の霊を分祀した時に梅園神社に植えられた一四〇〇年前の越生野梅からだそうです、現在は600年前の古木や白加賀、越生野梅、紅梅など約1000本の梅があり今が丁度見頃です。ただ越生梅林内にはしだれ梅は数少ないです。

 
 

今回は図に示すしだれ梅拝観コースをたどり越生梅林に入りました。
しだれ梅拝観コースは地元の人に教えてもらいました。

最初に梅園神社のしだれ梅を拝見。神社脇の地方道61号線(黒山三滝に通じる道)を南に200mほど進むと道路の右側にある数戸の農家の庭に色とりどりのしだれ梅が植えられているのが見えます。農家の少し先を右に入る小道に来ると道の両側は梅の花道です、少し先にお寺の屋根(泰雲寺)が見えます。

この周辺が宮崎梅園の梅畑で、見事なしだれ梅が拝見できます。思わず無断で入ってしまいましたが、農家に挨拶して拝見させて頂きました。この場所から越生梅林へは下図のコースで行くことができます。


 
 越生梅林への入り口三叉路から61号線脇の梅園神社、2本の大杉が石段を囲むように立ち、まるで鳥居のように見えます。小さな社殿ですが古い歴史を感じさせる神社です。
 
 梅園神社の境内の梅も見ごたえあります
 
 61号線を少し南に上ると左側に大きな木造の家がありました、珍しい板壁で建物外観も昔の家屋を感じる建築物です。地元の方に訪ねましたが、詳細は不明でした。川越などにある古い料亭のような感じがしました。(しだれ梅の話には関係なし)
 
 61号線の東側の越辺川と道路との間の一帯は畑や梅林で開けていて散見する農家の庭にはしだれ梅が多いようです。
 
 61号線から梅畑へ入る小道の入り口。小道に入ると両側は梅畑で、まるで花の道です。この辺に来ると梅の香りが漂います。
 
小道を進むと左右が梅林、梅実を採るための背の低い梅畑が広がります。 
 
梅園の中でも しだれ梅の名所(土地の人が言ってました)と言われる宮崎農園の入り口付近の風景
 
 梅畑の中では梅木の手入れ作業が行われていました。この春先の雪害もあったのでしょう。
 
宮崎農園の中に入りました。 以下しだれ梅のショットばかりです。名前がわかりませんが美しさに見とれて、撮影して回りました。
 
 青空に映えて見上げるほどの高さのしだれ梅です。
 
 同じ樹に紅白2種類の花が咲いてます。
 
 古木のほか、若いしだれ梅も植えられています。越生町一帯で見られるしだれ梅はほとんど、宮崎農園育ちのしだれ梅だそうです。
 
 屋根よりも高い樹で全体が収まりません。
 
 白梅のしだれ梅
 
 宮崎農園では梅干し用の実梅を主とする農園だそうですが、この場所では観賞用のしだれ梅が特に多く植えられていて、中には100年以上の古い樹もあるとのことです、この写真の樹は100年以上の古木、先端は雪害で折れたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 これは越生野梅で梅の
実を採るための樹
 
 宮崎農園の前の小道はシーズンには観光客でいっぱいになり、大混雑すると農園の女将さんが話してくれました。
 
 宮崎農園のしだれ梅を堪能し、越生梅林に向かう道の途中に越辺川に架かる橋を渡ります、右側は越生町立梅園小学校。
 
 橋を渡ると越生梅林の入り口に通じる道に出ました、民家や農家が点在し、梅の花が散見するのどかな雰囲気のある道です。
 
 ほどなく梅林の第三料金所入り口に着きました。入場料大人一人200円です。
 
 入り口付近の植木や鉢植えの露店。良い香りに惹かれて沈丁花の小鉢を購入しました。
 
越生梅林内の屋台 毎年お馴染みの風景です
 
 見晴らし台
 
 古木「魁雪」の案内板は若干読みにくいのですが、650年前に植えられた越生野梅の樹が今もなお元気に花を咲かせているのには驚きます。越生には太田道灌の父太田道真の隠居所があったとの由来もありました。
 
 梅の古木は、古くなる程根元がねじれてくるそうです。人間も同じですかね?   名古木 魁雪
 
苑内では 福寿草が満開でした、以前来た時(2011年2013年)よりも福寿草の群生が増えていました。
 
 
 
 園内の鉄道も健在でした。
 
ご覧の通り大木の梅樹は この春先の
雪害のために大きく裂けてます。
 
 梅林見学を終え少し寄り道をしようと、越辺川上流の黒山三滝方面へ61号線を南下してみました。
 
 越辺川上流は次第に川幅も狭く水量も少なくなります。川底の岩が青い色をしているのが気になりました。群馬県藤岡地方で採石される有名な三波石に似ていますかな?
 
 黒山温泉東上閣に程近い町営無料駐車場で休憩、この周辺を探索しました。
 
 駐車場全景、車10台程度の広さですがここまでの道筋ではここが唯一の駐車場です。
 
 駐車場の川向うに大きな百日紅の樹が目印の岩松山全洞院という寺院が山肌に副うように建ってます。7福神の布袋尊が祀られてます。
 
 全洞院は曹洞宗龍穏寺の末寺、元は対岸にある黒山熊野神社の修験道場であったという由来が書かれていて、中でも慶応四年に起こった飯能戦争時に旧幕府軍の参謀渋沢平九郎の墓が祀られている記事がありました、渋沢平九郎は渋沢栄一の義弟ださうです。隠れた歴史の跡がここにもありました。
 
 全洞院の対岸には町立黒山熊野神社が道に面していて梅園神社と同じように2本の大杉が石段を囲む様に立っています。苔生した三層の石段を登って参詣。結構高いところに社がありました。
 
 小さな社ですが、しっかりした造りで昭和六二年再建の碑石も新しく手入れもよくされている村社熊野神社です。神社境内は先月の降雪の根雪がまだ残っていました。
 
 交通安全を祈り参詣を済ませると時間も午後2時を過ぎたため黒山三滝見物は次の機会にとあきらめ帰途につきました。
  
        終わり (平成26年3月17日)
           
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN