本文へスキップ

 

桶川市城山公園散策


 平成26年7月29日 34度の猛暑の日が少し和らぎ湿度も少なくからりとした通常の夏らしい日にが来ました、7月の台風以来異常な天候が続き外出もできずいささか退屈の日々でしたが気分転換に近郊のドライブに出かけてみました。今年圏央道の北本から菖蒲までの区間が一部貫通したと聞いてましたのでその辺りを覗いて見ようと目的地は決めず散歩に出かけてみました。桶川から12号線を北上し久喜ICから蓮田SA−外環―関越と小回り5時間ほどの近郊ドライブでした。途中桶川市の城山公園で散策、久喜インター近くの圏央道連接工事の様子を車中から眺め、変わりつつある地方の様子を垣間見てきました
  

城山公園は、JR桶川駅西口から約3.5キロメートルに位置します。公園の西側に「三ツ木城」があったことから地名の「城山」が残っており、この公園の名前にもなっています。園内は、武蔵野を感じさせる、樹木園や、花壇が造られていて閑静な公園です。子供用遊園施設や大池、小池などの水遊びができる池、ピクニック広場、 展望台、バーベキュー広場などがあります。
有料施設の、テニスコート(クレイ4面)と多目的広場(グラウンド)があります。
 
駐車場近くの園内には花壇が作られていて、夏の花のサルビアなどの花畑があります。 
 
涼しげなユリに似た花が
公園の中央にある大池、アサガオ型の噴水が上がり、憩いの場です。東屋に人影は少なかったのですが、池のそばには釣り人や子ども連れの親子が休んでいました。
大池の一部に蓮の花が咲いているよと、公園の管理人さんが教えてくれました。
 NHK 朝ドラの白蓮かも?
園内には立派な藤棚があり、花は見られませんが、奇跡的に一房咲き残っていました、季節感が無いのですが、珍しいので・・・。
グランドゴルフを楽しんでいる人々が見えました、木陰が多いグランドですので最高でしょう。
城山公園を出てから東北自動車道機久喜ICに向かう為12号線を北上したところ圏央道桶川北本―白岡菖蒲間の加納地区に出来るIC造成工事の現場に出くわし、ダンプや大型トラックに挟まれながら渋滞徐行を強いられて建設工事の様子を眺めながらの走行でした。
この付近に圏央道と繋がる加納IC(平成27年度予定)が出来るそうです。川越―栗橋(12号線)沿線加納地区の家屋が道路から離隔移動されている様子や大規模拡張工事などが観察でき、珍しい現場でした。
 
車内から見える建設中の高架道路の下側 
 
道路脇ぎりぎりにクレーンが動き、ひやひやしながら通過しました。
 
川越のような田舎の地方ではあまり見かけない大工事現場を拝見し つつ、東北道―外環―関越ー川越ICと帰路につきましたが、大変良い勉強になった5時間のドライブ散歩でした。
 終り
 
 
           
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN